【ドラックストアチェーンのお悩み】

デザイン部のすざわです。

先日、西日本を中心にドラッグストアを展開する企業様へ営業と共に

ご訪問しました。

※画像はイメージです。

 

昨今のドラッグストアと言えば、ここ10年で外国人観光客が急増し、

特に中国、韓国、台湾などアジア圏からの観光客が、

日本製の医薬品や食品や化粧品などを買い求めに訪れることが

とても増えた様です。

 

そして今回は、そのインバウンド(外国人観光客からの需要)に

力を入れたいとのご相談を受け訪問しました。

 

【お店の現状】

・外国人観光客に対してドラッグストアであることの認知が弱い(気付かれない)

・近くの駅前にライバル店が出店し、そちらは内装も明るくする工夫などで
客を取られ苦戦している。

・今使用している集客ツール(のぼり旗や幕)は後から少しづつ増えたため
統一感がない。

・今は昔と違って高単価(化粧品など)の商品を少量買うお客様が多い。

【ご相談を受けて感じたこと】

世の中の移り変わりは早く、中国からの観光客が

医薬品や化粧品を爆買い!という光景も今では少し昔のことのようです。

今回の企業様の場合は、今までインバウンドを多少意識していたものの、

本格的な対策には至っておらず、集客に苦戦しているようでした。

 

【エンドラインからのご提案】

店舗の窓全面に集客のためのウインドウシートを貼る事と

エア看板の設置をご提案。

デザイン・内容については

①外国人に向けてドラッグストアが分かりやすい様
3カ国語とビジュアル、免税等の情報が入ったもの。

②全面を赤い配色をメインに3カ国語で「免税」と「値引き」を
全面に打ち出したもの。この二つをご提案。
そしてエア看板も3カ国語入りで遠方からでも目立つ視認性の高いデザインをご提案。

また、3店舗で同一デザインを使用することで

「あっ!あのお店ここにもある」という相乗効果を狙います。

今回はまだご提案の段階で、すぐに決定とはなりませんが

お客様の反応も上々でした。

集客ツールのデザイン制作においては、

直接お話しを伺うことでの気づき、やるべきことが多々あります。

 

エンドラインではチェーン展開されている企業様や、

大規模集客でお悩みの企業様のご相談を承っております。

お気軽にお問合せくださいませ。

デザイナー 諏澤 進太郎

エンドラインにはフリーランスとして独立し始めの頃、パートデザイナーとして勤務。それから約3年後、会社勤めに戻ろうと思った時にお誘い頂き、エンドラインへ。

独立の経験を活かし、エンドラインにはなかったデザインを生み出していきます。