採用ブース

採用ブース装飾ってどうすれば良いの? ~女性向けデザイン展開編~

 

『採用ブース装飾ってどうすれば良いの?』

というお悩みをお持ちではないですか?

 

今回はそのお悩みを解決します。

特に女性をメインターゲットにされている会社様への

このツールにはこの情報を入れようといった事をご説明します。

 

採用ブース

 

まず、全体としては優しい雰囲気のカラーリングが大切と言えます。

誠実さや信頼感よりも立ち寄りやすさが大事です。

女性が好みそうなピンクやパステルカラーを使いバランスを考えながら決めましょう。

そして、女性が働きたいと思うような読ませるコピーも使いましょう。

 

各ツールの詳しい使い方は下記の様な使い方が基本です。

 

・のぼり旗 ロールアップバナー

この2つのツールは足を止める為のツールで「求職者が最初に見る」ツールとなります。

その為に3秒以内に伝わる「興味を持つ」メッセージを入れる必要があります。

また女性らしい色を使います。一般的にはピンクが好まれる且つ、

女性自身も自分たちへのメッセージだと受け取りやすくなります。

更には目をひく要素があると良いでしょう。

女性の写真を使い、自分の働く姿を想像させ

女性が働きたくなるような目を引くコピーで

どんな会社なんだろうと思わせる事が必要です。

 

・イスカバー テーブルカバー

この2つは記憶に残す為の補助ツールです。

色々なメッセージを入れる事には向きません。

通路を通るときチラッと見る。説明を聞く際に見る。

このタイミングで見る物なので、メッセージ性は抑えつつ

シンプルに社名のみ、若しくは社名プラス一個とくらいがベターでしょう。

空間作りの一部だと思って下さい。

 

・タペストリー

このツールはイメージ付けのツールです。

説明時に背景となるので会社のイメージに直結しやすくなります。

どんなイメージの会社として記憶に残したいかを考えてメッセージや

ビジュアルを作りましょう。

今回の案だと説明の為のツールと言う事に重きを置き

女性が会社に求める3大要素をアイコンでまとめて文章を読ませます。

もっとこの会社を知りたいと思わせるようにします。

女性をターゲトとした採用ブースデザインの基本は抑えられます。

 

うちの会社はコレだ!と思ったらぜひ参考にしてください。

 

 


採用ブース

採用ブース装飾ってどうすれば良いの? ~社員・会社の雰囲気が魅力編~

 

『採用ブース装飾ってどうすれば良いの?』

というお悩みをお持ちではないですか?

 

今回はそのお悩みを解決します。

特に社員・会社の雰囲気が魅力という会社様への

このツールにはこの情報を入れようといった事をご説明します。

 

採用ブース

 

まず、全体としては明るい雰囲気のカラーリングが大切と言えます。

誠実さや信頼感よりも立ち寄りやすさが大事です。

コーポレートカラー(会社のイメージカラー)とのバランスを考えながら決めましょう。

そして、社員・会社の雰囲気が魅力なのですから、写真をドンッ!と使いましょう。

 

各ツールの詳しい使い方は下記の様な使い方が基本です。

 

・のぼり旗 ロールアップバナー

この2つのツールは足を止める為のツールで「求職者が最初に見る」ツールとなります。

その為に3秒以内に伝わる「興味を持つ」メッセージを入れる必要があります。

更には目をひく要素があると良いでしょう。

そこで、どんな職場なのかを完結に伝えましょう。

そして実際の社員さんが笑顔で写っている写真があると尚良いでしょう。

それも、ごく自然な感じで。

 

・イスカバー テーブルカバー

この2つは記憶に残す為の補助ツールです。

色々なメッセージを入れる事には向きません。

通路を通るときチラッと見る。説明を聞く際に見る。

このタイミングで見る物なので、メッセージ性は抑えつつ

シンプルに社名のみ、若しくは社名プラス一個とくらいがベターでしょう。

空間作りの一部だと思って下さい。

 

・タペストリー

このツールはイメージ付けのツールです。

説明時に背景となるので会社のイメージに直結しやすくなります。

どんなイメージの会社として記憶に残したいかを考えてメッセージや

ビジュアルを作りましょう。

今回の場合だと、何の仕事なのかが何となくでも伝わる写真が良いでしょう。

それでいて、笑顔の社員さんだと尚良しです。

 

これで社員・会社の雰囲気が魅力!な会社様の

採用ブースデザインの基本は抑えられます。

 

うちの会社はコレだ!と思ったらぜひ参考にしてください。

 

次回は~女性向けデザイン展開編~をお伝えします。
リンクはコチラ

 


デザインセミナー

「1時間でデザインがわかる!無料実践型デザインセミナー」開催決定!

いつも大変お世話になっております。

「人があつまる 人をあつめる 縁を線にする」

エンドラインのヒラヤマです。

 

『広告を作りたいんだけど、どうすれば良いか分からない。』

『デザインの事とか知りたいんだけど、何を学べば良いんだろう?』

何てことありますよね。

 

そんな方にぜひオススメしたいのは、こちらのセミナー

デザインセミナー

 

たった1時間で広告デザインの基礎がわかり、

自分で作るのも人に頼むのもサクッとできるようになります。

 

広告担当者になったけど、広告の頼み方も何をしていいのか分からない。

自分でデザインを作りたいけど、そもそもどこから手をつけて良いのか分からない。

そんなお悩みの声を時より頂きます。

そんな声にお応えしてセミナーを開催致します!

 

****************************

【セミナー内容】

広告デザインの基礎中の基礎~デザインって何だろう?

という疑問も解決致します!

また広告デザインを成立させる要点を『3つ』に纏めてご説明します。

実践型のセミナーですので貴社の作りたい広告に合わせて考えることができます。

****************************

作りたい広告がある方は内容・情報をお持ちください。

広告でなくてもやってみたい、聞いてみたいデザインのこと

個人的に学びたいデザインなどのご質問もOKです。

 

広告に使えるメッセージのテクニックや

広告デザインの簡単レイアウト術もお教えします。

広告デザインを知って頂いて、仕事の手間を減らして

効果的な広告作りを覚えて頂ければ幸いです。

デザインセミナー

ご不明点やご質問等ございましたら、

お気軽にお問合せくださいませ。

>セミナーお申込みはこちら

**************************

日時:2019年7月23日(火)16:00~17:00

場所:〒810-0001

福岡市中央区天神2丁目3-36 ibb fukuokaビル4階

担当:ヒラヤマシンゴ

お問合せ:info@endline.co.jp

**************************

皆様のご参加、お待ちしております。

 


エンドラインの歴史の裏側2009

エンドラインの歴史の裏側2009年~

エンドラインの歴史の裏側2009年

こんにちは、デザイナーのヒラヤマです。

 

エンドラインの最古株の私が

エンドラインの歴史を私の知りうる範囲で

書いて行こうと思います。

 

今回は2009年〜2012年頃の

エンドラインの迷走期について書いていきたいと思います。

 

2009年になると前回書いた心霊現象?のあった事務所から移転し

大橋の塩原に事務所を移します。

 

事務所は広くなり事務所が荷物でいっぱいになることもなくなり、数ヶ月後には江下が入社しエンドラインは益々、屋外広告業を邁進していく…はずでした。

 

しかし、このころから少しずつ迷走し始めます。

 

2009年9月にセミナー事業Fukuoka成長塾がスタートします。

Fukuoka成長塾の様子

ことのキッカケは代表・山本が知人のセミナーを聞いて感動し「より多くの人に聞いて頂きたい」と思ったことでした。

それが好評だったためイチ事業としてFukuoka成長塾が立ち上がります。

 

社内的も良い話が聞け、勉強になる良い機会だったと思います。

回を重ねるごとに規模も大きくなり、元ライブドアCEO 堀江貴文氏など著名な方々にも来て頂けるようになりました。

 

堀江貴文氏の会の際には代表山本をはじめ全員が浮き足立っていたことを覚えています。

 

そうこうしていると山本にも様々な講演やセミナーのご依頼を頂けるようになりました。

「セミナー事業って良いな」という漠然とした思いがあったのかなんなのか、ここからセミナーが増えていきます。

 

・二月に1度の『セミナー事業Fukuoka成長塾』

Fukuoka成長塾ロゴ

※「福岡に学びの場を」というコンセプトの元、様々な社長を招いてセミナーを開催。

 

・毎週水曜日の『福岡WEB実践塾』

福岡WEB実践塾

※日常的なweb運用について実践ベースで学んでいこう!というコンセプトで開催。

 

・社員がメインで週1回行う『ウルトラ元気勉強会』

ウルトラ元気勉強会

※広告の有用な活用法をベースとした勉強会。

 

・不定期で開催する『笑コミ研』

※代表山本が元芸人時代の経験を活かし行いコミュニケーション研修。

そうなると社内はどんどん混乱していきます。

 

