こんにちは!新人おなつです(^^)

今回は、新卒のバイブル本である「入社1年目の教科書」についてです。

入社2ヶ月目に入り、本格的に会議などに参加する機会が多くなりました。

そういった場面での心得はもちろん、そもそも「仕事」に対して、

どのように取り組めばいいのかなど「仕事の基礎」を多く学ぶことができました!

その中でも特に印象的だった部分をご紹介します(^^)

 

それは以下の3つです。

 

1.50点で構わないから早く出せ(5ページ~8ページ)

2.質問はメモを見せながら(45ページ~47ページ)

3.何はともあれ貯蓄せよ(207ページ~210ページ)

 

1.50点で構わないから早く出せ(5ページ~8ページ)

これは、「仕事における3つの原則」(3ページ~12ページ)

のうちの1つです。

 

そもそも3つの原則とは、

・頼まれたことは、必ずやりきる

・50点で構わないから早く出せ

・つまらない仕事はない

のことを指します。この3つがどんな仕事にも当てはまる原理原則です。

 

1つ「え!?」と思った箇所がありませんか?

私は「50点で構わないから」という箇所に目をひかれました。

というのも、この本を読む前の、私が抱いていた仕事のイメージは、

「どれだけ時間がかかったとしても、常に100点を超える

アウトプットを上司に提出しなければならない。」

といったものであったからです。

そのため「50点で構わないから」に対して

大きなギャップを感じました。

さらに筆者は以下のようにも言及しています。

 

・リソースは、資料や情報だけではありません。

上司や先輩の力をうまく使い、総力戦で仕事をすすめていってほしいです。

 

この文を読んだ瞬間、「上司に質問する」ことは、

「情報収集」に含まれると気付きました。

今までの私にとっての「情報収集」は、本やインターネットなどを使って

「自力で調べること」でした。そのため、よほどのことがない限り、

安易に上司に質問してはいけないと思っていました。

しかし、「上司に質問することも情報収集の1つである」

と考えを改めたら、上司に質問をすることへのハードルが低くなりました。

そして、「50点で構わないから早く出せ」に対しても、

「完璧でなくてもいいから、早く上司に提出し、情報や改善案をもらいながら、

仕上げていく」ことで最終的に質の高いアウトプットができると感じました。

捉え方次第で、物事って全然違った見方ができるのですね~!

よってこれからは、

「提出物の質は50点、スピードの速さは100点」にこだわります。

具体的には、長期のものだと締め切り前日まで、

短期的なものは、指示を受けたその日のうち

までには、アウトプットしたものを上司に提出します。

走っている人
スピード重視の画像

 

しかし、なりふり構わず、何でもかんでも上司に聞けばいいという話ではありません。

聞き方にもコツがあります。

それが次の「2.質問はメモを見せながら」です。

 

2.質問はメモを見せながら(45ページ~47ページ)

これは、本編の8項目目に書かれてあります。

まず大前提として、質問する前に自分で調べることが必須です!

本ではこのように書かれています。

 

・予習、つまり自分なりの準備をしてから質問するのが、正しい質問の仕方である。

 

聞く前にあらかじめ、どこがわからないのかはっきりさせないと、

ただの時間の無駄になると思います。何事にも準備は必要ってことですね!

 

さらに、筆者はこのように言及しています。

・助言を紙に書いてきてくれたのが理解しやすかったと同時に、

嬉しさを感じたことを覚えています。

・質問をするときには、その紙を上司や先輩に見せながら行ってください。

 

この部分を最初に読んだとき驚きました。

なぜなら、質問は口頭のコミュニケーションのみでも

伝わりやすいと思っていたからです。

しかし、言われてみれば、パワーポイントでのプレゼンテーションのように、

要点だけでも書いた方が伝わりやすいです。

(実際に人間の得る全情報の80%以上は、

「目」が担っているというデータがありますし。)

さらにパソコンなどでのデータ上ではなく、「紙」に書くという点にも驚きました。

このご時世、テレワークも推奨されており、一気に「デジタル化」

がすすめられていますが、「アナログ」な「紙」を使う…?

 

その理由として筆者は次のように述べています。

・言葉が紙に残されていることで思考も残るからです。

 

たしかに、手で書いた方が覚えやすいですし、整理もしやすいです。

そして、そういったメモがあることにより、「質問する前に準備したんだ」

といった、いい印象も持たれます。

質問する側も、される側もメリットしかないため、

これはまさしく、目から鱗の情報ですね(^^)

 

よってこれから、

①わからないことがあったら、その都度ノートにメモをする。

②メモしたことについて3分調べる。

③調べてもわからないものに関しては、仮説を立て、

メモを見せながら上司に聞く。

こういった手順で質問していきます。

紙に書いている人の画像
メモを取っている画像

 

3.何はともあれ貯蓄せよ(207ページ~210ページ)

これは、本編の49項目目に書かれてあります。

まさか両親以外の人に言われるとは…!とびっくりしました(笑)

私は毎月20,000円を貯金することを目指しています。

(今のところ順調です。「今のところ」はね…。)

しかし、お金は「貯める」のではなく、「勉強のために使うもの」

ではないかと思い始めていました。

 

しかし、この本ではこう書かれています。

・貯蓄をして原資を作り、投資をするためにお金の勉強をする。

そのプロセスの中でお金に詳しくなっていくでしょう。

 

読んだ瞬間、

「そうだ、お金を貯めながら勉強していけばいいんだ!」

と世紀の大発見をしたかのような感覚がありました。

お金は「貯める」ものでもあり、「使う」ものでもあるのです。

少額であっても、それを積み重ねて貯金していけば、やがては莫大な額になり、

同時に十分な知識もあったら、チャンスは無限大に広がります。

つまり、「貯金と勉強は未来への投資」なのです。

よって今年は毎月20,000円貯金を続けていきます!

豚の貯金箱
貯金をしている画像

 

以上3つが特に印象的な部分でした。

前提として、本に書かれてあることは、全て大切なことであり、

身につけないと成長することが難しいです。

よって「とりあえずやる!」と行動にうつす必要があります。

ですが、いきなり全部行動にうつすのは難しい方が多いと思います。

そういった方は、私のように、印象に残った部分から少しずつ取り組んでいきましょう!

何事もスタートは大切です。

「入社1年目」という、第二の人生の幕開け。

この本を読んで、勢いのある1年にしていきましょ~(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

本の表紙
入社1年目の教科書という本の表紙