先日、といってもだいぶ前ですが

ミュシャ展に行ってきました。

ミュシャって誰?って方。

見たら絶対「あ~!」ってなります。

 

 

ざっくり写真をいじって作るとこんな感じ。

というか見せられる範囲で見せた方がいいですね。

 

 

ミュシャは、この左側の絵の作者様です。

詳しく画像検索したら、たくさん出てきます。

 

さて、ミュシャの絵が大変美しい

ということは今更言われなくてもいい様な話。

 

私が今回言いたいのは、

ミュシャはデザイナーですよ、って話。

 

正しくはデザイナーもやっていたかな。

ウダウダ語っても仕方がないので

ざっくりサクセスストーリーを紹介すると

 

デザイナーとして働く

時の大女優の舞台ポスターの依頼が会社に舞い込む

会社でミュシャしか手が空いていないのでミュシャがデザイン

時の大女優が大絶賛

当時のパリも大絶賛

一躍時の人

 

みたいな感じ。

それからも色々あるんですが

デザイナーとして一気に人気が出る訳です。

 

で、ミュシャのデザインにはミュシャらしさが多くあり

そのひとつがミュシャフォント。

 

 

この画像は似せて作られたフリーフォントですが

こういったパーツにも「らしさ」があり

どこか有機的。美しい。

 

だらだらなるとアレなので

気になったら一度検索してみてください。

ヒラヤマシンゴ

デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます