取締役
クリエイティブチームリーダー
経理とか営業事務とか全部
営業
営業
WEBマーケティング部
デザイン部
【代表】山本啓一
1973年生まれ。大学に5年在学し中退。その後、芸人・フリーターを経験。27歳で初就職し、過酷な飛込み営業を経験。入社3年後には社内トップとなる売上1億円を達成。

2004年31歳でエンドライン創業。わずか2年半で年商1億2000万の会社に成長させる。
その後、メインのサイン業以外に「動画制作」「WEBコンサルティング」「社員研修」「講演会・セミナー」「飲食」と立てつづけに事業拡大・失敗をし、3年で売上が最盛期より54.4%ダウン。

新規事業からの撤退・絞込みを行い「結果にコミットする屋外広告業」として再出発。 現在、売上・利益共に毎年20%増収増益中!

趣味
読書、バスケット、ブログ、キックボクシング、ボケてツッこむこと。

 

仕事・エンドラインについて
みなさん、こんにちは。この度はHPを見て頂き誠にありがとうございます。

巷では、「景気が上がらない」とか「日本の先行きは暗い」など言われてますが、我々エンドラインはいつも元気いっぱいです。

こういう時代こそ明るさと元気で乗り切らないといけないですよね。
さてここでははエンドラインと言う会社と自分自身についてお話ししようと思います。

<仕事・エンドラインについて>
私たち「エンドライン」のMISSIONは「つたわるメディア、つながる笑顔、広がる元気ネットワーク!!」です。

効果のある面白い「価値あるメディア 」(看板・販促ツール・IT) をお客様に提供しよう!お客様の売上が上がり、喜んでいただき笑顔になって頂こう!その結果、お客様に感謝され「ありがとう!」を頂け、私達も笑顔になります。その笑顔がつながり、エンドライン起点の「元気ネットワーク」を福岡、九州、日本中に広げよう!
という意味です。

私たちの業界は「お客様に言われたまま作成して納品して終わり」という事が日常化しています。
しかし、私たちエンドラインは「お客様の売上支援」を行っていますので、効果の出る、価値ある広告提案を行います。

売上UP・集客UPのお悩み等ございましたら、何でもご相談くださいませ。

追伸:あっそうそう!私個人の事はメディア掲載ページをご覧ください。

【取締役】石谷莉沙

2011年入社、取締役 兼 初代看板屋の看板娘 石谷莉沙です。

<生い立ち>

平成元年、炭鉱の街、福岡県飯塚市で、2人姉妹の長女として生まれました。

幼少期から近所の友達と外で遊び回るのが大好きな元気っ子でした!

そして、小学生の頃に出逢ったバスケットボールにどっぷりハマり込み、小・中・高・大と部活でガッツリ鍛えられ、現在でも週2回練習に参加しています。

そんな中、大学3年生の夏にインターンシップを通してエンドラインと出逢いました。

インターンシップで得たことは【営業の楽しさ】。エンドラインと出逢い、営業に対する意識が変わりました。

より良い価値を提供して、たくさんの方々からの【ありがとう】を頂く、そのために仕事があるんだと実感しました。

インターンシップ終了後もエンドラインとの交流は続き、ご縁あって入社させて頂くこととなり、現在に至ります。

ご縁に感謝です。

<趣味・ハマっていること>

もちろん、バスケットボール!

それにプラスして、実は大学生の頃にHIPHOPダンスにも手を出しておりまして…

ダンスも大好きです!!

社会人になってからは、お客様にお誘い頂いてフットサルも始めました。

体を動かすことは全般的に大好きですね!

そして、一人で飲みに行けるくらい、お酒と美味しいお料理も大好きです(^o^)/

<仕事・エンドラインについて>

一言で、楽しいです!

もちろん、辛いことや課題も多々ありますが…

やっぱり、大好きな仲間と、共に高め合える環境って幸せだなあと日々思っています。

エンドラインに入社させて頂いたからこそ、得られたものもたくさんあります。

現在は営業だけでなく、教育にも携わり、新たな成長ステージを与えて頂きました。

成長させて頂ける環境が、エンドラインにはあると思います。

私自身も、取柄である【笑顔】【元気】を忘れずに、関わってくださる全ての方々へ元気を宅配したいと思っています。

【クリエイティブチームリーダー】ヒラヤマシンゴ

デザイン担当のヒラヤマです。
自己紹介させて頂きます。

〈生い立ち〉
1986年に福岡県で、3人兄妹の次男として生まれました。小さな頃から家の中で遊ぶ事が多い子でしたね。チラシの裏にラクガキばっかりしてました。今の仕事に就く原型がこの時に出来始めたんだと思います。
かといって美術の成績が良かった訳ではなく他の教科同様、平凡な成績でした。
高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。
デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます。

