はじめに

エンドラインはこの「happiness宣言」を追求して、
働く一人一人が、happyになり、夢を実現していける会社にします。
会社とは、ただの器です。この器を使い「社員」「顧客」「私達の家族」「取引先」「地域社会」「支援者」のhappyを実現します。7つのステークホルダーを幸せにします。

哲学(創業者の精神)

7happinessの追求

愛あふれる社会の創造(利他心)


青臭くても自分が正しいと思ったことを貫き、
人を思いやる愛あふれる社会を創造する。
happiness circleに基づき、
まずは近い存在の人から愛を創造する。


創業者の精神。それは関わる方々への幸せの貢献です。
私達は様々な方のご支援で成り立っています。
「社会性の追求」「経済性の追求」を行い、
ステークホルダーに「貢献」します。

1.「社員」を幸せにします。
2.「顧客」を幸せにします。
3.「私達の家族」を幸せにします。
4.「取引先」を幸せにします。
5.「地域社会」を幸せにします。
6.「支援者」を幸せにします。

この6つの幸せが集まることこそ、
「エンドライン」の存在意義であり、
7つ目のhappinessです。

その時エンドラインは、VISIONを達成し、
全社員がイキイキと働くhappyな会社になっています。
我々は何の為に集まって仕事をするのか?
それは「7happiness」を追求する為です。
会社はただの器です。
その器に「社員」「顧客」「私たちの家族」「取引先」
「地域社会」「支援者」「エンドライン」への幸せを詰めよう。
エンドラインはその為に存在します!

社会性の幸せ追求とは?
私達は仕事を通じて顧客や社会に貢献します。
その結果「ありがとう!」を頂く事が私達の存在意義です。
社会への貢献を忘れた企業は、存在価値がありません。
社会性を追求してステークホルダーに貢献します。

経済性の幸せ追求とは?
エンドラインが成長・発展する為には、
顧客や社会に喜ばれる事です。
売上とは顧客から頂いた「ありがとう!」の総和です。
売上を内部留保して、再投資する事により、
新たな商品開発が可能になります。
その結果更に「ありがとう!」が増え、
正しい形で売上が増大します。
経済性を追求して、ステークホルダーに喜ばれる
100年永続企業を作ります。

【言葉定義】
ステークホルダー・・・利害関係者。ここで言うステークホルダーとは
「社員」「顧客」「家族」「取引先」「地域社会」「支援者」です。

売上・・・顧客から頂いたありがとうの数の合計。
顧客が喜ぶこと以外売上を増やす方法はありません。

商品提供・価値提供・・・商品提供とは商品そのもので、価値提供は商品を通じてもたされる本質的な価値です。

1.「社員」を幸せにします

【社会性の幸せ追求】
共に「成長」できる仲間関係作り・環境作りを目指します。
人は「成長」するプロセスそのものに意味があります。
一つ一つ壁を乗り越え、自身溢れる人間育成を行います。
また、成長する事で顧客に良い提案が出来たり、後進の指導が出来たりするようになります。
その結果、社会に貢献出来ます。育成環境を充実させ、全員で成長します。

【経済性の幸せの追求】

「給与引き上げ」「福利厚生の充実」を実現します。
社員の「平均給与水準」の引き上げや「福利厚生」を充実させて、結果を出した社員が報われる職場にします。
結果を出すためには「正しいプロセス」と「正しい努力量」が必要です。

2.「顧客」を幸せにします

【社会性の幸せ追求】
商品を通じて、価値提供を行います。
その結果お客様から「ありがとう!」をいただく事が、
私たちの最高の幸せです。

【経済性の幸せ追求】
利益を出して、内部留保を高め、100年永続企業を作ります。
また、採用・育成・商品開発へ再投資して、
更なる付加価値の高いサービスを行います。

3.「私達の家族」を幸せにします

【社会性の幸せ追求】
職場環境を良好にして、社員がイキイキと働く事で
家族への安心を提供します。
そして、自分の子供を入社させたくなる会社作りを行います。

【経済性の幸せの追求】
給与の引き上げによる生活水準の上昇を実現します。
結果を出した社員が報われ、家族が安心できる会社にします。
また、「エンドラインは100年永続企業となる」事で雇用の安心を提供します。

4.「取引先」を幸せにします

【社会性の幸せ追求】
継続取引による安定感で取引先の雇用拡大に寄与します。
また、クリーンな取引をお互い心がけ、ともに成長するWin-Winの関係作りを行います。

