福岡プロバスケットクラブ株式会社様

商品を購入する前に、どんなことで悩んでいましたか?

装飾のプロじゃないから、どのような物にいすればいいのか、またイメージだけで製作してしまうと金額はどうなるのかわからない点で悩んでいました。
自分達の立場から見れば、試合会場にいらっしゃるお客様の目線で考えた時に、試合会場がライジングのスタジアムではなく体育館なので、体育館という色が出すぎないようにしたいと思っています。
また、会場周りもいろいろ装飾したいところはあるんですが、これができるのかできないのかというジャッジがプロじゃない分、イメージだけで突っ走ってしまうころがあるので、本当にお客様に満足して頂ける物を製作できるのか悩んでいました。また、イメージが実物になる際に価格がどうなるのかも考えます。
会場が違えば、製作した商品も共通して使える物を考えないといけないことになるので、そういう点が結構悩んだりしますね。

何がきっかけで当社のことを知りましたか?

それは、以前からスポンサーになってもらってるんで知ってました。
僕は今の会社に入社する前はホテルマンだったのですが、広告というものにそこまで意識はしてない側の人間だったと思います。
でも、いざこういう業界に入って、広告出してなんぼと言うか、そういった世界を見ると、御社とスポンサーという立場ですけど、関係性を持てて、本当にスポンサーになってもらったからというのが一番の理由です。

当社を知って、すぐに購入しましたか?

はい、私が担当になってすぐに購入しました。納品だったりとか、担当者さんだったり、それこそ代表の山本さんとかが対応も本当に真摯にやってくれるので、スポンサーさんっていう立ち位置以上に本当にチームの一員として考えてくれてるっていうのはすごく感じていました。だからやっぱり何か看板広告を出さなきゃいけないってなった時に、一番最初に浮かぶのはエンドラインさんですね。
また、広告物で何か困ったときもエンドラインさんに一番に相談させて頂きます。

何が決め手となって商品を購入しましたか?

やっぱ最初冒頭で申し上げた通り、試合会場でワンシーズン通して長く使える物っていうものだったり。
あとは、試合会場だけじゃなくて、イベントだったり。一年間通じて使用ができる物っていう物を探していますね。
やっぱそういう目線が購入の決め手となってます。エンドラインさんはあまり目にしたことない商品だったり、私たちではイメージできなかったデザインを提案してくださったり、また、選手とお客様が触れ合っているような演出ができる商品がでてくるので、そういう点がエンドラインさんでの購入の決め手となっていますね。

実際に使用してみて、いかがですか?

例えばのぼりだったりとか、あと、ロールアップバナーだったり人目に触れやすい物で、試合会場で出す物となれば、今言った2つっていうのは、やっぱお客様の目にも触れる機会が多くて、やっぱり評判も良いですね。
評判っていうのは、どういうところで良いのかなぁって感じるかというと、その広告物の前で写真を撮ったりとか、その写真がSNSで配信されたりとかですね。
初めにもお話ししましたが、私たちのイメージだけで製作していたら、お客様が写真を撮ったりするような広告物を作成できなかったと思います。実際に使用して、自分たちが悩んでいた面である「お客様に体育館ということを忘れて楽しんでもらう空間」をエンドラインさんはご協力してくれたので、プロに頼んでよかったなぁと思いました。
また、実際に会場で使用してお客様が写真を撮ったり、SNSに投稿したりすることで、協賛していただいた物だけで終わっていないため、そこが一番のウインウイン(win-win)の関係性なのかなと思っています。エンドラインさんにとってもメリットがありますし。本当に自分達だけじゃなくてエンドラインさんのプラスにもつながってるというところを実感できるのが、実際に使用して本当に良かったなと思ってますね。