経営者と社員を繋ぐ大事な2つのもの。

経営者と社員を繋ぐ大事な2つのもの。というタイトルです。

 

 

みなさんは経営者と社員というものを考えたことありますか?

 

あまりに漠然として答えにくいでしょうが、ここでは会社というものを詳しく見てみましょう。

 

 

 

会社というのは資本家と労働者に分けられます。

 

資本家の目的は、労働者の時間をお金で買い、それを元に富を増やす事。
労働者の目的は、時間単位の生産性を上げ、結果を出し給与を上げる事。

 

 

凄くドライに話してしまうとただそれだけです

 

だから会社は時間単位の生産性の高い優秀な人を採用したがるわけですね。
同じ時間給2,000円払うなら、3,000円しか稼がないA君より、5,000円稼ぐB君の方がいいわけです。

 

 

逆に労働者は時間単位の生産性を上げなければ、給与は上がりません。

 

 

そう考えると、お互いの目的が一致しているように見えますが、そうは問屋が卸しませんね。

 

 

資本家は、高い結果を出す人でも富を得るために極力安く雇おうとします。
労働者は、大した生産性もないのに高い給与を求めます。

 

 

これが労使の対立の根本なんです。

 

 

資本家と労働者は必ず対立します。

 

 

だから、対立しないように2つのものが必要なんです。

 

 

それは「理念・VISION制定」「評価制度」です。

 

 

理念・VISION制定は、うちの会社はこんな存在目的ですよ。ここに向かって走ってますよ。という軸を決める。
評価制度は、理念・VISIONを軸に達成する目標を決め、その結果に応じて正しく社員を評価します。

 

 

 

そうすると、資本家は哲学を持ち経営者となります。労働者はそれに集う仲間になり社員と呼びます。

 

資本家と労働者は対立しますが、経営者と社員は同じ目的を共有している仲間になります。

また、適切な目標を掲げそれに対しての行動を明確にし、正しく評価するので対立があまりしません。

 

この「理念・VISION制定」「評価制度」はワンセットでこの両輪が走らなければ、いつまで経っても資本家と労働者のままでお互いの溝は埋まりません。

 

 

 

経営者と社員を繋ぐ大事な2つのもの。

それは「理念・VISION制定」「評価制度」なんです。

 

 

 

うちは今両輪が走り始めています。今後がものすごく楽しみです。


起業物語インタビューVol.1|株式会社セールスアカデミー宮脇伸二社長

 

――株式会社セールスアカデミーを起業されてどれくらいになりますか?

今期で10期目です。前期はこれまでで最も安定した経営ができた1年でした。また、7年連続で黒字かつ増収を達成することができ、弊社を支えて下さっている皆様に本当に感謝しています。諸説ありますが、10年継続できる会社は全体の5%と言われています。まずはその5%に入れるように社員一丸となって活動していきたいですね。

 

――10年間続けるということは大変なことですよね。

はい。起業してから、「継続」することを重視するようになりました。継続することはとても地味なのですが、成果を上げるための原理原則だと思います。継続と言えば、ブログも8年間毎日継続して書き続けています。

 

――ブログを8年間、毎日はすごいですね。何かきっかけがあったのでしょうか?

カリスマ体育教師として有名な原田氏の著書「成功の教科書」に何でも良いから毎日継続することが大切であると書かれていたのがきっかけです。

 

――疲れている時など、「今日はいいかな。」と思う時はないですか?

時間が取れない日には、どうせ誰にも迷惑が掛からないだとか、今日は熱があるからだとか次々と言い訳が浮かび上がってきました。しかし、どのような状況でも必ず継続する。それが、できない言い訳を排除する訓練になりました。

 

――ブログが訓練になっていることは意外ですが、精神面を鍛えるにはとても良い方法ですね。

はい。昨年からは筋トレも始めました。1日1分でもいいので、筋トレをしたら手帳の日付に丸をつけます。自分自身にOKを出すということです。自分で自分を褒め、自分との約束を守り続けることで自分に対する信頼を高めます。自分信頼と書いて「自信」だと聞いたことがありますが、まさにその通りですね。起業前はとにかく次のステップに進むことばかりを考え、短期間で転職することもありました。でも今は全く逆ですね。1日でも長く会社を継続させたいという思いが強いです。

 

――なるほど。起業した時に何か具体的な目標はありましたか?

はい。テレビや新聞に取り上げてもらうことです。初めてのチャンスは意外と早く、創業して5か月目の2008年1月でした。本当にうれしかったです。

 

――メディアに出演することによって、かなり反響があったのではないでしょうか?

それが、そうでもなかったんです。プロレス研修の取材で初めてテレビに出た時は、放送後に事務所の電話が鳴り止まないのではないかと心配しましたが、電話はいっこうに鳴らず。視聴者は多かったはずだったんですがね。いくらメディアに出演しても、世の中のニーズに応えていなければ反応してもらえないということを学びました。

 

――反対に、どのようなときは反応が良かったですか?

