月額定額制のマーケティング

 

モノへの執着心が薄れている現代で、

注目を集めている、月額定額制(サブスクリプション方式)のビジネス。

 

その一つ、スウェーデンの音楽ストリーミングサービス「Spotify」は

4月3日にニューヨーク証券取引所に上場しました。

 

私もSpotifyで音楽を聴いています♪笑

 

 

今まで無料であったデジタルメディアに、

“お金を払う”事への抵抗がなくなってきていると言えますね!

 

音楽や動画の月額定額制はよく耳にするかと思いますが、

「飲食業界」にもこのマーケティングが取り入れられつつあります。

 

 

・coffee mafia 月額3,000円でコーヒー飲み放題。

 

http://coffeemafia.jp/

 

 

・HANDEL’S CAFÉ 月額5,800円でコーヒー飲み放題。

 

http://handels-cafe.com/

 

 

・野郎ラーメン 月額8,600円で1日1杯ラーメンが食べられる。

 

http://www.yaroramen.com/

 

 

・Reduce Go 月額1,980円で、周辺の余剰食品をテイクアウトできる。

 

https://reducego.jp/

 

 

飲食業界における、サブスクリプション方式のメリットは、

・ストック型で、安定した収益を得ることを期待できること。

・仕入れや仕込みの予測が立てやすいこと。

・コストや食材の無駄を減らすことができること。

など、今まで業界的に問題視されていた部分の解決策になっていますね。

 

逆にデメリットは、

「価格設定」を誤るとリスクが高くなる点です。

価格設定が高すぎると、会員が集まらず、

価格設定が安すぎると、経営困難になりますね。

 

 

皆様の業界でも、「月額制」でビジネスモデルを考えてみると

面白いかもしれませんね^^

 

 


イロの反転

 

こんにちは~♪

 

三代目看板娘のカンナです。

 

 

いきなりですが、皆さんこの会社さん、ご存知ですか?

 

そう、大手携帯電話SHOPのあの会社です。

 

でもちょっといつもと違くない?

 

ロゴマークの色、これだっけ??

 

 

そう、この会社のロゴマーク、白地に黒文字ですよね?

 

でもこの看板は色が逆になっていたのです!

 

 

きちんとその会社だとわかるのに、ちょっと雰囲気変わってイイ感じじゃない?

 

 

会社さんによってはロゴマークの使用に関していろいろと規定があるでしょうから、

 

簡単に色を変えられないこともあるかとは思いますが。。。

 

 

「コレはこの色!」って決まっているように見えるだけで、

 

実は変えてみるとちょっといい感じに変えられることがあるかも?


イベントに最適インタビューパネル

 

こんにちは!

ヨシキです。

 

今回はイベントでよく見かける

アレをご紹介します。

 

そう、インパネです!

インタビューパネル!!!

 

 

サイズもW2,000×H3,000

と大きいので

周りのブースより目を惹きます。

そしてコンパクトに折りたためるので

組み立て・持運びも簡単の優れものです。

 

差別化してイベント感の出る

販促物はエンドラインまで!


イラストだけでも伝わる

 

広告は伝えることが重要。

だから大抵文字が入ります。

 

しかしながら、必須というわけではありません。

たとえばこんな感じ。

 

 

あ、ハンバーガー食べたいな

ビール飲みたくなってきた

そう思った方もいるかもしれません。

 

右端は画像が小さく分かりづらいかもしれませんが

ビリヤード台です。

 

 

こんな感じの。

 

自分ならこう打つなぁ

みたいな妄想にも繋がりますね。

 

もちろん文字を入れた方が

伝えるべき事が伝わりますが

入れないことで目をひく場合もあります。

 

 

ちょっと冒険心がいりますが

店舗前に置くのぼり旗なら

こういう方法もありですよ。

 

 


訪日外客数、ご存知ですか?

 

訪日外客数、ご存知ですか?

 

常に耳にする、外国人観光客増加の話題。

日本政府観光局の統計によると、

2017年2月:203万6千人

2018年2月:250万9千人

2017年2月より23.3%・約47万人も増加しているそうです!

 

その中でもダントツは「東アジア」!!

全体の79.9%を占めており、その内訳は、

中国:71.6万人

韓国:70.8万人

台湾:40.1万人

香港:17.9万人

です^^

https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/index.html

 

 

今後もますます、外国人旅行客を集客することは重要になってきますね♪

 

 

外国人旅行客は、国にもよりますが「ブログでの口コミ」を一番信用しています。

但し、忘れてはいけないのは、通りすがりの外国人を集客する事です。

 

 

みなさんも、海外旅行へ行った際に、

日本語で記載があったので、何のお店か分かり、安心できたため

「ふらっ」と入店したことはないでしょうか?

