皆様、人がモノを買う時に「色」で決めているってご存知ですか?

 

なんと!

84.7%の人が、第一の購買理由に「色」としています。

 

 

消費者の勾配は最初の90秒以内に無意識に判断されることが

明らかになっています。

 

そしてなんと!

その62~90%は、

「色のみ」に基づいていると言われています。

 

人間にとって「色」は、
・人間の目が最も速く認識するもの
・色を見て、それが何であるかを瞬時に判断するもの
・色は形(文字・数字)より記憶に残りやすいもの

であり、上記のことから、

ビジネスにおいても戦略として「色の使い方」を考えていくが重要ですね!

 

販促として「色」を考える上で重要な要素を2つご紹介します。

 

①ターゲットを明確にする
②ターゲットの欲求や感情に訴える視覚的表現を使う

 

まず、①ターゲットを明確にする

 

例えば、

外観がピンクのお店があったとします。

 

 

そこに男性は入りやすいでしょうか?

 

入りづらいですよね?

 

恐らく、9割が女性客になると思います。

 

このように、

女性が好む色は「ピンク」「水色」「赤」

男性が好む色は「青」「黒」「白」

高齢者が見えやすく好む色は「明るく派手な色」

と、性別・年齢・職業などによって、好まれる色は様々です。

 

 

自社のターゲットとマッチした色を選んだ方が、視界に入る確率が高くなりますね!

 

ターゲットを明確にし、ターゲットに合わせた色を選択しましょう^^

 

次に、②ターゲットの欲求や感情に訴える視覚的表現を使う!

 

例えば、皆様の街にある飲食店の看板では、何色を良く見かけますか?

 

 

恐らく、食欲を刺激する「赤」が良く使われていると思います。

 

このように、人間が感じる、「色のイメージ」があります。

統計に基づいて、色のイメージは下記のように感じられるとされています。

 

赤=食欲・情熱・戦闘

橙=親近感・楽観・庶民的

黄=華やか・社交的・楽しい

緑=協調性・リラックス・解放感

青=冷静・信頼・男性的

紫=芸術性・エレガント・成熟

 

 

 

 

人間が感じる「色のイメージ」から、自社の商品にあう、欲求や感情に訴えるような「色」を選択しましょう^^

 

この2つのポイントを押さえるだけでも、圧倒的にお客様からの「見られ方・捉えられ方」が変わってくるはずですよ♪

 

 

是非、皆様も「色」を効果的に活用して、集客してみてく

石谷莉沙

初代看板娘兼取締役 石谷莉沙

平成元年、炭鉱の街、福岡県飯塚市で、2人姉妹の長女として生まれました。
幼少期から近所の友達と外で遊び回るのが大好きな元気っ子でした!
そして、小学生の頃に出逢ったバスケットボールにどっぷりハマり込み、小・中・高・大と部活でガッツリ鍛えられ、現在でも週2回練習に参加しています。