集合写真

2019年もありがとうございました。

 

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

貴社の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

本年当社は、幕張メッセで開催された展示会へ初出展から始まり、

上海社員旅行、坂本一矢入社、SPORTEC出展、看板ディスプレイEXPO展示会に出展、

2020年度入社予定者1名決定、石谷1ヶ月間英語留学、しんきん商談会出展、

オキナワベンチャーマーケット出展、沖縄支社開設、高田沖縄1週間WEB修行など・・・

様々なことがありました。

交流会

 

 

来年も誠心誠意努力していく所存ですので、

より一層のご支援を賜りますよう、

弊社一同、心よりお願い申し上げます。

 

また、来年も2月5日(水)~7日(金)に

幕張メッセで開催されるEXPOに出展致します。

今回は新商品を多数お持ちする予定です。

詳細に関しましては、年明けに公開したいと思います。

よろしくお願い致します。

 

尚、弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

休業期間:2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

通常営業は6日(月)からとなっております。

休業中にいただきましたご連絡は

6日より順次担当の者からご返信させて頂きます。

何卒よろしくお願い致します。

 

時節柄、ご多忙のことと存じます。

くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気を付け下さいませ。

来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、

歳末のご挨拶とさせていただきます。

それではよいお年をお過ごしくださいませ。

集合写真

 


ビル

それぞれが見えている世界

 

最近コミュニケーション不全となっている企業が多く感じます。

 

昭和世代と平成世代のジェネレーションギャップはもの凄い差がありますね。

高度経済成長期またはその余韻に浸ってきた世代、バブルで謳歌した世代、バブルが弾け

た後の就職氷河期世代、そして最近の世代。

 

様々な価値観がある中で、組織を一つまとめるというは至難の業です。

 

そのような世代間ギャップを埋めるのは「経営理念」「VISION」「MISSION」しかないと思っています。(その辺りの話はまたどこかで)

 

 

世代間ギャップもそうですが、上司と部下間の考え方のギャップもすごいですね。

 

社長と幹部と中間管理職と若手社員。

 

それぞれ考えていることが全く違います。

 

私は朝礼等で社員さんに「見えている世界が違う事」を説明します。

 

ビルに例えると分かりやすいのですが

40階から見える景色

20階から見える景色

1階の路面店から見える景色

 

それぞれ違うと思います。

ビル

40階だとかなり遠くまで景色が見えますね。

20階はやや遠くまで見えると思いますが、障害物も多そうです。

1階の路面店では遠くは全く見えませんが、目の前の通行人の動きはよく分かります。

 

社長が40階、幹部が20階、若手社員1年目が1階と考えるとどうでしょうか?

街

社長は遠くの景色はよく見えますが、目の前の顧客の動きは見えません。

若手社員は遠くの景色は見えませんが、目の前の顧客の動きは手に取るように分かります。

幹部はその間でしょうか。

 

偉いとか偉くないではなく、役割が違うだけですね。

 

 

経営の意思決定において、目の前の顧客の動きがわかる若手社員の意見は重要です。

現場の若手の意見はとても重要です。

 

また、社長は稀に現場に出て、顧客の動きを見たほうがいいでしょうね。

 

弊社は規模が小さいので私自身同行営業や新規獲得も行っているので問題ありませんが、現場仕事をするとビルの40階には行けないので、短期的な戦術構築が多く、長期的な視野の仕事をする事が難しくなります。

 

社長は極力40階に上がり「社長の仕事」をした方が企業は発展すると思います。

 


crereaさん取材

クレリアさんから取材受けました!

皆様こんにちは。

エンドライン山本です。

 

先日、福岡県中小企業経営者協会のクレリアさんから取材を受けました。

ありがとうございます。

 

学生さん3名でインタビューと記事まで完成させています。素晴らしいですね。

 

 

スクーパーの取材記事として

「元お笑い芸人の、世界で一番働きたい会社」というタイトルで

記事を書いてくれました。

 

crereaさん取材

山本

 

エンドラインの事を学生さん目線で書いていただきとてもありがたいです。

 

エンドラインは今も、今後も新卒採用をガンガンやってます!

