こんにちは!

初代看板娘のいしたにちゃんです!

 

実は私、エンドラインのインターン一期生なんです!

今から9年前ぐらいかな?

大学3年生の夏にインターン先にエンドラインを選んだことで、

今のご縁があります。

 

さて、9年間を振り返ってみますかね・・・

 

【2009年夏 エンドラインインターン14日間】

「とにかく、会社で働くってどんなんなんやろう?」

という疑問から、就職する前に会社の雰囲気を体感しておきたいと思い、

インターンすることを決めました。

 

インターン先を選ぶにあたり、

「大手よりも小さい会社に行ってみたい」と何故か思っていました。

そこで、インターン先紹介の文章を見ていたら、

「社長のかばん持ち出来ます!」という文言に惹かれ、

どんな会社なんだろう?と思い、第一志望にエンドラインを選びました。

 

もちろんバイトはしていましたが、飲食店だったので、

「会社に行く」という感覚は初めてだったので、

インターンが始まるまでは不安と期待でいっぱいでした!

 

そんな中、インターン開始1ヶ月前に事件が・・・

 

【インターン1ヶ月前に起こった悲劇】

私は、小学生のころからバスケットボールをしていて、

大学もバスケットボール部に所属していて結構ガチでやっていて・・・

 

笑笑

 

 

なんと!

インターン1ヶ月前に大会で怪我をしてしまい・・・

「半月板損傷」

「前十字靭帯部分分裂」

という診断が下り、手術しなければならなくなりました。

 

入院は1週間程度で

手術も大したことないものだったのですが・・・

 

バスケ復帰までは3ヶ月ぐらいは必要だったので、

4年生になる前の一番良い時期にけがをしてしまい、

とても悔しくて、バスケももう辞めようと思ったり・・・

 

そんな状況だったので、

1か月後に控えたインターンに向けて

正直ネガティブな感情しかありませんでした。

とりあえず連絡はしておかないと!と思い、

入院中の病院から、エンドラインに現状の電話をしました。

 

「インターン行って大丈夫?!」

「そもそも装具付けてスーツ着れる?!」

「ヒールとかで歩けるの?!」

と色々考えてしまっていたので、

「もしかしたら行けないかもしれない」という言葉も伝えた気がします。

 

※当時のエンドラインメンバーは「出た~!ブッチするよ、この子~」

と思っていたそうです。笑

 

そして手術を終えて退院し、自宅に戻り、リハビリの日々。

「インターンどうしようかなー。」

「ちょっとめんどくさいよねー。」

と思ってしまうこともありましたが、

「途中で投げ出すのも嫌やし、モヤモヤするけん、とりあえず行ってみよう!」

と決めて、またまたエンドラインへインターンに行けることを連絡したのでした。

 

※当時のエンドラインメンバーは「え?!入院ってホントだったんだ!」

と思ったそうです。笑

ここから、エンドラインとのご縁がスタートしました・・・

 

vol.2へ続く・・・

石谷莉沙

初代看板娘兼取締役 石谷莉沙

平成元年、炭鉱の街、福岡県飯塚市で、2人姉妹の長女として生まれました。
幼少期から近所の友達と外で遊び回るのが大好きな元気っ子でした!
そして、小学生の頃に出逢ったバスケットボールにどっぷりハマり込み、小・中・高・大と部活でガッツリ鍛えられ、現在でも週2回練習に参加しています。