色の効果


 

こんにちは!

初代看板娘、いしたにちゃんです^^

 

デザインのご相談を頂く際に皆様からよくご相談頂くのが、

「どんな色を使えばいいのか?」

 

結構悩みますよね~どんな色使うかって…

 

今回はそんな「色の効果」について触れてみたいと思います♪

 

 

【目次】
①色の効果(生理的反応)
・赤 ・オレンジ ・黄色 ・緑 ・青 ・紫
①色のイメージ(心理的反応)
・赤 ・オレンジ ・黄色 ・緑 ・青 ・紫 ・ピンク ・白 ・黒

 

 

 

色には生理的反応と心理的反応があります。

どちらか一方だけというよりは、この二つが重なり合い、

いずれかが誘引して行動や思考への影響を及ぼすと考えられます。

 

色の効果(生理的反応)

①色の効果(生理的反応)

 

「赤」

・視覚の認知が最も速い(一番に目に入る色)

・食欲を刺激する

・体感温度を上げる

 

「オレンジ」

・自然の中(緑の中)で最も視認性が高い

・食欲を刺激する

・体感温度を上げる

 

「黄色」

・夜間最も視認性が高い

・食欲をほどよく刺激する

・集中力をUPする

 

「緑」

・目の刺激が最も弱い

・食欲を抑制させる

・バランスを整え、保つ

 

「青」

・視認性が低く、刺激が弱い

・食欲を抑制させる

・体感温度を下げる

 

「紫」

・視覚が最も認知しづらい色

・食欲を抑制させる

・治癒力を上げる

 

※感覚の問題であり、実際に温度が下がったり上がったり、病気が治ったりするわけではありません。

 

 

 

②色のイメージ(心理的反応)

 

「赤」

一般的イメージ:食欲・情熱・興奮・勝利・戦闘・派手・強い・暑い・活動的・血・炎

ネガティブイメージ:危険・嫉妬・怒り・怖い・緊張

 

「オレンジ」

一般的イメージ:親近感・庶民的・友和・楽観・ユニーク・太陽・果物・ビタミン・健康的

ネガティブイメージ:安っぽい・低欲

 

 

「黄色」

一般的イメージ:華やか・明るい・楽しい・社交性・好奇心・希望・子ども・お金・幸福

ネガティブイメージ:幼稚・臆病・嫉妬・騒がしい・軽率・イライラ・注意

 

 

「緑」

一般的イメージ:協調性・自然・落着き・エコ・リラックス・解放感・若さ・癒し・平和

ネガティブイメージ:悪魔・毒・不運・不実な愛

 

 

「青」

一般的イメージ:冷静・誠実・信頼・爽やか・クリア・向上心・男性的・空・海・大人

ネガティブイメージ:冷たい・孤独・憂鬱

 

 

「紫」

一般的イメージ:カリスマ・芸術性・瞑想的・エレガント・高貴な・解放感・正式な・和風

ネガティブイメージ:病気・死・不吉・低俗・悪趣味・悪魔

 

 

「ピンク」

一般的イメージ:母性・可愛い・フェミニン・女性的・やわらかい・リラックス・桜・甘い

ネガティブイメージ:意地悪な・いやらしい・わがままな

 

「白」

一般的イメージ:清潔・清純・新しい・明るい・無垢な・神聖・自由

ネガティブイメージ:緊張・無・空虚・霊

 

 

「黒」

一般的イメージ:高級な・かっこいい・権威のある・特別感・強さ・暗さ・都会的・夜

ネガティブイメージ:恐怖・悲しみ・不吉・威圧的・邪悪・孤独・反抗・闇・死・絶望的

 

 

※統計に基づくもので、個人的なイメージと異なる場合があります。

 

 

このように色による生理的反応と心理的反応の側面から、

・ターゲット

・自社のカラー

・訴求したい事

を考えて色を選択していくと、より効果の高い広告になりますね^^

 

是非、色の効果一覧を参考にしてみてください♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

石谷

初代看板娘兼取締役 石谷莉沙

平成元年、炭鉱の街、福岡県飯塚市で、2人姉妹の長女として生まれました。
幼少期から近所の友達と外で遊び回るのが大好きな元気っ子でした!
そして、小学生の頃に出逢ったバスケットボールにどっぷりハマり込み、小・中・高・大と部活でガッツリ鍛えられ、現在でも週2回練習に参加しています。