こんにちは。デザイン部の諏澤です。

 

雑誌やポスターなど、いろんな広告を見ると

至る所でキャッチコピーを見かけると思います。

その中でも、クスッと笑ったとか、印象に残るものもあるんじゃないでしょうか?

 

では、面白いキャッチコピーってどんなものだろう??

という疑問に対して簡単にお答えしますと

「大喜利」や「ダジャレ」です。

 

例えばこれ。結構前に話題になった広告ですが・・・

※画像は吉田沙保里公式ブログより引用

 

これは少し省略されていますが、ポスター版のキャッチでは

「めちゃくちゃ強いやつらに「来い」しちゃう。来いする乙女」です。

最強と呼ばれた満面の笑みの吉田沙保里選手が手を上げ

「めちゃくちゃ強いやつらに「来い」しちゃう。」

ビジュアルと共に、あまりにマッチしていてインパクトありますよね。

 

そして言わずもがな、「来い」と「恋」をかけている訳ですが、

そのギャップで思わず笑ってしまう秀逸なコピーだと思います。

 

 

次はこれ。

知っている人も多いと思いますが、2013年のバレンタイン時期に駅貼り広告で話題になった

ブラックサンダーの「一目で義理と分かるチョコ」。

完全に自虐ネタですが、この開き直りがまたウケますよね。

 

ちなみに、弊社のキャッチコピーは「縁を線にする」です。

ENDLINEのEND(エンド)を縁になぞらえ、LINE(線)にかけているわけです。

頂いたご縁を線にしていく、繋がりを広げていくという意味です。

ENDは「縁」じゃなくて「終わり」の意味だろっ!というツッコミはご容赦頂くとして、

単純に「エンドライン株式会社」と名乗るより、

「縁を線にする。エンドライン株式会社」と名乗った方が事業理念も伝わりつつ

より印象に残ると思いませんか?

 

そして、この言葉の力(キャッチコピー)は弊社の場合は制作する広告物、

特に採用ブース装飾などで様々な会社様の事業理念を簡潔に伝え

人(学生様)を集める手段として利用しています。

 

キャッチコピーにも迷ったら、是非ご相談ください。

 

デザイナー 諏澤 進太郎

エンドラインにはフリーランスとして独立し始めの頃、パートデザイナーとして勤務。それから約3年後、会社勤めに戻ろうと思った時にお誘い頂き、エンドラインへ。

独立の経験を活かし、エンドラインにはなかったデザインを生み出していきます。