〈趣味・ハマっている事〉
看板はよく見ています。職業病のようなものです。趣味やハマっていることとは違うかもしれませんが。この看板上手いなぁとか思いながら歩いてます。

〈仕事・エンドラインについて〉
個々がたっている会社だと思います。各々の良さがあり、それを潰すことなく会社が回っているイメージです。それでいて会社として1つになっている会社だと思います。

最後にデザインという物についてですが、少しだけ。 『デザインのベクトルの先は、広告主ではなくお客様に向くべきだ。』と思っています。広告主様がこんなデザインにしたい!こんな事を載せたい!って事も勿論必要だと思います。
しかし、それがそのデザインを見るお客様にとって有益か、必要とするものなのか。もしくは楽しかったり嬉しかったりするものなのか。と言う事なのです。その中で色や形が決まって行く訳です。
僕らにとってお客様は広告主様です。しかしながら目を向けるのはその先の(広告主様の)お客様なのです。
堅苦しい話になりましたが、個人的には、「おっ。」と思って貰えるようなデザインでお客様とそのお客様を、お客様と社会をつなげていければと思います。

【経理とか営業事務とか全部】江下すま

なぜエンドラインに入社を決定しましたか?

ビビビっと直感です(笑)
それと、私が入社したときはちょうどリーマンショック後の一番大変なときだったので、ビビビっと来たエンドラインに入社が決まったので断る理由はないです!!

現在の仕事内容を教えてください。

簡単に言うと全部です(笑)
営業事務・問合せ対応・総務・経理…と、デザインとお外で営業すること以外はだいたい首を突っ込んでいます。

仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

お客様への伝え方です。特に初めての方には、弊社が扱っている商品の説明に例えを入れたりしながら、伝わりやすいように心がけています。

将来の夢・目標は何ですか?

将来の夢は可愛いお嫁さんです(笑)
そのためにエンドラインでバリバリ働いて、仕事を頑張る旦那様を心から理解できるように日頃から準備しています!! ※旦那様は募集中です(笑)

アピールポイントは何ですか?(皆様に伝えておきたいこと)

エンドラインは成長中です!逆に「エンドラインがコレをしてくれたら、うちももっと売上が上がるし、エンドラインにも何倍も注文できるよ!!」ってご意見なんかをいただけると嬉しいですね。お客様とエンドライン、お互いにWINWINな関係かつ、お互いに高めあえる企業で有りたいと思います。

【営業】山下栞菜

<生い立ち>

福岡生まれ、福岡育ち。
※市内で育ちましたので市外のことは疎いです。

2人の弟を持つお姉ちゃん。
女の子はお父さんに似るってほんとです。

父親はブルースウィリスさん似の日本人。
それ故か、初対面でハーフと間違われること多し。分かっている家系図上では外国の方はおりせん。日本人です。

幼い頃は引っ込み思案でインドア派。
成長するにつれて、アウトドアの楽しみ方を覚えました。現在ではアウトドアもインドアもどっちもスキ。
アウトドアな日ばかりだと疲れちゃいますが、インドアばかりでもつまんない。

小・中学校ではクラスに1人はいるような大人しい女の子でしたが、
高校では部活に生徒会に、と忙しくも楽しい日々を送りました。
通学時間は倍以上に長くなったものの、初めての自転車通学、3年間地獄の坂を登り続けました。

ただし、大学生活は高校時代以上に楽しかったです。大学も少し離れたところに通いまして、高校は西に、大学では東に通いました。
今度はバス通学だったので、大変な上り坂に苦労させられることはありませんでしたが。

大学時代は勉強しつつ、適度に遊びつつ、でも1番思い出が多いのはサークル活動です。

学内行事の企画・運営、献血のボランティア、学祭実行委員会のお手伝い、等々。

学内行事は新入生歓迎行事やカラオケ大会を。
時にはサークル仲間や大学職員とぶつかりながら、ウラカタ仕事、頑張ってました。
献血のボランティアは学内献血での呼び込み。毎回声枯らしてました。
〜ここで献血豆知識〜
献血で集めた血液のゆくえってご存知ですか?
手術室での”輸血”のイメージが強いかもしれませんが、
半分以上の割合で使われるのは、
ガンの治療です。
血液を作れなくなってしまった方への治療として、血液が提供されます。

