『採用ブース装飾ってどうすれば良いの?』

というお悩みをお持ちではないですか?

 

今回はそのお悩みを解決します。

特に社員・会社の雰囲気が魅力という会社様への

このツールにはこの情報を入れようといった事をご説明します。

 

採用ブース

 

まず、全体としては明るい雰囲気のカラーリングが大切と言えます。

誠実さや信頼感よりも立ち寄りやすさが大事です。

コーポレートカラー(会社のイメージカラー)とのバランスを考えながら決めましょう。

そして、社員・会社の雰囲気が魅力なのですから、写真をドンッ!と使いましょう。

 

各ツールの詳しい使い方は下記の様な使い方が基本です。

 

・のぼり旗 ロールアップバナー

この2つのツールは足を止める為のツールで「求職者が最初に見る」ツールとなります。

その為に3秒以内に伝わる「興味を持つ」メッセージを入れる必要があります。

更には目をひく要素があると良いでしょう。

そこで、どんな職場なのかを完結に伝えましょう。

そして実際の社員さんが笑顔で写っている写真があると尚良いでしょう。

それも、ごく自然な感じで。

 

・イスカバー テーブルカバー

この2つは記憶に残す為の補助ツールです。

色々なメッセージを入れる事には向きません。

通路を通るときチラッと見る。説明を聞く際に見る。

このタイミングで見る物なので、メッセージ性は抑えつつ

シンプルに社名のみ、若しくは社名プラス一個とくらいがベターでしょう。

空間作りの一部だと思って下さい。

 

・タペストリー

このツールはイメージ付けのツールです。

説明時に背景となるので会社のイメージに直結しやすくなります。

どんなイメージの会社として記憶に残したいかを考えてメッセージや

ビジュアルを作りましょう。

今回の場合だと、何の仕事なのかが何となくでも伝わる写真が良いでしょう。

それでいて、笑顔の社員さんだと尚良しです。

 

これで社員・会社の雰囲気が魅力!な会社様の

採用ブースデザインの基本は抑えられます。

 

うちの会社はコレだ!と思ったらぜひ参考にしてください。

 

次回は~女性向けデザイン展開編~をお伝えします。
リンクはコチラ