みなさん、初めまして。

私はエンドライン株式会社の代表をしております山本啓一と申します。

エンドラインストーリーをお読み頂き誠にありがとうございます。

 

 

私達、エンドラインは「看板やのぼり・販促ツールを提供している広告業」です。

当社はリアル(看板や販促ツール)とIT(WEB・ITメディア)などをミックスしてワンストップでお客様の売上UPのお悩みを解決しています。

会社も10年越えたので「エンドラインの歴史」を改めて振り返り、初心を忘れないようにと思い、筆をとりました。

私、代表の山本は大学中退~福岡吉本で芸人~フリーター~サラリーマンという異色の経歴をもっています。

その辺りの話は、お会いした時でも直接お話するとして・・・。

エンドライン株式会社は2004年9月29日に福岡市南区若久のワンルームマンションで創業しました。

中古の机と椅子、家庭用の電話機1つとなけなしのお金で買ったMac。

それは小さな、小さなスタートでした。

 

←レオパレスのワンルームマンション

 

開業当初、資金もありませんでしたので、いろいろ手を広げずに商品は「のぼり」「看板」「幕」のみに絞って販売を開始しました。

満足な営業ツールも作れず、自分で作成したセンスの悪い名刺を持って、朝から晩まで「飛込み」と「電話」で営業を行いました。

当時は来る日も来る日も、朝から晩まで休みなく働きました。

取引業者にも冷たくあしらわれ、今では考えられないような不利な条件を提示されて本当に苦しい思いもしました。

更に創業から3か月目に、なんと!詐欺に会い100万ほど貸し倒れ、2004年の年越し時点で通帳には3,000円ほどしかお金が残っていませんでした。

しかし、日々の飛び込み営業や電話営業が実を結び、すばらしいお客様に恵まれ、創業からわずか2年で年商は1億円を超えました。

そして、創業3年目。

更なる売上増加を考え、営業を増員しました。

しかし、営業社員を次々と雇い入れても、なぜか1億2000万円ほどで売り上げがパッタリ!止まるのです。

当時の私は「数字が上がらないのは営業マンの気合と根性が足りないからだ!」と考え、日々社員に発破をかけました。

が、それでも売上は一向に上がりませんでした。

そんな私に付いていけず、一人、一人と社員が辞めていきました。

社員が辞めていっても全く気にも留めなかった私は更に社員へ発破をかけていきました。

しかし、翌年、1億2500万円あった売り上げが、10%落ちました。

更にその翌年には30%程度落ちました。

私は売上が落ちた理由を社員のせいだけでなく「のぼり・看板事業」のせいにしました。

「IT隆盛の時代に、アナログの看板やのぼりなんて売れるわけない。看板やのぼりをやめてもっと儲かる事業にシフトしないといけない」
そう思いました。

また当初より自社商品に自信がなく「看板やのぼり旗に集客効果なんてあるのだろうか?」と思っていました。

その上、何かもっと新しくてカッコイイ仕事がしたいという理由から「動画製作」「企業研修」「WEBコンサルタント」「セミナー事業」など次々と新規事業を立ち上げていきました。

当時は、看板・のぼり事業を早く辞めたくて仕方がありませんでした。
振り返ると「新規事業を立ち上げれば売上は上がる!」と真剣に思っていた時期でした。

新規事業(多角化経営)を立て続けにリリースした結果は・・・・
更なる売上の低下です。

それはそうですよね。
何屋か分からなくなるのですから。

その間4年に渡り大赤字を出し続け、2010年頃には最盛期の半分以下まで売上は落ちました。

しかし、私の多角化経営は止まらず毎月の売り上げは落ち込んでいきます。

そして、更なる言い訳を思いつきます。
「そうだ。BtoBの商売が私に合っていないのだ。目の前でお客様が喜んでくれる商売をしよう!」

そう思った私は、何を血迷ったか飲食事業を始めました。

丁度そのころ知り合いの経営者がうどん屋を売却に出していたので、私はなけなしのお金をはたいてそのお店を買い取りました。

うどん屋ならダイレクトでお客さまの笑顔も見れるし、毎日現金も入ってくる。

そう思った私は「奇跡の売上一発逆転」を狙い、「うどん居酒屋大正倶楽部」をOPENさせました。

 

←こちらがうどん居酒屋『大正倶楽部』

 

