2017年10月の人気記事ランキング!

11月に入り朝晩かなり冷え込みますね。

 

これから寒い季節になりますが、体調に気を付けて頑張りましょう。

 

 

さて、2017年10月のランキングです。

 

第10位から4位まで一気に見てみましょう。

 

 

第10位 YOSHIKI初出張の巻!in 鹿児島

第9位 「優れたロゴ」とは?

第8位    EO FUKUOKA ローンチイベント

第7位   憧れの・・

第6位 どっちからも見えるって本当?両面のぼり旗

第5位 負け癖のレッテルを剥がせ!

第4位 働き方改革成功事例「あしたのチームアワード2017」で受賞しました

 

 

 

 

以上が10位から4位までです。 みなさん、どうでしたか?

 

 

 

それでは、次行ってみましょう・

 

 

 

第3位!
35億・・・

前回もランクインしてました。引き続き人気のページですね。

 

 

第2位
目新しくて便利な広告媒体ないかなぁというアナタ!
目新しいあの販促物の記事です。

 

 

 

 

 

栄えある第一位は!
テレビ出ちゃいました!(^^)!

35億…に引き続き、芸能ネタです!圧倒的アクセスで1位を獲得しましたよ(^O^)

 

 

11月もアクセスランキングつづきます。

次月のランキングをお楽しみに!


エア看板は昼も夜も頑張る。明日も。明後日も。いつまでも。

みなさん、エア看板知ってますか?

 

 

最近よく見かける「バルーン型の看板」です。

韓国発のPOPで日本でも流行っていますね。

 

 

 

当社も商社はもちろん通さず韓国直輸入です。

 

 

 

 

プロバスケのライジングゼファーフクオカさんにも導入しています。

 

この看板、コンセントに差し込むと空気が入り大きくなります。

 

 

普段はこんな感じなので持ち運べるし、収納も楽々ですね♪

 

 

更に、夜も光るんですよ。働かせすぎじゃないですかね?ブラック企業並みです。

 

 

エア看板に感動して手元がぼやけてしまいました。。

 

そんな「エア看板1企業に1台プロジェクト」を今作りました。

 

 

 

エア看板で、企業を目立たせ、企業を明るく!

 

 

ブラック企業に負けるなエア看板!

頑張れエア看板!

光り続けるんだエア看板!

 

 

おあとがよろしいようで。。

 

 

エア看板についてはこちら


時代遅れでダサい購買方法

連日投稿の山本です。
うざがらないでください。。。

 

 

さてさて、今日は「BtoBの購買は高いものを買った方がいい」というお話を。

 

 

どこの会社さんも「システム・販促物・その他いろいろ」購買をしていると思いますが、激安すぎる購買ばかり続けるのはダメだなと思います。

※残念ながら地方の企業に多いですね。コストカットのみで伸びてきたみたいな。

 

 

当社のクライアントでも伸びているところは「高くは買わない。適正価格で購買して、その価格以上に使い倒す」という傾向があります。

 

 

10年前のリーマンショックの頃は「とにかく安く」「徹底した相見積もり」でしたが、BtoBにおいてはちょっと時代遅れかなと思ってます
※というかそういう企業かっこ悪くて社員が働きたくないですよね。

 

 

逆に「買いたたく企業」は伸び悩んでます(事実)

 

 

理由をざ~と挙げますね。

・安く買うと、業者はそれ以上の情報やサービスを一切提供しない。つまり良質な情報が入らない
・安く買うと、業者が離れていく。
・安く買うと、安く売る3流の業者しか寄ってこないので、打合せする自社の社員も3流になる。
・安く買うと、(特に購買の社員さん)本当に高くて良いものの目利きができない。単なる買いたたくための門番担当になる。
・安く買うと、社員からダサいと思われる。(単なるケチって利益を上げる会社・・)
・安く書くと、販促物に限るとダサいデザイン・ダサい販促しかできない
・安く買うと、そのサービス自体を極めようと思わない。クラウドサービス導入したはいいが、社内で定着しないなどこのタイプ。安いからや~めた、と。

 

 

私は、高いサービスを買った場合、そのシステムやサービスを徹底的に堪能します。

 

 

せっかく買ったから徹底的にそのサービスを骨の髄まで調べ上げ、有効活用します。

 

 

確かに昔からうちとしては高額サービス買ってまして

・SFAのeセールスマネージャー
人事評価制度
あともろもろ。。

 

 

もう絶対に払った以上は取り返すという覚悟になりますね。

 

 

 

だから導入したものは間違いなく稼働します。

 

