採用ブース装飾ってどうすれ良いの? ~業界イメージを変えたい会社様 デザイン展開編~


 

『採用ブース装飾ってどうすれ良いの?』というお悩みをお持ちではないですか?

今回はそのお悩みを解決します。

 

特に業界イメージを変えたい会社様、

求職者がなかなか集まらない会社への

このツールにはこの情報を入れようといった事をご説明します。

 

採用ブース

まず、全体としては大きなコンセプトを決めて思い切ったデザインをすることが大切です。

今回は例として『建設業ってかっこいい』というキャッチを作ってデザインしました。

求職者が元々もっていたイメージをかっこいい仕事だと塗り替える為のデザインです。

もう一つのメッセージも仕事に対する見え方を変えるためのメッセージです。

ブース装飾は目立つことを最優先されることも多いですが

目立っても立ち寄ってもらえなければ意味がありません。

本来敬遠されがちなモノクロの写真なども、少し手を加えて使うのも良いでしょう。

 

・ロールアップバナー

このツールは足を止める為のツールで「求職者が最初に見る」ツールとなります。

その為に3秒以内に伝わる「興味を持つ」メッセージを入れる必要があります。

今回は多少とがったメッセージやビジュアルで、「え!?」と思わせる為のデザインに

すると良いでしょう。思い切りふざけたり、思い切り格好良くしてみましょう。

 

・イスカバー テーブルカバー

この2つは記憶に残す為の補助ツールです。

色々なメッセージを入れる事には向きません。

しかしながら、今回は少しでもメッセージを記憶に残すために

メインのメッセージを入れています。

 

・タペストリー

このツールはイメージ付けのツールです。

説明時に背景となるので会社のイメージに直結しやすくなります。

どんなイメージの会社として記憶に残したいかを考えてメッセージや

ビジュアルを作りましょう。

 

今回の案だとメインメッセージで、求職者が元々もっていたイメージを

変える為のツールとし、デザインだけでなく口頭で説明するないようも

デザインの内容と一致すると尚良いでしょう。

うちの会社はコレだ!と思ったらぜひ参考にしてください。

 

当社では、採用ブース専門のサイトがございます。

そちらには当社の製作事例100件以上を公開しておりますので、

ご興味ある方はご覧くださいませ。

>採用ブースサイトはこちら