ご興味ある方はこちらより


山本

暑い夏のある日にお笑い芸人になった理由を思い出した。

こんにちは。エンドライン株式会社のCEO山本啓一(K-1)です。

 

今年の夏、重大な事を思い出しました。

ちょっとお話ししますね。

 

 

 

私は年に数回人生を振り返るようにしています。

生まれて今までの感情を掘りおこし、気付きを得るようにしています。

 

今年の事ですが、暑い夏のある日にすごく重要な事を思い出しました。

 

「お笑い芸人になった理由」を思い出したのです。

 

山本

 

今までインタビューやメディア記事などで

「なぜ芸人なったのですか?」とよく聞かれていました。

 

私は

「あまり働きたくなく俳優や音楽やいろいろ考えて

一番経験値が必要そうでないお笑いを選択しました」

と答えてました。

 

 

これはこれで間違いはないのですが、もっと深い理由があったのです。

ジョハリの窓で言う「自分も他者もまだ知らない自己の「未知の窓」(unknown)」ですね。

※ジョハリの窓はこちらをご覧ください

 

山本

 

私は小学校4年生の時、同級生の男子3名にいじめられていた時期がありました。

 

 

いじめと言っても今の様な陰湿なものではなく、

ランドセルを引っ張られたり、いろいろ文句を言われたりという類のものです。

※ちなみに今でもいじめのニュースには敏感で異常に反応してしまいます。

 

 

 

当時の私は深く傷ついていて、

土曜日の午前中の授業が終わるのが待ち遠しく1週間を過ごしていました。

 

ほぼ毎日泣きながら家に帰っていて、

母親は「学校に連絡しようか?」と言ってくれましたが

「余計ひどくなるから連絡せんで」と私は言いました。

 

いじめられっ子がいじめっ子にやり返すという事は現実は難しく、

既に心が防衛反応を越しているので全く持って戦えません。

 

そうこうしているうちに夏が過ぎ、秋が過ぎ、冬がやってきて年が明けました。

もちろんいじめは続いています。

 

 

 

進級すればクラス替えになるので、それを心待ちにする日々。

「あと2か月半くらいだな」と指折り数える夜を過ごしました。

 

 

そんな中、2月のとある日にいじめっ子3人が私の机にやってきました。

彼らは私に文句を言うでもなくじ~っとこちらを見ていました。

 

いつもと違う雰囲気だったので気持ち悪かったですが、

とりあえずその場をやり過ごそうと思い、目を合わせず教科書を片付けていました。

 

すると、一番ボスの子が口を開き

「おい、山本。なんかお前面白い事やってみろ!」と言ってきました。

 

当時の私はとても内気で、出欠の返事も出来ないくらい人前で話すことができない子でした。

 

私は凄く困ってしまいかなりモジモジしていたところ、

追い打ちをかけるように彼らは「早くやれよ」と言ってきました。

 

どうしようかと困っていたところ、もう何かやってやれ!と変に切れました。

 

そこからの記憶があまりないのですが、

私はめちゃくちゃ叫んで何かしたような気がします。

(緊張か、やけっぱちか分からないですが記憶が定かではありません)

 

それを見たいじめっ子たちは「お前面白いな!」と言って

いきなり肩を組んできて笑顔で接してきました。

 

その辺りが現代のいじめっ子とは違うところである意味漢気があるというか(笑)

 

その態度の変わりようにびっくりはしましたが、その後彼らと仲良くなりました。

 

結局翌日からいじめもなくなり、普通の学校生活を送る事が出来たのです。

その記憶が定かではない一発芸らしきものが、自分を救ったことを思い出しました。

私がお笑いをしようと思ったのも、

深層心理で「笑いは人をhappyに出来る」と思っていた事に気づきました。

 

