こんにちは!新人おなつです(^^)

今回は、サイバーエージェントCEOである、藤田晋さんの「成長論」についてです。

私は、「成長したい!」と思い、今の会社に入社を決めました。

ありがたいことに、毎日「成長できる環境」を与えてもらっています。

それと同時に、

「与えられた環境で、より成長するには、どう行動していけばよいのか?」

と悩んでいます。

しかし、この「成長論」を読んで、その悩みを打破できるヒントを見つけました!

 

それは以下の3つです。

1.「整理」より「捨てて、絞る」(44ページ~47ページ)

2.あえて空気を読まない応用力を持つ(86ページ~89ページ)

3.ミスを恐れず、素直さを忘れず(148ページ~151ページ)

 

1.「整理」より「捨てて、絞る」(44ページ~47ページ)

突然ですが、「資料の管理」ってできていますか?

資料の管理とは、

「どの資料にどういう情報があるか把握できている」状態を言います。

おそらく、資料が大量にありすぎて、できていない方が多いと思います。

(私もできていません…。)

 

これについて藤田さんはこのように述べています。

・物や情報を残せば残すほど、増やせば増やすほど、

大事なことを見落とすリスクが高まると考えています。

・余計な選択肢が増えるに連れて、大事な物事の検索性が低くなって

効率がおちたり、見落としが増えます。

こうなると、自分をうまくマネジメントすることが難しくなります。

 

では、大量の資料をどのように管理すればいいのでしょうか?

 

そう、それは「物や情報を捨てたら」いいのです!

実際に藤田さんも、営業マン時代に、一気に、

山積みの資料を全部捨てていたらしいです。

ポイントは「どれだけ潔く捨てられるか」です。

しかし、「どこかで使うかも…」と思い、

すぐに、捨てられない方が多いと思います。

(私もその中の1人です…。)

しかし、藤田さんの言葉を聞いてハッとさせられました。

 

それは、

・そもそも仕事は「次々消していくもの」です。

「ToDoリスト」をイメージしてみるのもいいでしょう。

捨てられずに物や情報をため込む人は、ToDoリストでいう、

「本当に大事なタスクをやり忘れてしまう」

と同じくらいのリスクを抱えていると言えます。

 

たしかに、終わった仕事や、使わなくなった資料は、

「潔く」捨てないと、次の業務に支障が出てしまうかもしれませんね。

 

それを防ぎ、「情報の一元管理する」ため、私は今後、

①仕事を頼まれた瞬間に、その内容を付箋に書き、

自分のパソコンに貼り付けます。

ノートパソコン
パソコンの画像

 

②それが終了したら、その付箋をすぐに破棄します。

この手順で管理していきます。

また、紙の資料においては、大切なところのみ

Googleドキュメントに書き写し、紙は破棄します。

ゴミ捨て
紙の資料を破棄する画像

 

このように、「捨てる」ことで自分をうまくコントロールし、

成長してみせます!

 

2.あえて空気を読まない応用力を持つ(86ページ~89ページ)

「空気を読む」それは生きていく上で非常に大事なことだと思っています。

実際、私も空気を読み続けて生きてきました。

しかし、「空気を読みすぎて」意見を言うのをためらったりし、

「あの時、空気を読まずに伝えられたらよかった…」と後悔することも多いです。

 

このような私のような人を、藤田さんはこう述べています。

・「空気は読めるが、それだけ」という人であります。

・そのような人は一見、黙認せずに意見を言っているような人でも、

「何かを言っているようで実は何も言っていない」

というケースも見られます。

会議
話している画像

 

その通りです。私は人の目を気にしすぎて、

当たり障りのないことばかりを言ってきました。

たしかに、「空気を読むこと」はビジネスの世界では必要です。

(藤田さんも同じように言っています。)

しかし、「空気を読み過ぎ」たら、

「個性をつぶしてしまっている」状態と一緒になります。

 

さらに藤田さんはこのように言及しています。

・ほどよく空気を読む力を持ちながら、そのうえで置かれた状況に応じて

“あえて空気を読まない”選択をできるかどうか。それができるようになれば、

ビジネスパーソンとして1つ上のステージに上がれると思います。

 

たしかに、他の人と同じように「空気を読む」ことばかりしていると、

「ビジネスパーソン」として、頭一つ抜き出るなんて到底できませんよね。

しかし、「空気を読む」ことばかりしている私にとって、

「あえて空気を読まない」言動をすることは、非常にハードルが高いです。

 

これに対し、藤田さんは、以下のようにアドバイスしています。

・空気を読みつつも、「空気を読まないで行動するとどうなるか」

とイメージしてはどうでしょう。

そうすれば、単に空気を読めて満足してしまうことはなくなります。

 

たしかに、すぐに「空気を読まない言動をする」のではなく、

「それをイメージすること」だったら始めやすいですよね(^^)

よって私は今後、会議や社員間の会話の中で、

「空気を読まない行動」と「その行動をしたらどうなるのか」

をイメージして、それをすぐにメモをし、蓄積することを始めます。

このように、まず最初は、人の見えるところではなく、

「自分だけの世界の中」で「空気を読まない言動」を想像し、

自己成長へつなげていきます!

 

3.ミスを恐れず、素直さを忘れず(148ページ~151ページ)

「新人なんだからミスして当たり前!」

とよく発言していたり、耳にしたりしていませんか?

正直な話、私も含め「そんなの、言われなくても分かってるし!」

と思っている新人が多いです。

しかし、彼らは「新人なんだからミスして当たり前!」

ということを「心の底から」理解しているのでしょうか?

おそらく、そういった新人は少ないでしょう。

少なくとも私は、

「ミスして当然と言われるけど、実際にミスしたらどうしよう…。」

とミスに対して「恐怖心」があり、「ミスして当たり前!」

ということを「心の底から」は理解できていません。

 

藤田さんは、こういった、私のような考えを持っている人へ

以下のメッセージを送っています。

・若手ビジネスパーソンには、「ミスしてなんぼ」の気持ちで、

積極的に仕事をしてほしいと思っています。

・特に入社後の数年間は、「ミス=心を鍛える最高の機会」

と考えるくらいでちょうどいいでしょう。

 

この文を読んだ瞬間、目から鱗が落ちました。

「ミス=心を鍛える最高の機会」と解釈できることに

初めて気付いたためです。

これまで、「ミスすること=ダメなこと」と解釈していました。

しかし、「事実は1つでも、解釈は無限大」といった言葉もあるように、

同じ事実でも、解釈次第で全く違った捉え方ができます。

今回で言うと、「ミス=心を鍛える最高の機会」といったように、

「自分にとってプラスとなる解釈」をすれば、「ミス」の捉え方も

変わり、「ミス」に対して恐れる必要もないのです。

よって私は、「ミス=心を鍛える最高の機会であり、成長に必要なもの」

と捉え、ミスを恐れず、挑戦していきます!

人の画像
輝く人の画像

 

以上3つが特に印象的な部分でした。

しかし、この3つ以外にも「成長のためのエッセンス」

がこの一冊にたくさん詰まっています。

みなさんもこの「成長論」を読んで、

「自分の成長」につなげられる考え方や行動を

見つけてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

本の表紙
成長論という本の表紙の画像