こんにちは。

YOSHIKIです。

 

公開されてすぐ、『検察側の罪人』を観てきました。

 

一言感想、豪華ジャニーズ対決!

演技がすごい!!

 

ジャニーズの中でも演技に定評のある、

木村拓哉と嵐の二宮和也がW主演を務めた『検察側の罪人』。

タイプの違う役を演じた、キムタクとニノ。

映画を通じたこの2人の演技と正義のぶつかり合いでした!

 

監督は「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」などを撮った原田眞人監督。

素人の私でも内容と演技にこだわった映画だと分かる作品でした。

 

観ていない方にも説明すると、

先輩のエリート検事のキムタクと、

そのキムタクを尊敬する新米検事ニノが

ある事件をキッカケに、少しずつお互いの「正義」がぶつかっていき、

衝撃の結末に向かっていくのですが。

 

他にもニノの同僚として吉高由里子や

闇の仲介人として松重豊が出演しています。

 

この2人もそれぞれの正義があり、

キムタクとニノの対決をより面白くしてます。

自分が映画に入り込んで観てみると、

誰の正義が正しいのか分かりません。

自分だったらどうしたか、自問自答させてくれる映画でした。

 

個人的に好きだったシーンは2つ。

1つ目は予告でも出ていた、ニノの取り調べのシーン。

あのニノが口を閉じてパッと音を立てるシーンは

アドリブだったらしいです。

 

2つ目はキムタクが事件の犯人と森に入っていくシーン。

古い車・真っ暗な森の中、ドキドキでした。

観られる方は期待して観てください。

 

1つ注文があるとしたら、

もっとキムタクとニノの対決が観たかった。

2人が言い合うシーンがあるのですが、

それとは滅にバチバチに言い合って欲しかったです。

 

評論家も絶賛の『検察側の罪人』

とても面白かったです。もう次回の共演が楽しみです!

ちなみに、この映画を観たキッカケはキムタクのファンだから(笑)

 

是非、観てみてください。

YOSHIKI

フレッシュネス1年目 YOSHIKI
平成7年、日本酒の町、福岡県久留米市城島町で、3人兄弟の長男として生まれました。大学2年生の春に学生結婚をし、現在は妻と息子の3人で暮らしています!息子は嫌々期で毎日「あっち行って!」と言われています 泣