こうした献血の知識もちょっとあります。

その他様々なサークル活動を経験し、3年生の秋には責任者に就任、1年間務めました。
4年生の春には、その年の入学式で在学生代表挨拶も。新入生と保護者含め、2000人以上を前にした挨拶はやはり緊張しました。そのおかげで度胸もついたと思います。

ちなみに、大学での専攻は臨床心理学。どんな学科かというと、カウンセラーを目指す人のための学問です。私はカウンセラーになりたかったわけではありませんが、自分たちで心理テストを実施してみたり、病院などの施設に見学に行ったりと面白い授業はたくさんありました。

あともう一つ、大学時代の思い出を。
インターンシップの経験です。
学生が経営者に取材を行い、その内容をWEB記事に掲載する、という内容のインターンシップですした。経営者にお会いして取材を行う訳ですから、緊張しまくりでしたが、そのおかげで、就職活動の際には、緊張せずに面接に臨めました。

エンドラインへの入社はご縁を感じて。
お世話になっている知り合いの方数名が「エンドライン」をご存知で、そのことが結果として、入社の
決意の背景にあります。

今まの人生で幸運だったなあと思うのは、数年前に購入したライブのチケットの整理番号が3番だったこと!今は無きzepp fukuokaでのGReeeeNのライブ。
結局番号1,2番の人が来なかったので一番乗りで会場入り、最前列センターに場所取りできました。
後にも先にもこれ以上良い番号にはいまだ出会えてません。

最近のマイブームはピアス。
仕事の際に使用するピアスと、プライベートで使用するピアス。それぞれ見た目は全然違いますが、
休日にピアスを探しにショッピングすることが最近のマイブームです!

食べ物でハマっているのは柚子!
「柚子が好き」と話すと「柚子胡椒?」とよく言われますが、ちょっと違います。
もちろん柚子胡椒も好きですが、もっと柚子の味がするものを求めてますので、一番は「ゆず酒」。
居酒屋とかにあると必ず飲みます。当然、お家にも常備。
ただし、「ゆずがすき」と言うと、アーティストの「ゆず」と勘違いされがちです。

現在入社3年目、「一人前」とは何か?、日々模索しながらお仕事に取り組んでます!
実は看板屋の看板娘三代目です!看板、のぼり、販促についてのお困りごとはぜひエンドラインへ!

 

【営業】YOSHIKI

<生い立ち>

平成7年、日本酒の町、福岡県久留米市城島町で、3人兄弟の長男として生まれました。
祖父が懐石料理屋、父がケーキ屋で幼いころから食べることが大好きです!

中学受験をして、八女市にある中高一貫の学校に6年間通いました。
部活ではバスケットボールに打ち込みました。
中高時代の友人は今でも仲が良く、たびたび交流があります。

大学2年生の春に学生結婚をし、現在は妻と息子の3人で暮らしています!
息子は嫌々期で毎日「あっち行って!」と言われています泣

<趣味・特技>

最近の趣味は体力作りです。
週に2日、ランニング3キロと懸垂5回をしています。
息子と遊ぶため、運動会でかっこいい父親を見せるため奮闘中です!

特技はBBQの仕切り役です。
火おこしから後片付けまでします。
もちろん、焼くのも任せてください。
アルバイトで焼き鳥を1日500本焼いていたので自信はあります!

<大学時代に学んだことは。>

大学時代は観光を学びました。正確には観光を通した、地域創生です。大きなイベントの実行委員会の会議に参加したり、ボランティアをしたり、地域の方のお話を聞いたり、という活動を積極的に行いました。イベントと地域創生という内容で論文も書きました。また、活動を評価して頂き、市の広報誌にインタビューを載せてもらいました。これらの経験から、地域創生には定義がないと感じました。観光地になる地域も、住宅地になる地域も、現状維持の地域もどれも地域創生でした。私が着目した地域の正解はまだ見つからなかったですが、地域を想って活動している人がいることが誇るべき姿だと感じました。

<行ってみたい場所>

フィリピンセブ島です。きれいな海が見える、静かな砂浜で1日ゆったりとした時間を過ごしてみたいです。
また、今経済発展をしている国を間近で見て、なにを感じるのか刺激を受けたいですね。

<動物を飼うとしたら?>

犬と梟笑
犬は飼うならドーベルマンがいいですね。強そうだしかっこいい笑 子どもと犬と思いっきり走り周りたいです!
ハリーポッターを見て梟に会ってみたいとずっと思っていました。実際にふくろうカフェに行き、頭や手の上に梟を乗せて見てもっと好きになりました!そこで、一般の人でも梟を飼え、しつけができると知りました。現在、妻を説得中です!笑

<もし、宝くじが当たったら?>

まずは、家と車を買います!
家は車庫とBBQしたり、犬と子ども達が遊べるだけの広い庭を作りたいですね。
車はSUVの7人乗りがいいですね!
海、山、川と家族でたくさん遊びに行きたいですね!!

<将来の夢。>

オリンピックやワールドカップなどの世界のイベントに携わることです。エンドラインならそれができます。オリンピックで使われる幕、国旗、販促品をエンドラインで製作します!そのためにも、自分自身もっと成長して会社を大きくして上場させます!

<好きなマンガ>

真島ヒロ先生のマンガです。代表作はレイヴとフェアリーテイル!!私のオススメはレイヴです。笑いあり、涙ありの冒険・バトルマンガです。最終回は主人公とヒロインの子がいなくなって、、泣きます。

<好きな芸能人>

タレントでいうと、こじるりです。あの飾らない親しみやすいキャラクターがいいですね!
女優でいうとガッキー。一度でいいから生で見てみたい。
芸人はサンドウィッチマン。富澤さんと伊達さんの見た目とは違った優しい雰囲気とネタが癖になります!

<仕事・エンドラインについて>

愛のある会社です。
先輩方は厳しい中にも優しさがあり、アットホームな雰囲気です。

また、ステップアップできる環境です。
社長との距離が近く、入社直後に外部での研修も受けさせて頂きました。

私は<おしゃべり>な性格で、<人のため>に活動することにやりがいを感じます。
それらを活かし、お客様に笑顔になって頂き、多くの「ありがとう」を獲得します!

【WEBマーケティング部】髙田夏海

<私について>

平成7年6月9日生まれ。生まれも育ちも福岡県筑紫野市で実家が農家をしております。

弟が2人の3人姉弟で、現在は甥っ子が1人います!

 

4歳からピアノを始め、現在も続けておりピアノ歴が19年目になりました!

2年に1度発表会があるため、日々練習しています。

中学校では吹奏楽部に所属しトロンボーンを担当していました。

音楽にしか触れてきていないので、根っからの運動音痴です(涙)

韓国グループのBIGBANGが大好きです。特に2016年12月11日にヤフオクドームであったLIVEが興奮しました!

BIGBANGとの出会いは高校2年生のころ。ふらっと立ち寄ったお店に貼ってあった

ポスターの中のG-Dragonに一目惚れをし、私の追っかけ人生が始まりました。

今年で7年目ですが、一人で大阪公演、東京公演まで追っかけしています!

フットワークの軽い人間になったのも、BIGBANGのおかげで、「私の人生BIGBANG!」が座右の銘です。宇宙を生み出したビッグバンと世界に大きな影響を与えるBIGBANG。私の人生も誰かに影響を与え、何かを生み出す人生にしたいと思い、「私の人生BIGBANG!」と掲げています。

今の目標は2年間でお金を貯めて、「日本公演全制覇」をすることです!

 

大学3年生の秋ごろエンドラインと出会い、営業力を鍛えるためインターンシップに来ていました。しかし、私は営業に苦手意識が強く、私の特性を見抜いてくれて、WEBマーケティングの担当となりました。

 

WEBマーケティングと言っても、お客様の事を理解していなければいけないため、営業の研修にも行かせて頂きました。1ヶ月間みっちり営業の事を学び、そこで学んだことをWEBマーケティングに活かしています。

初めは、1人で黙々と仕事をすると思っていましたが、個性豊かな社員の皆さんが、様々な事を教えてくれたり、お話ししたり、毎日笑顔が絶えない社内になっています。最近は「WEBマーケティングは営業を手助けする!」と考え、楽しく仕事をしております。お客様と直接お会いすることは少ないですが、会社の顔となるサイトを扱っておりますので、精進して参ります!

<すきなこと>

少年漫画を読むことが大好きです。今ハマっているのは、キングダム・進撃の巨人・ハンター×ハンターです!他にもたくさんあるのですが多すぎてここには書けないくらい好きな漫画があります。リヴァイさんの駆逐シーンは痺れます!

 

<私のストレス発散法>

私のストレス発散法はピアノを弾くことです!「ピアノは趣味?」と聞かれることが多いですが、私にとってピアノはストレス発散です!大好きなショパンの曲を無心で弾いているとあっという間に2~3時間たっています(笑)子犬のワルツが一番得意です。

機会があればご披露しますね!

