イスカバーのギモン

 

カンナです~

今回は最近よく聞く“ギモン”について

こちらでお答えします!

商品は「イスカバー

 

採用の合同説明会でのブース装飾として

問合せが増えています♪

エンドラインでも、いろんなデザインで制作させて頂いています。

 

そんなイスカバーの“ギモン”

①素材は?
エンドラインでは「サテン」生地で製作しております。

 

光沢があり、高級感も演出できちゃう優れもの!

 

②裏側と縁の色指定って何?
まずは裏側、つまり人が座る側ですね。
どうなっているかというと、こんな感じです!

 

イスから外すとこんな感じ!

 

この裏側部分、実は印刷ができないんです!(>_<)

ですので、素材の色を選んで頂く必要がございます。

エンドラインでは基本黒色でオススメしています。

 

また、縁とはなにか?
縁部分は、素材のほつれ防止のために「バイアステープ」という細長い素材を縫い付けます。

 

こちらも印刷ができない仕様ですので、
既定の色の中から選んでもらいます。
裏側部分と縁部分は色を統一させて製作します。
その方が違和感もなくなりますので。

 

この他にも“ギモン”があればお答えしますので、

お気軽にお尋ねくださいませ~

 

 


チチとは

 

カンナです~

 

今回はのぼり旗の基本仕様について、

「チチ」のお話です。

 

父?

いえ、違います。

チチとはこれのことです!

 

 

ここの、

 

コレを「チチ(チチテープ)」と呼びます。

 

のぼり旗のポールを通すための輪っかですね!

既製の素材で、基本は白色です。

 

レギュラーのぼり旗の場合

丈夫に3つ、左側に5つに計8つつきます。

 

ちなみに、右側に変更もできますよ!

「風向きの影響でいつも逆向きになってしまう」時は!

右側にチチを付ければ問題解決ですね!

 

 


三巻縫製(みつまきほうせい)

 

カンナです~

 

今回はのぼり旗の基本仕様について、

「三巻縫製」のお話です。

 

まずはこれ、何と読むんですかね?

実は「みつまき」縫製と読みます。

あまりなじみが無いのでわかりにくいですよね(^_^;)

ですので実物の写真がコチラ

 

 

生地の端から2回折り返して糸で縫いつけます。

生地が3枚分重なっているので、「三巻縫製」と呼びます。

 

別の記事でご紹介した「ヒートカット」でも生地のほつれを防止できますが、

プラス「三巻縫製」をするとより丈夫なのぼり旗となります。

 

布製の販促物はあ、基本「ヒートカット」か「三巻縫製」で製作されます。

もちろん、どちらの仕立てで制作するかで価格と見た目、物持ちが変わってきますので、制作の際はぜひご相談くださいね!

価格を抑えたいならヒートカット、物持ちをよくしたいなら三巻縫製がオススメです。


ヒートカット

 

カンナです~

 

今回はのぼり旗の基本仕様について、

「ヒートカット」のお話です。

 

ヒートカット、初めて聞く人は何のこと?と疑問に思うはず。

カタカナだし、なんとなくわかりそうだけど・・・

ですので、まずは写真でご紹介!

 

 

これが「ヒートカット」ののぼり旗です。

 

「ヒートカッター」と呼ばれる道具を使用し、熱で生地を溶かしてカットする加工方法です。

熱で生地を溶かすことで、カットされた部分は生地が固まるため、ほつれ防止にもなります。

 

まあた、カットのみで仕立てが完了しますので、コスト面でも一番オススメの仕様です。

 

 

ちなみに、この方法はポリエステル生地の場合のみ、仕様できる方法です。

綿素材ののぼり旗の場合は「三巻縫製(みつまきほうせい)」という方法で縫製します。

三巻縫製についてはコチラ

 


防炎とは

 

カンナです!

今回は「防炎のぼり旗」のお話を。

 

のぼり旗の素材は布です。

ポリエステル系の布がほとんどですが、

綿素材のタイプもあります。

布ですから、火が点けば燃えてしまいます(>_<)

 

火が点かないことが一番ですが、もし火が点いても燃え広がらない加工を施したものが、「防炎のぼり旗」と呼ばれます。

 

商業施設や展示会など、屋内で使用される際によく指定されますね。

最近では採用の合同説明会などでも

のぼり旗やイスカバーなどを使用することが増えていますので、

運営側からの指定で、防炎タイプのものしか使用できない場合も増えているようです。

 

防炎加工が施されたのぼり旗などには、
「防炎ラベル(防炎シール)」が貼られます。

 

防炎加工の商品は「公益財団法人日本防炎協会」から

指定された会社・工場でのみ製作が可能です。

 

防炎意識が高まる今日、日常で使っているのぼり旗も防炎タイプでつくるのが当たり前になるかもしれませんね!