一つの行動で周囲が一気に変わるというのもこの時初めて経験しました。

 

暑い夏のある日にお笑い芸人になった理由を思い出した話でした。

 

私が次「記憶が定かではない一発芸」をするときは会社の倒産危機が来たと思ってください。

 

※当社に興味があればいつでもご連絡ください

メディア関係の方はこちら

当社で働きたい方はこちら


ロールアップバナー

楽々ロールアップバナーの意外な活用方法

こんにちは。

代表の山本啓一(K-1)です。

 

朝晩かなり涼しくなってきましたね。

こういう時期に一番体調を崩すので体に気を付けていきましょう。

 

さて、最近かなり売れている商品があります。

 

なんでしょうか?

 

ジャン!

ロールアップバナー

それはこの子です。

ロールアップバナーです。

 

どこかで見たことがあるかとおもいます。

 

 

このロールアップバナーはいたる所で活躍します!

 

スポーツイベントに最適です!

(Bリーグライジングゼファーフクオカ様の試合会場にて)

ロールアップバナー

 

社内のパーテーション代わりとして

(クレドと社員の写真を掲載すると理念共有が進みます)

ロールアップバナー

 

講演会に!(EO Fukuokaの例会で使用中!)

ロールアップバナー

 

社員総会に!

会場装飾

 

合説・就活説明会ブースの装飾に

ロールアップバナー

 

 

ロールアップバナーの3つメリットは

1、持ち運び出来る!

2、軽い!

3、収納場所に困らない!

です。

 

 

 

組み立て方の動画をご覧ください。

 

たたみ方はこちらの動画をご覧ください


1社に1台!ロールアップバナーを是非!

>商品詳細ページはこちら

商品に関してご不明点やご質問がございましたら

お気軽にお問合せくださいませ。

>お問合せフォームはこちら

 


選手

アースフレンズ東京Z 2019-20ティップオフパーティー

当社は2019年より「アースフレンズ東京 Z」様のレギュラーサプライヤーとなりました。

 

2019年9月11日水曜日に、スポンサー、ブースターが一堂に集まり「アースフレンズ東京Z 2019-20ティップオフパーティー」が行われました。

会場は羽田空港 LDH kitchen THE TOKYO HANEDA!(おしゃれ!)

あの EXILE が所属する LDH グループの飲食部門です。

 

アースフレンズ東京Zは、大田区中心に地域密着している素晴らしい球団です。
どれだけ密着しているか?はこの写真でお分かりかと思います。

ポスター

ポスター

蒲田ですが街中にアースフレンズ東京Zの看板・ポスターがあちこちにありますね。

本当にどこでも見かけるんです。

 

さて、パーティーについてですが会場は羽田空港なので飛行機が見えてとてもおしゃれ。
開始前からド派手な演出です。

会場

全選手入場です。めちゃくちゃかっこいいですね。

選手

名前がわからんがめちゃくちゃ背が大きい外国人選手!カイル・ケイシーかな?

選手

大人気 Zgirls!かわいいです!

チア

今年はレギュラーサプライヤーとして支援させていただきます!頑張れ!

スクロール

今年のユニフォームはこちらです!選手もイケメン多し!

選手

そしてここでBリーグのボス「大河チェアマン」が登場です!
1チームのティップオフパーティーに大河チェアマンが来るとはすごいの一言です。

チェアマン

そして、新ユニフォーム姿で選手が会場を回ります。とにかく全員大きいので進撃の巨人状態です(笑)

選手

選手

選手

私は身長191センチの仁平拓海選手と1枚!パシャリ!

