こんにちは。

新米人事評価リーダーの石谷です。笑

エンドラインで人事評価制度をスタートして2年目に突入!

最近、よく「評価制度について教えて!」と質問を受けることがあるので・・・

 

今回はエンドラインが運用している評価制度について、

赤裸々に書いてみたいと思います!

 

評価制度の経緯は、

「社員の成長に対する応援」と「結果を出す人が報われること」

を強化したいという思いがありました。

 

まず「社員の成長に対する応援」について。

エンドラインでは、クレドにも掲げていますが、

仕事を通じた、「社員の成長」を重視しています。

 

評価制度を導入することで「会社が求める事」と「本人がやりたいこと」の

すり合せができ、その結果、社員の成長に繋がると感じました。

 

次に、「結果を出す人が報われること」について。

中小企業では、「社長のさじ加減」で

社員への評価や昇給が決まってしまう事も多々あると思います。

 

エンドラインも制度導入前までは、特に評価基準はなく、正直曖昧でした。

 

それだと、結果に向かって努力した人や、

結果を出した人への評価が感覚で行われてしまい、

正当な評価とならず、離職を招く可能性もあるので、

定性的に評価できる評価制度を導入することは、

離職を防ぐ事ができると感じました。

 

実際に導入させて頂いたのが、「あしたのチームさん」の人事評価制度!

https://www.ashita-team.com/

 

四半期ごとに目標設定をし、評価面談があり、クラウド上で評価を入力しながら進めていきます。

人事評価制度という名前は堅苦しいので、

エンドラインでは「EWS」(Endline Work Stayle)と名づけて運用しています。

目標設定では「努力します」「意識します」などの抽象的な言葉はNG!

言い切りの言葉を社内で活用する癖がつきました。

 

また、目標と結果をすり合せて、正当な評価に基づく昇給・賞与査定が出来ています。

実際に、私は半年間、被評価者としても評価制度を体験しています。

 

被評価者側としての感想は、「目標」を考案する事がとても難しかったし、

最初は慣れない事ばかりなので、重荷に感じる部分もありました。

 

しかし、目標が達成でき、高いポイントを獲得できると達成感もありました。

私は当時目標の一つに、

「野外広告士に合格する」という項目を掲げていました。

いつ、どのくらい、どのようなペースで勉強するのか?

などを目標設定に入れていたため、無事合格することができました。

また、残業時間も半分になり、評価制度導入5ヶ月目には過去最高利益を出すことができました。

実はあしたのチームさんが行っている「働き方改革」の表彰式で、

昨年表彰もして頂きました。

https://bit.ly/2Ox5DqQ

評価する側も、評価される側も、もちろんお互いに大変なことはありますが、

どちらにとっても学び・成長の機会となるため、

評価制度を導入してよかったなと思っています。

 

評価制度についての質問も受け付けておりますので、

お気軽にご相談くださいね♪

石谷莉沙

初代看板娘兼取締役 石谷莉沙

平成元年、炭鉱の街、福岡県飯塚市で、2人姉妹の長女として生まれました。
幼少期から近所の友達と外で遊び回るのが大好きな元気っ子でした!
そして、小学生の頃に出逢ったバスケットボールにどっぷりハマり込み、小・中・高・大と部活でガッツリ鍛えられ、現在でも週2回練習に参加しています。