 

 


“東京”と“福岡”の駐輪場

 

三代目看板娘から、看板のお話です♪

 

先日の東京出張の際、道を歩いていて目に入ったのがコレ、

 

 

ん?ただの駐輪場?

と思いますよね。

 

これがとっても違和感を感じたんです。

 

私は福岡生まれ福岡育ち、現在も福岡在住です。

 

だから、私の中では駐輪場はこんなに空いているはずがない!!(笑)

 

福岡は駐輪スペースが足りない街なので(笑)

自転車の利用人口が多いんですよね。

 

 

東京の駐輪場にはシステムの利用方法が看板で説明されているようですが、

これが福岡だったら利用方法の注意みたいな項目が増えます、きっと。

「鍵をロックする」とか「二重ロックを」とか。。。

 

場所や地域によって、同じ看板でも内容が変わってきますよね。

 

飲食チェーン店でもメニューが変わったりとかあるみたいですし、

広告だってその土地に合わせて変化を出すことも必要なのでは?

 


情報の優先順位とは

こんにちは!

 

エンドラインの三代目、カンナです。

 

 

昨年書いたこのブログのお話を。

 

 

 

看板には社名が必要では?

 

というお話ですが、

 

こちらをご覧ください。

 

 

(※写真は少し加工してます)

 

広告募集の看板です。

 

よく見かけますが、やっぱり社名が載ってません!

 

 

不思議じゃないですか?

 

「社名がない」んですよ!?

 

電話番号だけ載っている看板を見て、電話かけます?!

 

 

 

これ、月に何件電話が鳴るのでしょうか?

 

業界人としては気になるところ。。。

 

社名がなくても電話が鳴るのなら、

 

デザインの幅も広がりますよね!

 

 

看板に載せたい情報はたくさんあるはず!

 

その中で優先順位を付けてデザインを決めていくのです。

 

 

ひとつでも候補が減れば、

 

その分、別の情報が広告できるのです。

 

 

 

それにしても、

 

「社名」って結構優先度が高い情報だと思うのですが、

 

皆さんはどう思います?


初めて尽くし

こんにちは♪

 

三代目看板娘のカンナです。

 

今回は「初めて尽くし」だったこの1カ月間のおはなしを。

 

 

まずはココ最近の一番の思い出!

 

 

人生初!結婚式に参列してきました。

 

新郎新婦ともに大学時代の先輩で憧れのおふたり。

 

 

光栄なことに二次会の幹事に任命されて!

 

初めての二次会が幹事参加でした(笑)

 

 

この日の衣装はレンタルドレスでしたが、

 

ここでもう一つの「初めて」が。

 

 

昨年の秋にショットヘアにしてから

 

初めてかんざしを挿しました☆

 

この日のために二連かんざしを初めて購入。素敵でしょ?

 

 

さて、次の「初めて」は

 

東京出張!

 

東京のお客様に会いに行きました。

 

 

日本橋に行ったので、数年前の邦画「新参者」の舞台、

 

「麒麟像」の前でぱしゃり(笑)

 

 

 

お昼はつけ麺♪

 

 

実はこれも初めてだったり(笑)

 

 

 

以上、「初めて尽くし」の日々でした☆


こんな駐車場あるの

 

こんにちはー

 

三代目看板娘のカンナです。

 

 

先日の東京出張で見つけたこの看板

 

 

みじかっ!!

 

十二分?じゅうにふん?12分!?

 

え、20分とかではないの?

 

30分200円とかでしょ?

 

 

「12分」という表記にビックリして思わずパシャリと(笑)

 

でも多かったです、「12分」とか「15分」とか。

 

 

これも福岡と東京の違いなのかー!!


イロの反転

 

こんにちは~♪

 

三代目看板娘のカンナです。

 

 

いきなりですが、皆さんこの会社さん、ご存知ですか?

 

そう、大手携帯電話SHOPのあの会社です。

 

でもちょっといつもと違くない?

 

ロゴマークの色、これだっけ??

 

 

そう、この会社のロゴマーク、白地に黒文字ですよね?

 

でもこの看板は色が逆になっていたのです!

 

 

きちんとその会社だとわかるのに、ちょっと雰囲気変わってイイ感じじゃない?

 

 

会社さんによってはロゴマークの使用に関していろいろと規定があるでしょうから、

 

簡単に色を変えられないこともあるかとは思いますが。。。

 

 

「コレはこの色!」って決まっているように見えるだけで、

 

実は変えてみるとちょっといい感じに変えられることがあるかも?