4年前に出演したTVQの「ぐっ!ジョブ」です。いつか出演したいと思っていた番組の一つです。この番組は経済番組なので、弊社のお客様になりうる層が視聴者ということもあり、20件以上の問い合わせをいただきました。実際に発注していただいたお客様もいらっしゃいます。

 

――最近ではどのようなメディアに出演されましたか?

「社長チップス」で福岡代表に選ばれ、「めんたいワイド」で取り上げていただきました。新人社員研修が東京であったため電話での取材でした。

 

――東京と言えば、先日自社オフィスを開設されましたね。

はい。東京のお客様が徐々に増えたため、スピーディーかつ誠実に対応したいと考え開設に至りました。

 

――現在、新入社員研修はどのくらい開催していますか?

前期は全国9会場で開催しました。その前の年は3会場だったので、大きなチャレンジでした。今後は更に増える見込みです。

 

――新入社員研修の評判はいかがですか?

受講者や企業の責任者の皆さんから「とても良かった」とご好評いただいております。とある会社の人事責任者の方は、新入社員の返事や態度が明らかに変わっていて成長が見られて感動したとおっしゃっていました。受講者の方からは、自分が生まれ変わるきっかけとなったと感謝の言葉をいただいております。すぐに結果が出たケースもありました。研修を受けた営業マンが、直後に自分たちの力でクライアントを発掘し新規契約に至ったそうです。研修の効果がスピーディーに現れたと喜んでいただきました。

 

――すぐに効果が表れるとは驚きですね。さすが宮脇社長です。

弊社のビジョン「活き活きと働く営業人材が溢れている、そんな世の中を創っていきます」に、また一歩前進できたと思います。新入社員研修には、弊社の新入社員も運営スタッフとして活躍してもらっています。同級生が研修を受講している中、一足先に戦力として活動する彼らをいて、とても頼もしく感じます。

 

――まさに即戦力ですね。昨年は何人の学生を採用しましたか?

2016年は3名採用しました。大変ありがたいことに、今年は応募数が多く、3名の学生を採用することができそうです。3年後にエースになってくれそうな将来有望な学生です。

 

――今年、学生の応募数が増えたことには何か理由があるのでしょうか?

はい、大きく3つ変えたことがあります。1つ目は、マイナビを使い始めたことです。これにより、今まで出会うことがなかった学生から応募がありました。マイナビ経由で2名採用できています。2つ目は、人材紹介サービスを活用したことです。私自身が転職した際にお世話になった、ネオキャリアさんに東京オフィスの新卒採用を支援して頂き、1名採用することができました。3つ目は、初回面接から社長である私が対応したことです。可能な限りではありましたが、これにより判断スピードを速めると同時に、弊社に学生を惹きつける効果もありました。

 

――新しい試みがうまくいったということですね。

そうですね。これは、すべての採用実務を担ってくれている大江のおかげですね。彼女は研修講師、営業、後輩指導をしながら人材担当もやっています。私からやってくれと指示したことはなく、自発的に担当してくれています。弊社は教育会社ですが、採用は教育と同じくらい大切だと考えています。求職者・企業の双方にとってハッピーになるような採用を心掛けています。

 

――採用活動において、お互いの価値観が合っているか確認することは本当に大事なことですよね。

はい。創業3年目までは、面接1回で合否を決定していましたし、理念や方針も不明確だったため、入社後に双方にギャップが発生することが多かったんです。

 

――そのギャップをなくすために、具体的にどのようなことをしていますか?

弊社について深く知ってもらうために、様々な情報を提供しています。経営計画書、特に経営理念について、ビジョンとして掲げているマザーズ上場がどれほど困難な道であるか、ベンチャー企業で働くことのメリット・デメリットなど、やや厳しめに伝えています。

 

――確かに、良い面ばかり強調してしまうと、ギャップを生むことに繋がりますね。

弊社の良いところも悪いところも見てほしいので、面接して良いと思った人には1日職場体験をしてもらいます。こちらも、面接だけでは分からなかった求職者の特徴も把握できます。

 

――求職者の特徴を把握するために適正検査を活用する企業もありますが、貴社はいかがでしょうか?

弊社では「CUBIC」、「4つのタイプ(コントローラー、プロモーター、サポーター、アナライザー)」、「エゴグラム」を活用しています。CUBIC診断ではある一定の判定が出なければ、どれだけ面接の印象が良くても不採用にしています。4つのタイプやエゴグラムの結果で不採用にすることはありませんが、判断材料にはしています。採用が決まった後には、「EG(エマジェネティックス)」をします。この検査では、本人の思考パターンを把握することができます。この結果を参考に、担当してもらう仕事の種類を決めたり、指示の出し方を本人の特性に合わせて変えたりします。入社後の早期戦力化や能力を最大限に生かすという意味でとても有効です。

 

――今後、どのような採用活動を行っていきたいですか?

採用人数を10名に増やしたいですね。そのことを大江に伝えたらビックリしていました(笑)。組織を膨張させるのではなく着実に創っていきたいので、理念経営を深め、仕組み作りを推進していきたいです。