 

<意気込み>

自己主張が強く、気難しい私を迎え入れてくれたエンドラインに、早く恩返しできるようWEBマーケティングを勉強し、卵ではなくプロとして皆様とお仕事できるよう努めますので、宜しくお願い致します。

【デザイン部】諏澤進太郎

<生い立ち>

福岡県北九州市で、歳の離れた兄と姉がいる3兄弟の末っ子として生まれました。
幼い頃は秘密基地を作ると称して友達と近所の山に入り、野外でよく遊ぶ子でした。
小学生になってからは、ファミコンなどのTVゲームやマンガやアニメなどサブカルチャーが流行り始め、この頃から絵を描いたり美術に興味を持つようになりました。

その後、トントンで部活は美術部、デザイン系の専門学校へ進学。
この頃はやりたい事が曖昧で、何となくデザインに関わる仕事が良いな~という、ぼんやりしたものでしたが、専門学校時の担任に「お前ここ受けてみろ」と言われ、地元の小さなデザイン制作会社の面接を受け、その場で採用。翌日からグラフィックデザイナーとしての人生が始まりました。

デザインとは、クライアントの要望や抱える問題を解決するための
答えを導き出して、それを形にする作業なのですが、
もちろん当時の駆け出しデザイナーの自分に誰かがそんなことを教えてくれるわけではありません。
非常に辛い時期もあり、デザインが嫌になることもありましたが、
関わる仕事や当時の先輩の指導などから、自然とデザインに関する
思考力や哲学が身についていきました。

振り返ると「この仕事は好きというより自分に向いているはず」という思いから必死にしがみついていたと思います。

その後、紆余曲折ありながらもデザイナー1本で仕事をやりながら30歳半ばに転機が訪れました。9年務めた会社を退職した後、知人の勧めもあり、フリーランスのデザイナーとして独立するに至ります。フリーランスというと何となくカッコいいのですが、いわゆる自営業で、デザイン業務以外に営業、経費や事業資金の管理、保険や年金、確定申告など、会社がやってくれていた事は全て自分でやらなければなりません。始めて1ヶ月で独立した事を後悔しました(笑)

しかし、独立しま~すと周囲に宣言していた以上、やっぱやめますとはかっこ悪くて言えません。やるだけやってみるかで必死にやってみると、不思議なもので、人の縁でお客様を紹介して頂いたり、
仕事の結果の反響から更に大きな仕事を頂いたりと、
好循環が生まれ何とかやっていけるように。
そして、そんな生活が5年続きます。

この頃は、周囲の環境の変化や自分の中での考え方も変わり、
もうフリーランスはやめようと思った時期でした。
ちょうどそのタイミングで、エンドラインと出会いました。

 

<なぜエンドラインに入社を決めたのか?>

実は、エンドラインにはフリーランスとして独立し始めの頃、
まだ仕事も少なかったため週2回出勤のパートデザイナーとして
約1年ほど勤務していました。
それから約3年後、もう会社勤めにもどろうかな~と思っていたタイミングで、偶然にも取締役の石谷から「す~さん、うちの会社来ません?」と連絡が来たことがきっかけでした。

そして決め手になったのは、一時期パート勤務をしていて
会社の雰囲気や社員さんの人柄の良さを知っていたことの安心感に加え、
社長の熱量のすごさでしょうか(笑)

自分よりも年上なのに勉強熱心で向上心がすごい。
会社をもっと良くするぞ、大きくするぞという熱量。
元々社長の考え方にも共感できる部分がとても多かったこともありました。

また自分が仕事で道に迷ったタイミングで、偶然にもエンドラインという会社が2度も関わり、助けて頂いたことに不思議な縁を感じたというところもあります。

 

<趣味・ハマっていること>

元々、外に出たり自然の豊なところが好きなので、
よくドライブや旅行に行きます。
九州だとグーグルマップを眺め、ここ何があるかな?と
細かく調べて知らない山や滝や湖があればそこを目的に、
その周辺のグルメや美味しいパン屋が無いかなど調べて出かけたりします。
有名どころだと、糸島は海が綺麗でしょっちゅう行っています。
ヤマなら阿蘇が最高です。
インドア系だとカラオケや映画もよく行きます。

 

<好きな漫画>

マンガは昔から好きなのと、移動中などの隙間時間にもよく読みます。
多すぎて書き切れないですが、
昔の名作なら手塚治虫の「火の鳥」「ブッダ」
時代劇系なら「キングダム」「JIN-仁-」「あずみ」
現代劇系なら「闇金ウシジマ君」「課長島耕作シリーズ」
少女漫画系なら「君に届け」「ハッピーマニア」
SF系なら「Gantz]「AKIRA」
あと、80~90年代の少年ジャンプ連載の名作漫画はだいたい好きです。

 

これから宜しくお願いします。