色の組み合わせの応用編!「配色のイメージ」

こんにちは!新卒おなつです(^^)
連日、しみじみと「色」って奥深いなぁと思っています。
そこで今回は、「色の組み合わせ」についての応用編として、
「配色のイメージ」についてお話します~(笑)
「どんな色を組み合わせるか」によってそのイメージは異なります。
・暖色系に黒を組み合わせた色のイメージは?
・寒色系にグレーを組み合わせたイメージは?
・明るさを抑えた色同士の組み合わせたイメージは?
それぞれどのような印象になるでしょうか?配色によるイメージをいくつかご紹介します。

 

【ダイナミック】

赤やオレンジなど「鮮やかな色みの暖色系」と

「対照的な色」や、黒色などの「暗い色み」を組み合わせると、

「ダイナミック」なイメージになり、「大胆さ」を感じさせます。

ダイナミックな画像

 

【カジュアル】

オレンジ系の色をベースに、緑などの「対照的な色み」を組み合わせると、

「カジュアル」なイメージになります。

ポイントは「色の明るさや鮮やかさを統一させること」です。

カジュアルなお花の画像

 

【ナチュラル】

木の色や土の色など「自然界にある色」を組み合わせると、

「ナチュラル」なイメージになります。

この場合、「色の鮮やかさ」は避けた方が良いでしょう。

ナチュラルなコーヒーカップの画像

 

【シック】

「グレーがかった色み」をベースとし、白やグレー、黒を組み合わせると

「シック」な配色になります。

また、「寒色系の色」を組み合わせると「都会的な印象」を出すことができます。

シックなお花の画像

 

【エレガント】

「あまり明るすぎない紫系の色」をベースとして、

「同じくらいの明るさのグレーがかった色」を組み合わせると、

「女性的でエレガントな印象」になります。

さらに、色の明るさを合わせれば「より優雅なイメージ」になります。

エレガントな音符の画像

 

【ロマンチック】

「鮮やかさ」を抑えた「暖色系の明るめの色」を組み合わせると、

少女的なかわいらしさがイメージされる「ロマンチックな印象」になります。

特に、「白とピンクの組み合わせ」が多いです。

ロマンティックなお花の画像

 

【モダン】

「白、黒、グレーをベース」として、

明るさを抑えた「寒色系の色」を組み合わせると、

「現代的でモダンなイメージ」になります。

この時、「コントラスト」を付けると「よりモダンなイメージ」になります。

モダンな夜景の画像

 

【クリア】

鮮やかさを抑えた「寒色系の明るい色」を組み合わせると、

「さわやかな配色」となります。

「コントラストを抑えた白と青の組み合わせ」の場合は、

「より透明感のあるクリアなイメージ」となります。

クリアなビー玉の画像

 

ここまで「配色別のイメージ」をお伝えしてきましたが、

広告のデザインを作る時には、このようなイメージを知らなくても、

「暖色系」や「寒色系」、

「明るい感じ」や「暗めな感じ」、

など、「全体の雰囲気」だけでもイメージができればいいですよね!

また、フリー素材を検索したり、他の広告やイラスト、写真を参考にしたりして、

「自身のイメージに近い素材」を探しておくのもいいと思います!

ぜひイメージを膨らませて、「オリジナリティ」溢れる広告を作っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)