 

 

実は飲食店ポータルサイトのぐるなびが

日本全国326店のぐるなび加盟店に調査したところ

 

来店があった飲食店に来店頻度を聞くと、「週に1日程度(18.6%)」「1ヶ月に2~3日程度(17.1%)」が多く、「ほぼ毎日(12.0%)」という回答もありました。

月1日以上の外国人旅行客の来店がある飲食店は76.3%でした。

外国人旅行客が来店するきっかけは、

「偶然通りがかった(35.3%)」をはじめ、

「外国人客の友人・知人による紹介(21.7%)」

「宿泊先での紹介(19.0%)」

が上位を占めました。

 

そこで「偶然通りがかった」外国人旅行客に入店して頂くために重要なのは、「のぼり旗」や「看板」「幕」「バナー」です。

 

偶然通りかかった外国人旅行客に、屋外広告で訴求しましょう♪

 

観光地には・・・

 

 

 

飲食店には・・・

 

 

 

小売店には・・・

 

 

 

旅行客ではなく、海外からの留学生や日本へ移住する方に向けては・・・

 

 

このように訴求していくことで集客があがりますよ^^

詳しくは弊社インバウンドサイトをご覧ください♪


新車にも

 

エンドラインのカンナです!

 

 

今回は何でも使える、万能シートのご紹介!

 

 

それは「ツクポリン」です!

 

以前にもカーマーキングでご紹介しましたが、

 

今回は違う使い方もご紹介です。

 

 

 

車のフロントガラスに貼っているシート、

 

これがツクポリンで製作したものです。

 

しっかりと吸着して剥がれないのに、跡が残らない優秀な子でなので、

 

このように販売中の車に貼っても問題なし!

 

 

商品のアピールは大事ですが、キズやアトは残せないので、

 

ツクポリンが大活躍です!


キャラクターはどこにいる?

 

こんにちは!エンドラインのカンナです。

 

 

エンドラインで人気商品のひとつでもあるエア看板、

 

皆さんはもうご存知ですよね!

 

そのエア看板、ひと手間加えると、

 

 

こんなのも作れちゃいます♪

 

 

オリジナルのキャラクターがいるお店にはぴったりですね!

 

せっかくのキャラクターがチラシに載っているだけ、なんてことありませんか?

 

ジャンジャンアピールして、有名なキャラクターにしちゃいましょう!


組み立てカンタン

 

もうすぐ春ですねえ~♪

 

年度末に向かって忙しくなってくる頃ですが、

 

やはり忙しい時ってカンタンな作業を求めちゃいますよね。

 

そこで、組み立てカンタン!このコのご紹介。

 

 

スタンドバナーです。

 

自立式、本体とバナー部分に分かれるので収納・持ち運びに便利なツールです。

 

会社説明会やイベント会場などでも見かけます。

 

 

裏側、本体はこんなカンジ。

 

 

そして、本体のフックにバナーの金具を引っかけて、

 

 

使用します。

 

バナー部分を数種類用意しておけばデザイン違いでも大活躍!


背が高い

 

8年ぶりくらいにロングヘアからショートヘアにイメチェンしました、カンナです。

 

最近こんなのぼりを作りましたのでご紹介!

 

 

ん?普通ののぼりじゃない?

 

と思うかもしれませんが、

 

 

ジャン!

 

 

 

隣の「そば3玉同一価格」ののぼりが通常サイズ(レギュラーのぼり)です。

 

「学割先生」ののぼりがどれほど背が高いか一目瞭然!

 

 

横幅は通常サイズとほぼ同じですが、

 

高さは1.5倍!

 

 

レギュラーのぼりよりも大きなのぼり、というと

 

ジャンボのぼりがありますが、

 

その場合、ポールも専用の「ジャンボポール」となります。

 

今回のご相談では、ポールはレギュラーのぼりタイプのものを使用したい、

 

とのご希望でしたので、

 

縦と横のサイズを変更して、特注で製作しました!

 

 

やはり、大きい方が目立ちますからね♪


フロアマットはいかが?

 

 

こんにちは

 

YOSHIKIです

 

最近とても、ブース装飾の

ご相談が増えております。

 

皆さんはされてますか?

 

 

装飾といっても色々な商材があります。

 

その中でも、今回紹介するのは

フロアマットです!!

 

 

装飾にフロアマットを使うと

他社とも差別化でき、

余ったスペースでしっかり広告もできます。

 

また、持ち帰ってオフィスでも使用できます。

 

一石二鳥ですね。

 

装飾をお考えの際はぜひ!