こんにちは。

エンドラインの代表山本啓一です。

 

 

当社でも、新卒採用を行っているのですが、学生さんと会うたびに疑問があります。

 

 

それは「自分探し」をしている子が多いなあという事です。

 

就活において「自己分析」を強要され、面接官が「あなたはどういう人生を送りたいのか?」「当社に入ってどうしたいのか?」などを聞いているのが問題なのだと思いますね。

 

「当社に入ってどうしたいのか?」なんて「やらなきゃ分からんだろう」と私なら思います。

 

そもそも「あなたはどういう人生を送りたいのか?」に答えることが出来る人いますか?

 

その面接官はそれを答えれるのでしょうか?

 

私もようやく「どういう人生を送りたいのか?」を答えれるようになりましたが、そこに行きつくまでにはそれなりの苦労や経験もありました。

 

自分探しの旅は、つまり宝さがしは重要ですが、いくら探しても自分が思うほどの「お宝」には巡り合えません。

 

 

私はそう思っています。

 

 

学生時代に「自分に人生」が分かる方が怖いですね。

 

 

 

「どういう人生を送るのか?」は考えなければいけませんが、そう考えている「今この瞬間」こそが人生だと思います。

 

 

「今」の積み重ねが人生です。

 

 

試行錯誤していく中、悩む中で自分の人生が出来上がってきます。

 

 

寄り道や失敗も40歳くらいになると全て集約されてきます。

「ああ、あの経験が活きたな」「ああ、あの時の悩んだことが価値観になっているな」と。

 

 

振り返った時にしか分からない事もたくさんあります。

 

 

悩む事は良い事ですが、それにより「足が止まる」のは良くないですね。

 

 

アントニオ猪木氏がとても良いことを言っています(元ネタは清沢哲夫氏)

 


この道をゆけばどうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり

その一足が道となる

迷わず行けよ

行けば分かるさ


 

なので、悩みながらも考えながらも、今日一歩だけ進みましょう。

 

 

 

5年後、10年後にしか分からないこともたくさんあります。

 

 

 

人生の成功や幸せをいつの時点で切り取るか?今なのか?5年後なのか?

 

 

私は死ぬときに家族が喜んでくれて、良い会社を作り社員が喜んでくれれば、その人生全てオールOKだと思っています。

 

 

 

 

※最近思う事あり、極度の目的思考は価値観や考えを狭めてしまいます。

 

目的には合わないものはやらない・非効率的だ・最短距離ではないとなると様々な経験が得られないですね。

 

無駄かもしれないけどやってみる・人と会ってみる。そういうアクションは大事です。

 

山本K-1

元お笑い芸人社長 山本K-1

1973年生まれ。大学に5年在学し中退。その後、芸人・フリーターを経験。27歳で初就職し、過酷な飛込み営業を経験。入社3年後には社内トップとなる売上1億円を達成。2004年31歳でエンドライン創業。