営業は屋外広告の営業の合間にセミナーの集客を行い

経理事務は屋外広告の経理事務の合間にセミナーの事務作業を行い

デザイナーは屋外広告のデザインの合間にセミナー資料を作る。

 

となっていき、終いにはセミナー事業の仕事の合間に屋外広告の仕事をしているといった状態でした。

しかし会社を支えているのは屋外広告事業。

アンバランスな状態のままエンドラインは突き進みます。

 

2011年4月

現・取締役 石谷が新卒の営業として入社。

実はこの何屋さんか分からなくなっているころの唯一の功績とも言えるのが、石谷がインターン生としてエンドラインに来ていたことです。

 

インターン生として来ていたときの営業の先輩が全員いなくなっていた石谷はさぞビックリしたかと思います。

(辞めていった先輩方は、更なる成長を求めて東京へ行ったり、親族の企業の営業へと転身したりと各々の道へ進んで行きました。)

 

さてこの年の11月更なるエンドラインの大きな変化が訪れます。

うどん屋さん『大正倶楽部』オープンです。

うどん屋さん大正倶楽部

 

当時のエンドラインの方針は

「看板屋さん・のぼり旗屋さんは格好悪い」から「セミナー事業って格好いい」になり「飲食店って素敵」と考えが流れていったのだと思います。

 

代表 山本が「うどん屋をやる」と言い出したときも社内の空気は「ふ〜ん。なんか面白そうだし」くらいの空気でした。

 

結果うどん屋さんがオープンしてからは

セミナーをやりつつ、うどん屋さんの発展の為に尽力し、合間を見て屋外広告の仕事をしている感じですらありました。

 

社内は大分混乱していたと思います。

はっきり言ってしまえば業績も下がり続けていました。

 

ただ不思議なことにうどん屋さん自体は楽しんでいた気もします。

 

しかし僅か数ヶ月でうどん屋さんは閉店します。

時期を同じに様々なセミナー事業も終わって行きました。

 

このうどん屋さんで一つ大きな学びがありました。

「のぼり旗には効果がある」ということ。

のぼり旗を立てた商品は売り上げが伸びるんです。

この学びを得て、エンドランはまた、屋外広告の会社へと戻って行きます。

 

次回2013年〜2019までを一気にお伝えします。


エンドラインの歴史の裏側2008年版

 

こんにちは。デザイナーのヒラヤマです。

 

 

エンドラインの最古株の私が

エンドラインの歴史を、私の知りうる範囲で

書いて行こうと思います。

 

私が入社したのが2008年2月の末頃だったと思います。

当時の事務所は福岡市南区向かいの3階建ての建物の2階にありました。

経理が1人、営業が2人、事務が1人に私がデザイナー1人でした。

 

広さは今とさほど変わらない事務所だったかと思います。

隣には女性ばかりのテレアポの事務所があり、

終日電話の声が響いていました。

 

目標を大きく掲げ、倍々ゲームで成長していく目標が

壁にアルポリ出力で貼られていたことも覚えています。

※アルポリ出力:看板の一般的な制作方法。アルミ複合板と言われる板にインクジェット出力を貼ったもの。

 

エンドラインは、まだのぼり旗を中心にしている訳ではなく

「屋外広告からノベルティまで」といった感じの幅広い商品を取り扱っていました。

 

当時ののぼり旗業界は捺染が主流でした。

※捺染:繊維に染料でスクリーン印刷する方法。版画の印刷のようなもの。

 

今ほどのぼり旗のインクジェット印刷が発達していなかった為です。

 

ですので、その頃のエンドラインですが

代表の山本もバリバリの現場営業マンでした。

どちらかというと「気合い・根性」みたいな営業スタイルで

「安い!早い!」がウリだったように記憶しています。

 

忙しさのあまり意見を強くぶつけ合う光景も多々ありました。

年に数回は大量の梱包作業で、夜の深い時間まで残る頃もあったかと思います。

そんな時は大抵、営業の方が鼓舞するようにテンションが高かったことを覚えています。

 

そんな2008年ごろのエンドラインなのですが、

当時の事務所(現在は建て替わって別の建物になっています)

の2階の共用トイレに『お化け』が出る・・・なんて噂もありました。

北向きで、南側には別の建物が建っている事務所だったため、

日が落ちてくると、あっという間に薄暗い雰囲気になります。

その時間になると隣のテレアポの事務所の方も皆帰ってしまい、

エンドラインの社内からパソコンを打つ音だけが響くようになります。

そんなうす暗い雰囲気の中、誰もいないトイレから物音がする・・・というのです。

2階の男子用トイレを使うのはエンドラインの人間しかいません。

 

