現在、弊社には既製品の取り扱いはありません。

オリジナルのぼり旗のみの取り扱いです。

 

5年程前は取り扱っていない事もない程度には

取扱いがありました。

 

その頃(約5年前)に1件のお問合せが。

 

 

 

「激辛ペペロンチーノ¥580って既製品ない!?」と。

 

 

 

無いです。

そんなピンポイントな既製品ありません。

「激辛ペペロンチーノ」だけでもニッチなのに

「¥580」までつくと完全にありません。

ということでその時はお断りしたのですが・・・

 

 

なんと!今回!

デザイン起こしました!

 

激辛ペペロンチーノ¥580

5年前のご要望にお応えして。

 

「あ~¥720のが欲しかったなぁ」

「あ~¥980のが欲しかったなぁ」

 

 

 

 

というアナタ。

 

 

 

 

ご用意しました。

 

 

 

3種類の価格に対応できます。

 

「いやいや・・・激辛じゃなくてさ」

 

 

というアナタ。

 

「あ~旨辛のが欲しかったなぁ」

「あ~甘辛のが欲しかったなぁ」

 

 

 

というアナタ。

 

 

 

なんと今回

 

ご用意しました。

 

と、今回いろいろ作ってみましたが

結果的にオリジナルのぼり旗ですね。

既製品というのは一般的な言葉で、

且つ限定性が低く、当たり障りのないものしかありません。

 

年に1枚も売れないものは作りませんしね。

そういった意味でオリジナルは良いですよ。

「激辛ペペロンチーノ¥580」も作れますからね。

ヒラヤマシンゴ

デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます