こんにちは!

モリアゲアドバイザーのいしたにちゃんです(^^)

 

新型コロナウィルスの影響で働き方が急激に変化した方も多いかと思います。

企業も働く皆様を守るためにテレワーク(リモートワーク)を導入し、

Stay homeの呼びかけが広がっていますね。

少しずつ、回復の兆しが見えてきたように感じます!

今後も、以前よりテレワークは増えると見込まれており、

たくさんの企業がオフィスを縮小しています。

そんな中、新たなコミュニケーションツールとして利用する機会が急激に増えた「Web会議」。

今まで対面で行っていた打ち合わせも、オンラインで簡単に出来る時代となりました。

Web会議は在宅でもオフィスでもネット環境があれば簡単に利用できて便利な反面、

自宅だと部屋が見えてしまい、働く人にとってのプライバシー保護をどうしていくか?

企業としても課題となりそうです。

今回は自宅からでも安心してWeb会議に臨めるよう、

プライバシーを保護するための方法をご紹介します!

 

1.Web会議でプライバシーを保護するための方法

Web会議でプライバシーを保護するための方法はどんなものがあるのでしょうか?

ご自宅の環境別に最適な方法をご紹介します。

1-1.壁がある場合

ご自宅で仕事をする際に、すぐ後ろに壁がある場合は、

何も隠す必要がない場合が多いです。

特に壁に何も飾りがなく、映り込んで困るようなものがなければそのままでも支障はないでしょう。

WEB面談

ただし、「趣味のポスターが飾ってある」「壁紙を見られたくない」等の理由や、

殺風景なので嫌だ!という方には「布(幕)」を使って装飾することをお勧めします。

手芸屋さんで売っているようなお好きな柄の布でも構いませんし、

上下に棒が入った「タペストリー」と呼ばれるものも活用できます!

画鋲で止めたり、フックに引っ掛けたりして装飾できます。

WEB面談

 

1-2.壁がない場合

すぐ後ろに壁がなく、部屋の全体が丸見えになってしまうケースも少なくはないかと思います。

私自身も机とソファーの配置上、PC越しに部屋が丸見えになってしまう状態です…笑

しかし、壁が無くてもお部屋を隠せる方法があります!!

自立式のバナーを使用する方法です。

WEB面談装飾

このような自立式バナーは一般的には「ロールアップバナー」と呼ばれ、

ロールスクリーンのように巻取り式になっているため、場所も取らない優れものです!

ただし、横幅に制限がある為、設置位置によっては、少し部屋が見えてしまうため、

部屋の一部のみであれば隠すことが可能です。

WEB面談

全て隠したい!という方には、スペースの確保は必要ですが、

このようなスタンドバナーもあります。

これであれば、横幅が十分にあり、PC越しに見えるお部屋全体を隠すことが出来ます。

WEB面談装飾

 

1-3.壁がなく、スペースも確保できない場合

壁もないし、十分なスペースもないし…という方もたくさんいらっしゃると思います。

そんな時は「バーチャル背景」が便利です!

全てのWeb会議システムで利用できるわけではありませんが、

有名どころである「zoom」ではバーチャル背景の設定が可能です。

 

バーチャル背景とは、Web会議システムへ画像をアップロードするだけで、

その画像が背景となり、お部屋を隠すことが出来るものです。

とっても簡単ですが、バーチャルなので、不具合が出ることもあり、

時々部屋の様子がちらつくなど、完全に隠せるとは言い切れませんので注意は必要です。

WEB面談

WEB面談

現在では無償で背景画像を提供している企業もありますので、一部をご紹介します!

色々と探してみると、お気に入りの1枚が見つかるかもしれませんね!

スタジオジブリ
http://www.ghibli.jp/info/013251/

任天堂
https://topics.nintendo.co.jp/article/3d0de2b7-dfc2-474a-9176-c15ec17c70f0

エヴァンゲリオン
https://www.evangelion.co.jp/news/web_screen/

ただし、自宅とはいえ、

会社としてお客様との打ち合わせでWeb会議を使用されることも多いかと思います。

ブランディングを上げていく意味では、バーチャル背景を使用するにしても、

 

企業のロゴを用いたオリジナルの背景画像を作成・設定することをおすすめします!

WEB面談

 

2.距離で見るプライバシーを保護するために必要なサイズ

ここまで、プライバシー保護の方法をご紹介しましたが、実際に使用する際気になるのが、

「どれくらいのサイズにすればお部屋が隠れるのか?」という点だと思います。

バーチャル背景であれば関係ないですが、なにかしらツールを用いる際には、

どれくらいのサイズが適切なのか?ご紹介します!

 

PC越しにどれくらいの範囲映っているかはカメラとの距離にも関係します。

ヒトとカメラとの距離が50cm程度の場合を想定すると…

WEB面談装飾

カメラからの距離が

70cmの場合:縦60cm横85cm

85cmの場合:縦70cm横1m

1mの場合:縦85cm横1.2m

1.2mの場合:縦1m横1.5m

程度映っていると予測されます。

※PCによって異なる場合があります。

 

ご紹介した、布(幕)・タペストリー・自立式バナー等のツールを使用する場合は、

このように使用する位置によって、必要なサイズが変わってくることも念頭に置いたうえで、

ツールを選んでみてください。

 

3.まとめ

外出自粛やテレワークにより「おうち時間」をどう過ごすかが重要視されていますが、

どうせなら自宅での仕事も楽しく、快適に行いたいですよね!

そのために今回ご紹介した内容が少しでもお役に立てば幸いです。

是非、個人としても、企業としても、プライバシーの保護には十分に気を付けて頂き、

在宅勤務を楽しんで頂けると嬉しいです!

 

上記でご紹介したツールやバーチャル背景の画像作成も弊社で承っておりますので、

ちょっと相談してみたい!と思われた方はお気軽にお問い合わせください。

>お問合せはこちらから

コンシェルジュ