社内には全員いるというのに、男性用トイレから

カタン...カタン...と音が響いてくることがあるのです。

 

時には水滴が落ちる、ぴちゃ...ぴちゃ...という音がすることも。

まぁ、何かが風で揺れてぶつかったり、水道の閉め忘れだろうと

トイレを見に行くと音はピタッと止まり、水道も水滴なんて落ちていません。

 

おかしいなぁ・・・とデスクに戻り仕事を続けると

また、音が鳴り出すのです。

 

 

まぁ、こんな風に書きましたが、別にオチも何もありません。

ただただ、そんなことが起きる事務所だったよ。というお話です。

 

エンドライン自体は特段、何が起きる事もなく

次の事業所に移る計画が進んでいるだけでした。

次回2009年~2012年あたりの話へ続く。

 


失敗は可愛い。

 

こんにちは。デザイナーのヒラヤマです。

私は面白いモノが好きです。

その「面白い」の中の一つに誤字脱字の看板があります。

 

もちろん、私が誤字脱字のデザインをお客様に提出する訳にはいきませんが。。。

 

以前も記事にしたかもしれませんが、

ある飲食店が看板の店名を思い切り間違えたまま設置していたことがあります。

オーナーさん曰く

「自分もチェックの時、気付かなかったし、気付く人がいたらそれはそれで面白じゃん」

その発想も面白いなぁと思い、そのお店をより好きになったことを覚えています。

 

さて、何故そんな話をしたかというと、先月、会社で行った上海にこんな看板を見つけたからです。

 

「現場ごほります5分程きごます」

 

 

???????

 

下の英語を見る限り、おそらく

 

 

『現場で ほります。 5分程で できます。』

 

と書きたかったのでしょう。

 

画像をもとに日本語変換をしたのでしょうか。

正しくないですが、なんだか愛着が湧きます。

 

あ、でもスタンプは作りませんでしたよ。

どうせ作るなら自力でやりたいですし。

 

 

また、誤字脱字ではないのですが、

上海で行ったカフェバーのメニューに下記の様な表記があったんです。

 

whisky

-威士忌-

・Jack Daniel's

・ I.W. Harper

 

Scotch whiskey

-苏格兰威士忌-

・Macallan

・Bowmore

 

rum

-朗姆酒-

ラム

 

なんでラムだけ日本語付き!?

ってこともありました。

 

日本人はラムばっかり飲むイメージでもあったのでしょうか?

 

ということで、広告は伝えたい事を正確に伝えるべきですが、

失敗すると強烈に記憶に残ることもありますよ、って話でした。


同じお酒だけど味は違う。

 

こんにちは。デザイナーのヒラヤマです。

久しぶりに個人的なことを書こうと思います。

 

私は普段お酒を飲むときは、

「ジャックダニエルのロック」ばかり飲んでいます。

 

居酒屋さんにはあまりないですが、お酒をある程度おいているお店に行けば

大抵置いてあります。

 

同じお酒を飲み続けると、意外な楽しみも出来たりします。

それは、お酒に氷を入れただけのこの飲み物の味が、

お店によって違うという事。

 

その結果、このお店のジャックダニエルが好きだなぁとか、

このお店のジャックダニエルは苦手だなぁとか。。。

 

グラスの冷やし具合だったり、氷の溶け具合による加水の違いと

言ってしまえばそれまでですが。

 

同じ様な行程を踏んでいる同じものでも違いが出るって

どことなく絵にも似てるなぁと思います。

 

もっと言えば、デザインにも似ているのではないだろうかと。

 

同じように同じものを作っても違いがでる感じ。

 

すみません。こじつけです。

 

ただ、デザインも同じ内容で頼んでも、

デザイナーによって全く違うものが出てくるのは確かです。

 

故に、どんなデザインが良いかはデザイナーに丸投げするのではなく

しっかりと考えて、アレがいい!コレがいい!と色々伝える事も大切です。

 

つらつら語ってきましたが、何が言いたかったかというと、

「ジャックダニエル美味しいよ。」

というお話でした。


見切れるって言葉統一しませんか?