 

高い購買するというのはその企業・その社長・その担当者の覚悟の表われです。

 

 

なんでも「安く済ませて買う」時代は終わりました。

 

 

「しっかりお金を出し、そのサービスを対価以上に活用する」

 

 

これが正解ですね。


看板・のぼり旗広告物集客セミナーしましたin福岡市

はい、みなさんこんにちは。
連日投稿している代表の山本です。

 

 

エンドラインでは、おおよそ2か月に1回「のぼりや看板:集客できるデザインの作り方」みたいなセミナーを【無料】で行っています。

 

 

【無料】です。

 

 

しつこいですね。

 

 

 

世の中、WEBマーケティングのセミナーは多数あれど「のぼり」「看板」などのアナログ媒体のセミナーはほとんどないですね。

 

 

それも仕方ないのだと思います。

 

 

看板屋さんは現場に出る職人さんなので「集客とは無縁」の所にいますから。

 

なので、エンドラインではお客様にお役立ちの一環として無料でセミナーを開催しています。

 

 

 

 

たまに同業の方も(看板屋さん)も来られますが、全然問題なしです。どうぞ来てください。

 

毎回ほぼ「大満足」のアンケートを頂いています(^O^)

 

 

セミナー情報はコーポレートサイトで告知しています!

 

ご興味ある方は是非。


人事評価を運用するという事

こんにちは。エンドライン山本です。

 

またまた最近よく出てくる人事評価の話です。

 

 

当社はあしたのチームさんの人事評価制度を導入しています。

 

エンドライン用にカスタマイズした名前で「Endline Work  Style」名付けてEWSと呼んでいます。

 

先日アワードで賞をいただいてから、「人事評価ってどう?」とお問合せいただく事もあるのですが、
私は「御社のやる気次第じゃないですか?」と答えます。

 

冷たいですね(笑)

 

・・・・・

 

 

いやいや、ちゃんと解説します。

 

 

 

 

人事評価とは、部下を評価するためのものですが、評価するためにはそもそも目標をお互い握り合わないといけません。

 

 

 

「この3ヶ月はこういう目標達成しようね。」と。

 

 

 

その目標を達成する為に部下は努力し、上司は伴走するわけですね。

 

 

 

では、目標を決めるのはどうしたらいいいのでしょうか??

 

 

 

 

それは経営方針や経営戦略を基に目標を立てていくんです。

 

 

 

つまり、四半期で戦略や方針の整合性を取り、社員に周知【発表】し、文書にして配布しないと、人事評価は稼働しません。

 

 

 

戦略・方針を周知している企業ってどれくらいあるんでしょうか?

 

 

戦略を立てるだけじゃなく、周知が難しいんです。

 

 

また逆に人事評価を運用している中で、「あれ?方針や戦略がおかしいのでは?」と思うときもあります。

 

 

それは戦略と目標の整合性があっていないときです。

 

 

当社も道半ばでそういう意味のない目標を立ててしまう事もあります。

 

 

 

今後求められる良い企業像は、「全てをガラス張りにして、給与アップもダウンも、賞与も社長の気分やお気に入りで変わらない会社」です。

 

 

 

「本当に良い会社にしたい。」と思う社長だけ導入したらいいのだと思います(人事評価の会社はいろいろあるので合うところで)

 

 

 

私は「働きたい会社世界一を獲得します!」というVISIONがあるので、導入しました。

 

 

 

結果、3月に過去最高粗利益、6月にそれを塗り替え、10月にさらに塗り替えました。

 

 

 

 

評価制度で会社が変わるという意味は、「社員が変わる」と言う事、そして「社長や経営陣がしっかり戦略や方針を打ち出すことが出来る会社になる。つまり強い会社に変化出る」そういう事です。

 

 

 

※こんな会社で働いていてみたい!と思う方は是非。エンドラインでは、現在デザイナー募集しています。ご興味のある方は是非お問合せ下さい。


三代目看板娘2〇歳の誕生日。

こんにちは。エンドラインの山本です。

 

去る10月20日が三代目看板娘カンナの誕生日でした。

 

 

2〇歳になりました。まだまだ若いです。

 

 

当日は、社員全員からプレゼントをもらってましたよ。

 

 

中身はなんでしょうね~。秘密です(^^♪

 

 

エンドラインは社員がお互い誕生日を祝うしきたりがいつからかあるのです。

 

 

私がすごく良いことじゃないかな~と思ってますよ。

 

 

エンドラインは「のぼり旗日本一を獲得します」そして「看板業界でも日本一を獲得します」

一緒に働きたい方はぜひ。


おとこの脱毛、みんなの脱毛。

いきなりの汚い写真?ですいません!

