みなさんこんにちは!

販促王子のYOSHIKIです

 

今回は江戸中期から存在する
酒蔵の看板についてご紹介します。

 

 

私は出身が日本酒の町ということもあり
酒蔵が身近にありました。

 

酒蔵って白壁に木造で
「趣あるなー」って思うのですが

気になるものが、吊り下がってますよね?

これです。

気になって調べてみました。

すると、これは杉玉といい
その名の通り、杉の葉で作った球体です。

 

「2月〜3月に新酒ができたよ!」という合図として、青々しい杉玉を飾ります。

緑色から徐々に茶色に変化していきます。こちらのほうが見覚えありますね

 

そして、緑色が薄くなる夏頃に夏酒が
きれいな茶色に変わる秋頃にひやおろしが、「美味しい季節ですよー!」という合図です。

 

なんとも風情があり、日本らしいですね。

 

何も広告は四角くて、キャッチコピーがあるものが全てではありません。

言葉がなくても伝わるんです!
私が知る限り、最古のイメージ広告です

 

飲食店で小さい緑色の杉玉に
魚を吊り下げて
新鮮なお魚入ってますよー!
という意味で使ってみてはどうでしょう?

最近は暑いので、刺身に冷酒でクイッといきたいですね
日本酒好きの方、オススメの日本酒紹介します

 

YOSHIKIのブログ初投稿でした。
次回もお楽しみに!