見切れるって言葉があります。

その言葉の意味が面倒なので統一したいという旨のブログです。

 

【見切れるってどんな意味?】

見切れる①

テレビ放送や演劇で、本来見えてはいけないものが見えてしまう。

「裏方スタッフが―・れる」

見切れる②

写真や映像で、フレームに人物などの全体が収まらず、一部が切れている。

「集合写真で端の人が―・れる」goo辞書より

もともとは①の意味で使われていた言葉です。

(私にとっての「見切れる」もコレです。)

それが何処でどう間違ったらそうなるのか

ほぼ逆の意味で使われだしたのです。

 

【だから統一したい】

ほぼ逆の意味で一つの言葉が使われています。

とてもややこしい事態です。

言いたいことが伝わらないからです。

デザインの指示ではもちろん、日常であっても

この「見切れる」が迷いや勘違いを生みます。

アナタが写真の端にいたとして

「そこ見切れているよ」と言われたとしましょう。

アナタは写真に納まるように移動すべきか、

写真に写らないように移動すべきか。どちらか分かりませんね。

本来の意味に統一したい。

 

【見切れる以外でもある、あの有名なことわざ】

犬も歩けば棒に当たる①

何かをしようとすれば、何かと災難に遭うことも多いというたとえ。

 

犬も歩けば棒に当たる②

出歩けば思わぬ幸運に出会う事のたとえ。

goo辞書よりこれも片方だけの意味しか知らない人もいるそうです。

ことを起こせと言いたいのか、余計なことをするなと言いたいのか。

「言ったことしかできないのか!」

と言われた後に「言った通りにやれ!」と言われたみたいな感じですね。

 

【ややこしい言葉は使わない】

「見切れる」を一例であげましたが、

ややこしい言葉は使わないことが一番だと思います。

「黒背景に白緑赤抜き文字」など言いたいことは分かるけど・・・

のようなものも多々耳にします。

分からない言葉や意味がややこしい言葉は使わないことが一番ですね。


ルートセッターとデザイナー2

 

さて、前回の続きです。

前回の記事「ルートセッターとデザイナー」はコチラ

 

前回

・ボルダリングの壁の突起の位置を創造する仕事がある。

・その仕事はただ配置を決めてルートを作るだけではない。

・ものを作る際にはその先を創造する。

 

といった内容で書かせてもらいました。

そしてデザイナーも似た様な仕事だと。

 

デザイナーの仕事は一般的に

「カッコいいものを作ること」と思われています。

間違いではありません。

 

それが「可愛いもの」でも「面白いもの」でもです。

 

しかしデザイナーが本来やっている事は

もしくはやろうとしている事は

デザインを見た人に「○○になってもらう(してもらう)」

と思ってデザインを行う訳です。

 

 

具体的に言うなら

ファッションデザインであれば

カッコいい服をつくって終わりではなく

 

カッコいい服を気に入って

その服を着た人が幸せになって欲しい!とか

 

もっともっと細かく考えると

自分に自信がなかった人がその服を着て

街を颯爽と歩いて

それをキッカケに自信を持って欲しい!とか。

 

もちろん、広告デザインも同じ様な面を持っています。

だから、極論広告主様の好みは無視してデザインして

「好みじゃない!」「ダサい!」と言われる事もあります。

 

大事なのはデザインの見た目だけではなく

そのデザインを見る人(広告主のお客様)がどうなるか、なのです。

 


ルートセッターとデザイナー

こんにちは。

デザイナーのヒラヤマです。

 

皆様、ボルダリングはご存知でしょうか?

壁を登るアレです。

 

ボルダリングというスポーツには

壁をどんな風にするか、

壁についているボールド(カラフルな突起の部分)を

どう配置するかを決める「ルートセッター」という仕事があります。

 

私も詳しい訳ではありませんが。

ただ、そのルートセッターさんがどのように配置するかで

難易度は大きく変わります。

 

ただ、登れるようにとか

格好良く配置すれば良いというものではありません。

 

さらに言うなら

こう配置したら登る人はこうなるなぁ・・・とか

見ている人からすると、こんな見え方するなぁ・・・とか

そういった事を考えて設置位置を決めなければなりません。

 

普通にボルダリングを見ているだけだと気づきませんね。

 

ようは、設置位置を決める事が目的というよりも

その先にあるもの、その先に起きる事を作り出すことが

仕事なのだと思います。(詳しくないので個人的解釈ですが)

 

 

なぜこのような話を書いたかと言いますと

デザインも似たような仕事だからです。

 

一般的な知名度でいえばありますが

何をやっているかと「デザインを作る」事だと思われています。

もちろん間違いではありません。

デザイナーも、ものを作ったその先を作る事が仕事です。

というか、大抵の仕事は目に見えている部分の先を作る仕事だと思いますが。

 

長くなりそうなので

デザイナーが作っている「その先」については次回書きます。