【経済性の幸せの追求】
厳しい取引提示は行いますが、発注増加による取引先の利益拡大を目指します。結果、取引先の「成長」に寄与します。

5.「地域社会」を幸せにします

【社会性の幸せ追求】
若者をインターンシップ制度やアルバイトで教育します。
若者の教育を行い地域社会、日本の未来に貢献します。

【経済性の幸せの追求】
法人税、納税20億以上と雇用1,000人以上を目指します。
また海外より外資の獲得を行い、日本の発展に寄与します。

6.「支援者」を幸せにします

【社会性の幸せ追求】
「エンドラインを支援して良かった」と言って頂ける、
人作り・会社作り・雰囲気作りを行います。

【経済性の幸せの追求】
会社を成長させ、支援者の方々への仕事を増やします。

企業理念(企業の在り方)

「人があつまる。人をあつめる。縁を線にする。」(ENとLINE)

良い人が集まる会社を作り、人をあつめる集客支援を行います。
頂いたご縁は“点”で終わらせるのではなく、
“点”と“点”を繋げていくことで“線”とし、
ご縁をつなぎあって、Happyな輪へと広げていきたい。
そんな想いを実現していくことが、当社の企業理念です。

【言葉定義】
良いとは「happiness宣言が共有できる」という意味です。

 

MISSION(私達の社会的使命)

「つたわるメディア、つながる笑顔、ひろがる元気ネットワーク!!」

「価値あるメディア」(販促ツール)をお客様に提供しよう!
お客様の売上を上げ、笑顔になって頂こう!
その結果、私たちはお客様に感謝され「ありがとう!」をいただけます。
お互い笑顔になります。
その笑顔がつながり、エンドライン起点の「元気ネットワーク」を、福岡、日本、世界中に広げよう!

Uniqueであれ

ユニークとは「唯一無二」と「面白い」の2つの意味があります。

「唯一無二」の独自性のある「面白い」商品で目を惹く販促物を想像します。

そして、唯一無二の面白い会社を作ります。

VISION(私達の目標)

エンドライングループは働きたい会社世界一を獲得します!

①組織VISION

エンドライングループは働きたい会社世界一を獲得します!

【言葉定義】

「働きたい会社」とは、成長に喜びを感じるメンバーがいる、
挑戦心を持つメンバーがいる、そのメンバーが自分の子供も就職させたい!
と思える会社の事です。

②企業VISION

エンドライングループはのぼり旗売上アジアNo.1を獲得します!

「のぼり旗と言えばエンドライン」というブランドを九州→日本→アジア→世界で浸透させる。
日本ののぼり旗を海外へ!文化の発信と外貨獲得!
社員が誇りをもって働ける「誇り高き会社」にします!

 

③社会VISION

サインの価値を変え、イメージを変え、楽しい街を創ります!

「価値を変える」とは現在、業界とお客様との間でギャップが生じています。
お客様は「認知」や「集客」を求めて、製作依頼をしますが、
業者は「言われたまま作って納品することがゴール」になっています。
結果、顧客へ良い提案が出来ていません。私達は「売上UPをGOAL」としてご提案します。
広告の費用対効果を高め、価値を変えよう!

「イメージを変える」とはユニークな商品で唯一無二のオリジナル商品を開発・提案を行い、企業・店舗のイメージを変えます。

「価値を変え、イメージを変え」の先にあるのは社会の変革。
独自性のある広告で人が笑顔になる楽しい街を創ります。

 

数値VISON

2024年1月 

のぼり売上九州1位 働きたい会社九州100位以内

売上高 14億2,000万円 経常利益1億5,400万円

2027年1月

働きたい会社九州1位

売上高 36億4,900万円 経常利益4億2,000万円

2030年1月

のぼり売上日本1位 働きたい会社日本50位以内

売上高 102億2,900万円 経常利益13億1,300万円

Value(大切にしている価値観)

自利利他
人の幸せは自分の幸せと思える人格者になろう。

自責素直
全ては自分の責任。自省・内省する素直さが大事.真の自分と対話できる素直な人になろう。

可能思考
出来ないではなくどうすればできるか?を考える。出来ない問題など世の中にはない。

誠実人格
嘘をつかない誠実な人柄、真面目な人柄こそ宝である。

成長進化
成長以上のスピードで成長しよう。日々の努力が成長を加速させる。

行動&遂行
準備をしたら、直ぐに一歩踏み出そう。怖いのは最初の一歩だけ。そして掲げた目標は絶対に遂行しよう。

ユーモア
いつも明るく元気で周囲に活力を与える人になろう。人を楽しませるユーモアを持とう。

スピード&スピード
スピードは目に見える価値。どこよりも素早い意思決定・仕事をしよう。

ENDLINE人(縁を線に)
人と人を繋げhappyなご縁つくりを実行しよう。

私たちが働きたい人10か条(行動指針)

①進化する人
成長以上のスピードで成長しよう。
日々の努力が成長を加速させる。

②行動する人
準備をしたら、一歩踏み出そう。
怖いのは最初の一歩だけ。

③遂行する人
甘えを無くし目標を必達する意欲を持つ人になる。

④ユーモアがある人
人を楽しませるユーモアを持とう。
それが周囲の人への思いやり。

⑤真直ぐな人
真の自分と対話できる素直な人になろう。
自分に嘘をつかない人になろう。

⑥スピードがある人
スピードは目に見える価値。
どこよりも素早い対応をしよう。

⑦誠実な人
嘘をつかない人となれ!誠実が一番の武器。

⑧利他的な人
他人の笑顔の為に生きる事ができる人になろう。
相手の幸せが自分の幸せ。

⑨明元な人
いつも明るく元気で周囲に活力を与える人になろう。

⑩縁を線に出来る人
人の縁を大事にでき、縁を線に出来る人になろう。

★人財理念

1.貢献できる人材創出

突き抜けるほど成長したい人の「人生」をサポートし、
世に役立つ貢献できる「人財」を輩出します。

2.コミットメント&アカウンタビリティ

仕事は約束と結果責任です。
ビジネスの基本は、まず約束から始まります。
約束したことに対して結果責任を負う事が大事です。

3.価値観共有/values sharing

企業は様々な価値観を持った人は集まります。
バラバラな価値観では組織の力を最大化できません。
価値観を共有する人財を大事にします。

4.誠実なコミュニケーション

企業は様々な価値観を持った人は集まります。
バラバラな価値観では組織の力を最大化できません。
価値観を共有する人財を大事にします。

5.人格主義

人の上に立つ場合は、スキルだけでなく人格も上げる事。
スキル面と精神面共に成長する事で真のリーダーになります。

商品理念(なぜのぼり旗を扱っているのか?)

1、LIVE感を大事にしている

代表がお笑いをやっていた経験により、
「人がリアルに集まるその熱量」を大事にしている。
店舗や展示会などのLIVE感を大事して、人と人のご縁を繋ぎたい

2、偶然の出会いを大事にしている

偶然の出会いを演出するお店の支援をのぼり旗で行い、リアルに人と人を繋ぎたい。
例えばこんな経験。食事をしたくてスマホで検索してお店を選ぶ。
効率的ではありますが、反面「ワクワク感」がありません。
事前に情報をすべて見ているので失敗もないし必然です。
それではこんな経験ないですか?
街を歩いていて、のぼり旗を見て
「あ、おいしそうだな」と思い偶然その店に入る。
食事をしてみて「おいしかった!」
または「おいしくなかった。失敗した!」と言う経験もあるでしょう。
成功も失敗も人生は体験です。
「のぼり旗」は偶然にリアルな出会いを演出できます。
我々はのぼり旗から始まるドラマを作る事が出来るのです。

3、効果のある販促物なので広めたい

うどん屋の実体験として「効果のあったのぼり旗」を世に提供したい。
また業界の地位向上に貢献したい。そんな想いを持っています。
こちらはエンドラインストーリーをご覧ください。
https://www.endline.co.jp/endlinestory/

4、日本古来の販促文化を世界に広めたい。

海外では珍しい販促文化なので、世界に広めたい。
戦国時代では敵味方を分かりやすくするためにのぼり旗を立てました。
つまり他の戦国大名と「差別化」する為です。
私たちもクライアントのお店を「目立たせて差別化し集客アップ」と言う価値を提供します。

大切にしている言葉
(創業者が大切にしている言葉)

・今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する。
ゆえに、もやい綱を解き放ち、安全な港から船を出し、
貿易風に帆をとらえよ。 探検し、夢を見、発見せよ。

 

・夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。

 

・薩摩の教え
一、何かに挑戦し、成功した者
ニ、何かに挑戦し、失敗した者
三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者
四、何もしなかった者
五、何もせず批判だけしている者