こんにちは。

エンドラインのマーケティング担当のなつみです。

最近、ふと感じたことがあるので、本日はそのことについて書きたいと思います(^^)

 

【言葉にはプラスとマイナスがある】

生活をする中で欠かせない「言葉」

その言葉にはプラスとマイナスがある様に感じます。

また何気ない会話の中に、その人の価値観や人生が詰まっているように感じます。

 

私が思う、プラスというものは「ポジティブ」というわけではありません。

また、マイナスも「ネガティブ」というわけではありません。

ネガティブな内容の話をしていても、プラス人間の方は伝わってくるモノがプラスに捉えられるのです。

 

【体験から感じたプラスとマイナスの特徴】

私の体験から、プラス人間の方の特徴は「人生で何か大きな決断をしたことがある」ということです。

この決断によって成功した、失敗したはプラス発言になるかどうかは関係なく、

この決断は自分自身どんな感情だったか、どんな環境だったかを振り返ることが出来る人が多いです。

また、「やりたいこと」を常に持っているという点も特徴と言えます。

具体的に○○をやりたいといのではなく、「こういう世界にしたい」だったり

「こういう人たちと仕事していたい」など、自身の行動の基準となる軸を持っているように感じます。

 

一方で、マイナス人間の方の特徴は、自己肯定力が低かったり、

何事にも批判する面があり、自責ではなく他責思考の方が多いように感じます。

 

これは、あくまでも私が思うプラス人間とマイナス人間の特徴ですし、

人によっては「プラス」と「マイナス」の捉え方が異なると思います。

一概にそう!と言う事はできませんが、最近こんなことを考えながら、人と会話するようになりました。

 

【私もプラス人間になる!!!】

いろんな方と出会う中で、私もプラス人間になってやる!と強く思うようになりました。

その為、今できる事ってなんだろう?と考えているのですが

まずできる事って、何においてもプラスに考える事だと思いました。

最初に書いたのですが、言葉には、その人の価値観や人生が表れます。

私自身、様々な体験をしていますが、言語化できていない点や

体験をプラスに考えられないこともあるので、ここから変えていこう!と思いました。

 

色々なものに触れ、インプットし、アウトプットしていくことの重要性を改めて考えさせられました!

 

2018年4月入社。

エンドラインではWEBマーケティングを担当。

K-POPグループのBIGBANGが大好きです。