街で見かける広告ツール①


街で見かける広告ツール①

 

デザイン部のすざわです。

街を歩くとのぼり旗や幕、バナー等その他いろんな広告がありますよね。

その広告物をテーマに色々と考察していきたいと思います。

 

【デザインは凝ったものにするべき?】

街でのぼり旗っていろんな所で見ますよね。

今の季節ならコンビニなんかに行くと

「出汁の効いた熱々おでん」とか「クリスマスケーキ予約受付中」とかがありますよね。

 

 

これなどは美味しそうな商品写真や可愛いイラストが入っていて

とても良くイメージが伝わるものだと思います。

 

では、これはどうでしょうか?

 

 

とてもシンプルですよね。

久留米市のとある施設に立てられていたのぼり旗ですが、

展示会名だけしか入っていません。

しかし拝啓の黄色が周囲の景観とうまく調和し結果的に映えるものとなっています。

また他に一切情報を入れないことで展示会名も良く目立ちます。

 

次はどうでしょう?

 

何の店だよってツッコミたくなりますよね(笑)

ただ「おかん」としか書かれていませんが、博多にある居酒屋さんの幕です。

もしも書かれているのが「和風居酒屋 おかん」とかだったら、

あ~居酒屋かで終わりますが、「おかん」としか書かない事で

逆に興味を惹くものになっています。

道行く人がこれを見て気になればネット検索し調べるでしょう。

そういう意味では優れたデザインと言えます。

 

では、最後です。

アメリカの高級百貨店、BARNEYS NEW YORK福岡店のバナーフラッグですが、

「BARNEYS」とだけしか書かれていません。

 

ですが、そのおかげで品位や格式を保つものになっています。

お店としてはただ顧客に商品を買ってもらうだけでなく、

「BARNEYS」で購入したという事を価値のある体験として感じてほしいので

なおさら格式を大事にしたいわけです。

 

もしもこれに「年末クリアランスセール開催中!!」なんて書かれていたら

興ざめですよね(笑)

 

【じゃあシンプルなデザインが良いデザインなの??】

では、最初に戻ってコンビニの「クリスマスケーキチキン予約受付中!」ののぼり旗。

ここは想像して頂きたいのですが、もしも文字表記だったらとても味気ないと思いませんか?

どんなケーキかチキンかも分からないし、クリスマス感も皆無ですよね。

 

【目的によってやるべきデザインは変わる】

話を統合すると・・・

「クリスマスケーキチキン予約受付中」のぼりは、商品イメージを伝え購買意欲を上げるため。

「久留米菊花展」のぼりは、周囲と調和させるかつ視認性を高めるため。

「おかん」幕は、あえて情報を出さず興味を惹かせ認知度を高めるため。

「BARNEYS」フラッグは、ブランドイメージを高めるかつ保つため。

 

必ずしもこれが正解というデザインがあるのではなく

目的によってデザインは変わるということですね。

逆に言うとデザインは既製品よりも目的に沿って作るオリジナルがベストとも言えます。

 

エンドラインではデザインからオリジナルの集客ツールを製作しています。

お気軽にお問合せくださいませ。

「このブログを見て」とお伝え頂くとスムーズです。