こんにちは、三代目のカンナです。

 

秋は遠く通り過ぎておりますが、芸術に触れてきました☆

 

その名も「ミラクル エッシャー展」

 

奇想版画家エッシャーがエッシャーになるまで、

という事で、初期の作品から彼の人生の生い立ちをたどりながら

その作風がどのように変化していったのか、浅い知識ながら見てきました。

 

専門用語はちんぷんかんぷんでしたが(笑)

それでもその技術の高さと発想に圧倒されました。

 

生物としての構造がそもそも違うのではないかと思うほど、様々な作品に溢れた展示会でした。

 

そもそもエッシャーって誰なん?

 

私も名前を憶えていたわけではないのですが、

だまし絵、錯覚の作品で有名です。

 

一つくらい、見たことがあるのでは?

『滝』とか『相対性』とかが有名ですかね?

 

映画「ナイトミュージアム」の作中にも登場してましたし。

主人公が絵画の中に入り込んでました。

 

そうそう!

展示会の企画で、映画のようにエッシャーの作品に入り込めたんです!

技術の進歩ってすごいですね~

 

 

黒い枠で囲われた中で動くとカメラに認識されて、映像の中で合成されて、

まさしく映画のような体験ができました☆

 

エッシャー展は全国を回っているようですので、

機会があればぜひ!オススメです!(4月は愛媛だそうですよ。)

カンナ

三代目看板娘 山下カンナ

平成5年10月、祖父母にとって、念願の女の子が生まれました。2人の弟を持つお姉ちゃんです。神無月に生まれたことから、「かんな」と名付けられました。9歳から習字を習い、高校では書道部入部、と約9年間筆を握りました。