採用ブース装飾ってどうすれ良いの? ~実は大手・大手のグループ会社様デザイン展開編~


『採用ブース装飾ってどうすれ良いの?』というお悩みをお持ちではないですか?

今回はそのお悩みを解決します。

 

特に実は大手・大手のグループ会社様への

このツールにはこの情報を入れようといった事をご説明します。

 

採用ブース

まず、全体としては大手であること、その魅力をストレートにメッセージで伝えることが大切です。

カラーリングなどに関してはロゴだけでも認知があるのであれば、ロゴのカラーリングに合わせるのが良いでしょう。

※社名の認知が低く、特定商品の認知が高い場合はそれを利用するのも良いでしょう。

色に関して特段イメージがついていない状況(ロゴが黒一色など)であれば

紺色などが信頼感が高く良いと言えるでしょう。

 

・ロールアップバナー

このツールは足を止める為のツールで「求職者が最初に見る」ツールとなります。

その為に3秒以内に伝わる「興味を持つ」メッセージを入れる必要があります。

ここには、大手の企業(やそのグループ会社)である魅力を存分に書きましょう。

大きな仕事ができること、大きな夢が描けることなど、興味をもってもらうキッカケとなることを

メッセージとするのが良いでしょう。

 

・イスカバー テーブルカバー

この2つは記憶に残す為の補助ツールです。

色々なメッセージを入れる事には向きません。

通路を通るときチラッと見る。説明を聞く際に見る。

このタイミングで見る物なので、メッセージ性は抑えつつ

シンプルに社名のみ、若しくは社名プラス一個とくらいがベターでしょう。

空間作りの一部だと思って下さい。

 

・タペストリー

このツールはイメージ付けのツールです。

説明時に背景となるので会社のイメージに直結しやすくなります。

どんなイメージの会社として記憶に残したいかを考えてメッセージや

ビジュアルを作りましょう。

 

今回の案だと仕事の説明の補助にしつつ大きな夢を描けるようにメッセージを入れています。

安心感をあたえるメッセージも良いでしょう。

あえて尖ったメッセージにする必要はありません。

うちの会社はコレだ!と思ったらぜひ参考にしてください。

 

当社では、採用ブース専門のサイトがございます。

そちらには当社の製作事例100件以上を公開しておりますので、

ご興味ある方はご覧くださいませ。

>採用ブースサイトはこちら