こんにちは^^

初代看板娘、いしたにちゃんです♪

 

最近の私ですが、カラーの知識を極めるべく・・・

一般社団法人日本カラープランニング協会さんにて、

ビジネスカラーの講師育成講座を受講しています♪

現在資格取得に向け、日々勉強を進めている最中です^^

 

そこで今回は、トレンドカラーについてのお話を・・・

 

皆さん、トレンドカラーってどうやって決まるかご存知ですか?

実は、そのシーズンの約2年前には決まっているんです!(^^)!

 

【トレンドカラーの決め方】

国際間で流行色を選定する機関「国際流行色委員会」

(インターカラー:INTERNATIONAL COMMISSION FOR COLOR)にて、

加盟各国が提案色を持ち寄り、実シーズンに先駆ける

約2年前に6月に春夏カラー、12月に秋冬カラーを選定しているんです♪

 

日本もインターカラー加盟国の1つで、

現在16ヶ国(アメリカ/イギリス/イタリア/韓国/スイス/スペイン/タイ/中国/デンマーク/ドイツ/トルコ/日本/ハンガリー/フィンランド/フランス/ポルトガル)が

加盟しており、一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)が

日本を代表して参加しています。

 

【なぜ2年前に決まる?】

なぜ約2年前にトレンドカラーを決める必要があるのでしょうか?

それは、商品開発までに時間がかかるからです・・・

 

約2年前にインターカラーで決定したトレンドカラーを、

次は日本国内でJAFCAによる色の選定を行い、

約1年前にJAFCA会員へ発信されることで、各企業がトレンドカラー情報を入手することとなります。

そこから、商品開発を行い、商品化をすることで、

消費者へ販売されるという流れですので、2年前に決めておかないと商品化が間に合わないのです><

 

【2018年秋冬レディスウェアカラー】

そこで、今年の秋冬のトレンドカラーについてご紹介♪

 

カラーテーマ

“PALPITATION” パルピテーション ときめき

 

服を着ことから生まれる情感

国内のファッション消費は、若年層を中心にSNSによる情報収集や

ネットショッピングなど、オンライン化が浸透している。

人を介さず指1本で解消する便利さは、様々な不便を解消する一方で、

コミュニケーション不全の若者を生む一因になったと言われる。

しかし、ファッションが合理化されるほど、着ることのライブ感や

オシャレをすることの生き生きとした感情がむしろ大切にされるのではないか、

という意見が委員間で交わらされた。

身体を通して感じる素材の肌ざわりや着心地、デザインの美しさ楽しさ、

作り手の思い、服との出会いやエピソードから生まれる会話など、

服がもたらす豊かな情感は確かに存在する。

今シーズンのJAFCAではあらためてファッションにまつわるアナログな感覚に着目する。

それは素材に触れ、袖を通し、街に出て、人と交流する事から生まれる感情を大切にすることである。

服を着るという、当たり前ではあるが人間だけがおこなう行動から生まれる情感を

「パルピテーション(ときめき)」と名付け、今シーズンの全体テーマとした。

 

カラーグループの特徴

1.Art 芸術、技能

紫系と青系を基調とする、クールで現代的なパレット。

現代美術の抽象画や仮想現実の幻想的な映像などを想起させ、

現実と非現実の双方に通用するようなイメージである。

委員会では寒色、特に紫系への注目が複数意見上がり、

それらを中心に構成した。

都会的でシンプルだが、洗練されたアーティスティックな要素も含むスタイルをイメージしている。

 

2.Heritage 遺産

古びたタペストリーや壁紙、重厚な織柄カーテン、熟した果実や枯れた植物、ヴィンテージの服、ゴールドや金属の鈍く重い質感などを連想させるパレット。

長い年月をかけて人から人へ伝承された技術や、昔ながらの手仕事の蓄積など。

アナログだからこそ美しい、ものづくりの記憶の色である。

 

3.Poetry 詩歌、詩情

冬のベールカラー。ロマンティックで、肌感覚の甘い気分を誘うパレットである。

シルクのランジェリーやカシミアのニットなど、なめらかでつややかな質感。

あるいはモダンな高機能スポーツ素材に代表される、スポーティでフィジカルな

イメージも想起させる。

出典:JAFCAホームページhttps://www.jafca.org/

とのことです^^

詳しくは、JAFCAホームページをご覧ください♪

今後もカラーについて学んだことを書いて行きたいと思います♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

石谷莉沙

初代看板娘兼取締役 石谷莉沙

平成元年、炭鉱の街、福岡県飯塚市で、2人姉妹の長女として生まれました。
幼少期から近所の友達と外で遊び回るのが大好きな元気っ子でした!
そして、小学生の頃に出逢ったバスケットボールにどっぷりハマり込み、小・中・高・大と部活でガッツリ鍛えられ、現在でも週2回練習に参加しています。