2ショット

締めの前にEXILE、ATSUSHIの弟分、MABUさんが登場し会場を盛り上げます。

MABU

MABU

今年はWキャプテン制らしく、柏倉選手益子選手の挨拶でしめました。

選手

最後は全員繋がって、気合を!今年のチームもとても期待できそうですね。楽しみです。

選手

最後は全員で「Z」の文字を作り記念撮影しました。大河チェアマン、山野社長みんなでZ!
さて、私はどこでしょ?当てるとのぼり旗10枚タダ!先着1名様!

集合写真

※写真はアースフレンズ東京Z様のメルマガより抜粋しています

 

今年は9月28日土曜日、片柳アリーナ(日本工学院専門学校)にてホーム開幕戦があります!

是非お越しくださいね。今年もBリーグで熱くなりましょう!

※試合スケジュールはこちら


未来創造経営塾

未来創造経営塾in長崎に参加してきました

 

 

こんにちは。

代表の山本です。

 

8月23日に九州ニュービジネス協議会が開催している「未来創造経営塾」に参加してきました。

 

 

未来創造経営塾とは何か?

 

自分を変える事で、会社が変わる!

未来創造経営塾

それをキャッチコピーに1年間九州各地を飛び回り、学んでいきます。

 

参加者の多くが、社長や後継者なのでとても忙しいのですが、1年間スケジュール管理を行い、各県で学んでいきます。

 

原則1泊2日で、1日目は座学と懇親会、2日目は各県の優良企業を訪問し学ぶというスタイルをとっています。

 

 

実は昨年1期生として1年間塾生として学びました。

とても良かったので、今年は九州ニュービジネス協議会の副委員として、主催側で参加しました。

 

 

昨年も良かったですが、今年もコンテンツがとてもいいです!

 

 

第一部はブレスカンパニーの坂東社長の「組織論」の講義を受けました。

どんな仕事にやりがいを感じるか

 

最近の若者と私達40代以上が全く違う価値観を持つ経緯について、そしてどうすれば価値観共有できるのか?

 

一例として、ティール組織をご紹介されていました。

味方・仲間

 

これからの上司と部下は、上下関係ではだめです。味方や仲間じゃなければいけないのです!

違和感がある方もいらっしゃると思いますが、時代なのだから仕方ありません。

私は「味方・仲間」の方がしっくりきます。

 

 

座学が終わった後は、お楽しみの懇親会。

1次会、2次会、3次会と

話は尽きません、、、

 

人

翌日は、長崎の超優良企業三菱重工業長崎造船所に企業訪問しました。

鎖国開国後の重工業を支えてきた三菱重工長崎造船所。

 

資料館には素晴らしい展示品の数々がありました。(お勧めSPOTです!)

館内

資料館

資料館

写真

資料館

日本を支えた技術にとても感動を覚えました。日本人はここまでできたのだから、日本の再興を信じています。

長崎造船所 史料館

 

 

最後はカッコイイ白いかもめで博多に戻りました。

新幹線

 

来期も未来創造経営塾3期をやるので是非参加してみてください!学びになりますよ。

 

※Youtubeより


下半期経営計画発表会

14期の下半期経営計画発表会を行いました!

こんにちは。

エンドラインの代表山本です。

 

去る8月3日に社内向けですが14期下半期経営計画発表会を行いました。

 

弊社が1月決算なので、8月からが下半期になります。

私が7月に方針を話して、上司と部下が1か月打ち合わせして、各部署が発表するという形です。

 

せっかくなので、社内総会用装飾を行いました(これがうちの商品たちです)

下半期経営計画発表会

 

左からエア看板ロールアップバナーインタビューパネル

バナナバナー七変化のぼり旗、右前の丸いPOPはビヨンドポップです。

 

記者会見

変な写真を撮影してしまいました。

 

 

 

さて、最初は私の下半期のポイント説明から。下半期の改善点をお話ししました。

山本プレゼン

 

そして、営業部からアクションプランの説明を

 

よしきプレゼン

 

カズプレゼン

 

 

 

続いてマーケティング部。WEBマーケティングでいかにリード客を増やすか?をお話ししました。

 

なつみプレゼン

 

続いて営業支援管理部。この部署は営業支援・経理・総務など

多岐にわたっているのでとても大変ですが、会社としても要の部署です。

 

江下プレゼン

 

山下プレゼン

 

最後はデザイン部。やる事は頑張ってデザイン作る事です(笑)

 

ヒラヤマプレゼン

 

会社からの目標の押し付けもありますが、発表してコミットしてくれたのであとは走るだけです!