 

 

エンドライン代表の山本です。

 

 

脱毛しました!44歳で。

 

いきなりなぜ??

 

 

実は、、、、

弊社のお客様が「あたりまえ脱毛センター」と言うお店をOPENしました。

 

 

 

男の脱毛、家族も脱毛、みんなの脱毛です。

 

 

 

お仕事はこんな看板のデザインをしました。

可愛い感じでしょ?

 

その他、販促ツール一式もご提案しました。

結構可愛らしく作成しました。デザインレベル高いでしょ?実は全て自社デザイナーによるものです。

 

しかし私は相当疑問がありました。あまりにも安いので。。。

 

そこでこんな質問をしてみました。

 

 

「こんなに安いのに本当に脱毛できるんですか?」

「できますよ」

 

 

なるほど、、、、

そこまで自信満々だとやるしかないです!

 

 

さて、レッツ脱毛!

 

 

内装はオシャレです。ドキドキわくわくの脱毛です。

 

 

 

毛深くはないですが、そこそこ男の足をしています(^O^)

 

さて、自分の脱毛は写真撮影できないので、一緒に行ったデザイナーの脱毛をご覧ください。

 

 

デザイナー。なぜか、笑ってます。

 

 

ヒヤッとして気持ちいです。全く痛くありません!

 

 

 

内股もほらこの通り!

 

 

 

こんな施術をして、こんな足が。

 

 

 

3週間後生えてもおかしくないのに、、、1回でこうなってます。

 

たったの1回なのにあまり、、というかほとんど生えていないんです。本当です。びっくり。

 

 

価格帯はこんなに安いんです~

 

 

 

この看板が目印です!

 

ここ!

 

平尾交差点です!

 

 

ちなみにデザイナーは、ミイラと言われておりました。。。

 

【店舗情報】

あたりまえ脱毛センター平尾店

福岡市中央区平尾2-3-15-3F

092-523-5524

WEBサイト:https://atarimae.net/


さあ、社旗を作ろう。

こんにちはエンドラインの山本です。

 

皆様の会社にはロゴがありますか?

 

おそらくどの会社様もロゴがあると思います。

 

折角なので、そのロゴを形にしませんか?


福岡市の社旗

 


福岡県の社旗

 


北九州市の社旗

 

ロゴマークを形にするだけで、なんだか愛着、愛社精神が湧きます。

 

 

素材は、トロマットと言う少し厚手の生地を使用することで、高級感を演出できます。

 

 

社内行事、セミナー、会社の目標など印刷すると社内の雰囲気も良くなりますね!


どっちからも見えるって本当?両面のぼり旗

こんにちは。

エンドラインの山本です!

 

 

昔からお客様によくこんな事言われます。

 

 

 

「両面ののぼり旗ってないの~?」と聞かれます。

 

 

 

今までは、「そうなんです。。。のぼりは片面なんです。。」と返答していました。

 

 

 

が、出来るようになったんです。

 

 

 

両面のぼり旗が!

 

 

こんな感じです!

 

表は~。

 

裏は役員石谷

 

 

1枚で2度おいしい。両面のぼり旗です。

 

 

価格もお手頃価格ですよ。

 


負け癖のレッテルを剥がせ!

私の人生を振り返ると

「何の特技もない小学生のころ」

「バスケをしても下手くそ補欠な中学時代」

「ハンドボールも補欠で途中で退部の高校時代」

「学校行くの止めてゲーセンでバーチャファイターにはまったがそれほど強くもならなかった大学時代」

「まったく受けない漫才をしていた福岡吉本時代」

 

と何だか出来ない人の典型にでした。

 

 

よくよく考えたら「自分はダメであまり勝てない人間だ」と自分自身で勝手にレッテルを貼っていたような気がします。

 

人は誰でも優れた能力があるのに、自分自身でレッテルを貼り、限界を決めてしまいます。

 

私のレッテルとは即ち「負け癖」の事で、負けることに何の違和感もない状態です。

 

もっと言うと他人に負けているのではなく、自分に負けていたんです。

 

 

自分との約束を守れなかったり(今一部ありますが・・・)すると自分自身への裏切りが続き、負け癖がついてしまいます。

 

 

一度レッテルを剥がしてみると本当に優れた自分が出てくるのかもしれませんね。

 

そして「人生の負け癖」を取りましょう。

 

新しい世界が見えてくるはずです!