こんにちは!

モリアゲアドバイザーのなつみです。

 

本日はおなつに質問を頂いた、「トラッキングURL」についてご紹介したいと思います。

 

トラッキングURLとは、通常のURLにパラメーターを付けたもので、

トラッキングURLからサイトに訪問すると、それらのパラメーターの情報が保存され、

アナリティクスなどでデータ分析を行うことができます!

 

と、難しい言葉が多いため、例を出してご紹介しますね!

通常、サイトのURLというと

こんな感じですよね!

https://fukuoka-kanban.com/

 

しかし、このトラッキングURLとはこのような形の物になります。

https://fukuoka-kanban.com/?utm_source=google&utm_medium=email&utm_campaign=product&utm_content=product

 

皆さんも1度は見たことないですか?

このトラッキングURLは主にメルマガや広告で使用されます。

このリンクを設定するだけで、アナリティクスでの分析ができるようになります。

 

ではどのようにトラッキングURLを作るのか。

有料で行くとHubSpotなどがございますが、

当社ではCampaign URL Builderというものを使用しております。

こんな感じの画面になります。

トラッキングURL設定画面
トラッキングURL設定画面

 

では、このCampaign URL Builderの使い方についてご紹介していきます。

1.まず、一番上の「Website URL」の部分に今回トラッキングURLを作りたいサイトのページURLを入力してください。

トラッキングURL設定画面
トラッキングURL設定画面

 

2.次に「Campaign source」に検索エンジンやニュースレター名などを入れてください。

これは、ソースを識別するために使用します。

例:google

トラッキングURL設定画面
トラッキングURL設定画面

 

3.次にCampaign Mediumに電子メールやクリック単価などを入れます。

これは媒体を識別するために使用します。

例:email

トラッキングURL設定画面
トラッキングURL設定画面

 

4.最後にCampaign Nameに戦略的キャンペーンを識別するために使用します。

ここがアナリティクスに表示される名前になります。

トラッキングURL設定画面
トラッキングURL設定画面

 

それ以外は設定しなくても問題なく使用できるので大丈夫です!

 

5.最後に、下部にShare the generated campaign URLとあるので、その部分にある出来上がったURLをコピーして、該当部分に張り付ければ完成です!

トラッキングURL設定画面
トラッキングURL設定画面

 

このように設定すると、「WEBサイトのどのリンクが何回クリックされたのか?」

「どの広告から流入が多いのか?」

など分析することが簡単になります!

 

このように簡単にURLを作成して設置するだけで、分析の幅が広がります。

簡単ですので、ぜひ皆さんも使ってみてくださいね!