 

世界の動向で景気は不透明になっていますが、エンドラインは14期の下半期頑張ります!


アースフレンズ東京Z

Bリーグ「アースフレンズ東京Z」様のレギュラーサプライヤーになりました!

こんにちは。

エンドライン代表の山本啓一です。

 

皆様に報告です。

 

 

この度エンドライン株式会社(福岡市)は

2019年~2020年シーズンにおいて、東京都大田区を中心として活動する

プロバスケットボールチーム「アースフレンズ東京Z」様の

レギュラーサプライヤーになりました!

アースフレンズ東京Z

 

「アースフレンズ東京Z」様のミッション

「日本代表が世界で勝利することに貢献する

世界に通用する日本人選手を輩出する」

に共鳴して、微力ながらサプライヤーとして

サポートさせていただくことになりました。

 

私が、山野社長の講演を直接聞いた事で心動かされました。

地域密着で、地元貢献をしているスポーツチームです。

 

 

弊社もスポーツを通じて地域貢献を支援していきます。

 

>アースフレンズ東京ZのWEBサイトはこちら


人が走る

人が増える事が会社の成長

 

こんにちは。

エンドライン代表の山本です。

 

当社は社員数9名の会社です。(2019年7月1日現在)

とてもとても小さな会社ですが、少し前までは4名だったので、

そこから比べると倍以上になっています(笑)

 

2020年新卒採用WEBマーケティングアルバイトも採用しているので、

まもなく10名は超えると思います。

 

世の中社員9名以下の会社が75%らしいので、10名超えると残りの25%に入りますね。

※出典:平成24年経済センサス‐活動調査 企業等に関する集計-産業横断的集計(企業等数)

ミーティング風景

 

社員10名の壁というものがあるらしいですが、何となく理解できます。

 

社員10名って仕組化しなくても仕事は回るのですが、属人的だと崩壊につながりますね。

 

 

 

さて、4名が9名、そして10名になっていくと何が起こってくるでしょうか?

 

社員10名になると、先述の通り仕組みの構築が必要になりますね。

 

 

そもそも誰が何をしているか?大枠は分かりますが、詳細まで分からなくなります。

さらに、上司への許可や質問事項が増え、やたらと時間が忙殺され始めます。

 

自分で言うのも何ですがその辺りは「仕組化」が上手なので、

既存のルーティンワークは指示無しである程度は回ります。

 

今後は社員の増加に対応するために、マニュアルやさらなる仕組化を構築しています。

会社の成長と共に社長である私、幹部、社員もやるべき仕事が変わっていくでしょう。

既に私自身は営業からは外れ、新規販路開拓の計画や開発を行っています。

人が走る

 

さて、社員が少しでも増えて良かったことは、組織配置の選択肢が増えたことです。

 

これは経営者にとっても、社員にとっても良いことです。

 

社員が4名の頃は、部署もなく、配置換えも出来ません。

それぞれ自分の長所だけでなく、短所で仕事する場面が増えます。

 

社員が増えると仕組化が促進され、自分の長所だけで仕事をすることができます。

 

コミュニケーション高い人は、外回り営業が合うし、

コツコツする人は事務的な社内作業に配置できます。

 

今は部署の原型が出来たので、あとはその部署に人を増やしていくだけです。

 

 

 

次なる課題は「リーダー育成」になります。

リーダー資質を持つ人を見抜き、育成していく。

武田信玄の名言「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」を心に刻み、

7月以降も邁進していきます。

城