こんにちは!新人おなつです(^^)

今回は、「成功曲線を描こう」についてです。

まず前提として、この本での「成功」とは、

「目標を持ち、自信を持って人生を送っている人、

またはその目標を確信している人」

のことをいいます。

その「成功」のために、

「夢をかなえる仕事のヒント」がこの本に書かれています。

その中でも特に印象的だった部分をご紹介します(^^)

 

それは以下の3つです。

 

1)`見えない枠´を取り外そう(18ページ~21ページ)

2)`三日坊主´は悪くない(53ページ~54ページ)

3)過去に生きる人と未来に生きる人(195ページ~197ページ)

 

1.`見えない枠´を取り外そう(18ページ~21ページ)

みなさん、「所詮自分はここまでだ…」

と決めつけていることってありませんか?

私の場合、非常に多いです。

なにかと理由をつけて、

「まぁこのくらいでいいだろう。」「これが自分のレベルだ。」

と思ってしまうことが多々あります。

 

このような人に対して筆者はこのように述べています。

・成功しようと思った時に、あなたがまず見直さなければいけないのは、

あなたの考え方や習慣です。

 

ハッとさせられました。

私は「どうせ自分はここまでしかできない」と、

勝手に「見えない枠」を設定してしまっていたのです。

そして、筆者はこのように言及しています。

・あなたを取り巻く現在の環境は、あなたの性格の反映でつくられている。

それに気づくことが、とても大切なスタートになります。

走る人
スタートを切った人の画像

 

たしかに今の私は、幼少期の環境の影響を大きく受けています。

だって、5歳の時に父から言われたことを、今でも忘れず守ってますもん(笑)

このように、幼い頃の環境や、人から言われたこと、経験したことで

「今の自分が作られている」と言っても過言ではありません。

それは、みなさんにも当てはまるのではないでしょうか?

まずはそれに気づいて、「成功」への道への

スタートラインに立つことが重要です。

 

また、筆者はこう続けています。

・まず周りを眺めてみましょう。

「もうしかしたらそういう考えもあるのかも」、「ちょっとやってみようかな」

という「簡単な決意」をし、「小さい環境から飛び出す」

これが真の意味での自立の始まりです。

 

たしかに、「自分だけの世界」ではなく、

「周りを眺める」ことによって、「今まで見えていなかった世界」

が見えてきそうです!

なんか「見えていなかったものが見える」ってワクワクしちゃいますね♪

 

よって、これから私は、「自分の限界」を勝手に決めないことにしました!

「自分はこんなもんじゃない!」「まだまだできる!」と自分に言い聞かせて、

行動していきます。

また、「やってみたい」という気持ちが芽生えたら、先延ばしせず、

まずは「どういった方法があるか」を調べ、実行へのプロセスを紙に書き出します!

「とりあえずやってみる精神」で「成功」に向かっていくぞ~!

明るい女性
気合を入れている女性の画像

 

2)`三日坊主´は悪くない(53ページ~54ページ)

みなさん「三日坊主=よくない」と思っていませんか?

少なくとも、私は「三日坊主=よくないこと」と認識しています。

しかし、そう思っているのにも関わらず、私は世界で5本の指に入るのでは!?

というくらい「三日坊主」です。

例えば、ダイエットする!と決めて家で筋トレを始めても、

4日間続いたことはありません。

また、本を毎日20ページ読み、一週間で本一冊を読み切る!と決めても、

最終日に一気に本を読み終わることも多々あります。

悩む女性
考え込む女性の画像

このように私は、「三日坊主はよくないと分かっているが、改善できない」

状態なのです。ではどうすれば改善できるのでしょうか?

 

 

筆者は次のように述べています。

・三日坊主は決して悪いことではありません。

三日坊主を一年間やると、一年間の四分の三の期間、

努力したということになり、一年間でたいへんな成果が上がります。

 

「三日坊主」に対してすごくポジティブな解釈だ!!!と感じ、

なんだか、自分を肯定された気がして、清々しい気持ちになりました!

私って非常に単純ですよね(笑)

 

また、このように続けています。

・人には疲れる日だってあります。そういう時は気分転換をし、

次の日からまた続ければよいのです。

・たとえ失敗したとしても、あきらめないで続けた人が成果を上げるのです。

 

「自分は三日坊主だから」と「落胆」し、諦めるのではなく、

「三日坊主」を「反省」し、次の日から再度、その行動を始める。

こうすることで「三日坊主の行動」が「習慣化」されていくと思いました。

 

よって私は、まず「三日坊主=悪いことではない」という解釈に変更します!

そして、今まで三日坊主となっていた、ダイエットを再開し、

たとえ以前のように「三日坊主」になったとしても、それを「反省」し、

翌日からまた始めます。

このように小さい一歩を積み重ねて、習慣にしていきます!

 

3)過去に生きる人と未来に生きる人(195ページ~197ページ)

突然ですが、「家」を想像してください!

家の画像
家のイラスト画像

 

「現在自分が住んでいる家」を考えた人は、

「現在や過去の出来事に関しての情報」を多く持っている人。

一方、「今後建てたい家」を想像した人は、

「これから起きる、未来の出来事に関しての情報」

を多く持っている人だそうです!

 

前者の人は、「過ぎてしまったこと」に対して、

「後悔」してしまうことが多いのではないでしょうか?

そういった人を、筆者は「過去に生きる人」と言っています。

逆に、後者の人は、「未来に生きる人」と述べており、

そのような人は「これからこうしていきたい!」などといった、

「目標思考が溢れ出ること」がよくあるのではないでしょうか?

このような「未来に生きる人」こそが

「成功者型」、「積極的で前向きな人」と呼ばれるそうです!

 

・未来のイメージを描けるか描けないかは情報の量に大きく左右されるので、

成功していこうと思ったら、未来の出来事に関する情報を増やそうと

務めることです。

この一文は「太字」で強調されていました。

筆者がよほど伝えたいことなんでしょうね!

 

このことから私は、「過ぎてしまったこと」に対して「後悔」ではなく、

「今後、同じようなことが起こったらどうしていけばいいのか」

と「未来を見据えた」イメージをしていくと決めました!

「過去の出来事を未来に活かす」このことを繰り返して成長していきます!

走っている人
未来に進んでいく人の画像

 

以上3つが、この本から学んだことです!

もちろん「成功」の解釈は人によって違います。

しかし、解釈は違えど、「成功」へのアプローチ方法は似ていると思います。

ぜひ、みなさんも私と一緒に、この本を読み、「成功曲線」をイメージして行動し、

「成功」をつかんでいきましょ~!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

本の表紙
「成長曲線を描こう」という本の表紙の画像