こんにちはヨシキです!

 

エンドラインは不動産業界のお取引が多いです。

その割にあまり不動産のことについて知りませんでした。。

 

まだまだ未熟ですが、

不動産業界のことについて

本とセミナーで学んだことを

3つピックアップしてご紹介します!

不動産の教科書

 

1つ目は

不動産業界の規模の大きさです。

国内総生産に占める割合は10パーセント以上、

国民資産の2割が不動産・・

という数字。

考えてみれば、ほとんどの人が家や駐車場など、毎月不動産の支払いがあるなと気付きました。

 

2つ目は

リフォームとリノベーションとDIYの違いです。

工事の規模だけでいうとリノベーションが1番大きいんですね。

日本でも、ヨーロッパのように持続可能な社会に向けて

リノベーションやリフォームやDIYなどがもっと増えていくのかなーと思いました。

ちなみに、イギリスは9割が中古市場のようです。

 

3つ目は

地震による耐震基準の改正です。

日本は地震大国。そのためか、大きな地震があるたびに耐震基準の見直しが行われているようです。

ですが、最近では地震だけじゃなく大雨や台風などの災害全般に対して個人が備えていく必要がありますね。

 

ということで、不動産と一括りで言っても

一戸建てやマンションやパーキングなど用途も色々で

金融から建設のことまで必要な知識が多岐に渡ることが分かりました。

ふれんず

よく分かる不動産業界

人々の生活に密接に関係しているからこそ、とても奥が深く複雑な業界。

まだまだ、学びが必要のようです。