しかし、飲食店でアルバイトすらした事ない私に飲食のノウハウなどなく、売上は一向に上がりません。

昼は屋外広告業、夜はうどん屋と2足のわらじを履いていたことで会社の経営力も分散され更に売上は低下しました。

結局、この飲食業も大失敗。

4か月後には大赤字になり、失敗ばかりの私はいろいろ悩みました。

「もう何をやっても儲かりそうな気がしない。なぜ会社などやっているのか分からない」

本当にそう思い、
「会社とは何なのか?何の為にやっているのか?そもそも何のための人生なのか?」

そういう事ばかり考えるようになりました。

やりたい事も分からず、行く先も分からず、日々悩みながらも相変わらず昼は看板屋で営業、夜はうどん屋で接客をしていたある日、一つの疑問がわきました。

「そういえばこのお店はまともに広告をしていないのになぜお客様は来店するのだろう?」と。

普通はチラシを撒いたり、ネット広告をしたりするのですが私たちのうどん屋「大正倶楽部」はほとんど何も広告を出していませんでした。

不思議に思いながらも、入店されたお客様に勇気を出して聞いてみました。

「なぜこのお店に入ってこられたのですか?」

「外の看板を見たからだね~」

「え?」

私は雷が打たれたように体に電流がはしりました!

再度
「看板をみて?ですか?」と聞き返すと

「そうだよ」とお客様が答えました。

先述の様に、私は「看板」や「のぼり旗」に集客効果なんてない!と思っていただけに
かなりの衝撃を受けました。

それからはいろいろと看板やのぼり旗で集客の実験をして面白いコトが分かりました。

「肉うどん」ののぼり旗を外に出した日は「肉うどん」の注文が増える。

「辛みそうどん」ののぼり旗を出した日は「辛みそうどん」の注文が増える。

※のぼりを立てて3.9倍注文数が増加

 

←こちらがそののぼり旗

 

その日の立てるのぼりにより注文数が変わっていくのです。

また、のぼりが変わる事にお客様も気づいていて
「あれ?今日は辛みそうどんの日?」
なんて声をかけてくれるのです。

今まで何のために経営をやっていて、何のために仕事をしているのか?分かりませんでしたがその頃から、内から湧き出る想いが少しずつ形になってきました。

「看板やのぼり旗で集客できる。効果がある!」

そして日に日にこう思うようになりました。
「私は看板やのぼり旗を通じてお客様の集客UPを手伝いたい。私のお店がそうであったように。」

そう思った私はうどん店を閉め、全ての新規事業を停止し元の屋外広告業一本に絞りました。

とにかく、看板やのぼり旗・幕しかしない。

自分にそう言い聞かせ、再度事業を構築していきました。

事業を絞ると少しずつではありますが「赤字」から「黒字」へ転換しました。

私が事業戦略のミスをして4年間赤字を垂れ流し続けた時も、その時の社員はほとんど辞めずに頑張ってくれました。

家族もずっと応援してくれていましたし、お客様も優しく、取引先も付いてきてくれました。

本当に周りの方々のおかげで会社を存続することが出来ましたし、周りの環境にも感謝できるようになりました。

丁度その頃、「経営理念」や「VISION」「MISSION」というものが想いだけではなく言葉として形になり始めました。

エンドラインの哲学である「7happinessの追求」は苦しい時、周りの方々に支えていただいた感謝の想いから出てきた言葉です。

エンドラインを取り巻く利害関係者「仲間(社員)」「お客様」「社員の家族」「取引先」「地域社会」「支援者」の6つのhappyを集める事が、エンドラインのhappyに繋がる。

そのような社会意義に答えた哲学です。

現在、私もやっと本気でそのような想いで会社を経営ができるようになりました。

自分勝手ではできない。社長の会社ではない。みんなの会社なのだ。会社は幸せを集める器なのだ。と心から思えるようになりました。

またエンドラインの行くべき先「VISION」は、「売上100億」「働きたい会社で九州1位」という目標にしました。

「100億の企業になる事で会社はどうなるのか?」

雇用が増える
給与が増える
納税が増える
福利厚生が整う
安定的継続企業になれる。

つまり全員のhappyに繋がる。そう思ってこのVISIONを作りました。

happyを求める結果は「働きたい会社で九州1位」になる。

エンドラインに入社すれば明るい未来が見える。そんな会社にしたいと思います。

最後に社会から与えられた使命「MISSION」ですが

「つたわるサイン、つながる笑顔、広がる元気ネットワーク!」と言うメッセージを作りました。

この「MISSION」の意味ですが

「効果のある面白い「価値あるメディア 」(看板・販促ツール・IT) をお客様に提供しよう!
お客様の売上が上がり、喜んでいただき笑顔になって頂こう!
その結果、お客様に感謝され「ありがとう!」を頂け、私達も笑顔になります。
その笑顔がつながり、エンドライン起点の「元気ネットワーク」を福岡、九州、日本中に広げよう!」

という意味です。

価値ある広告をお客様に提供して笑顔になってほしい。本当にそう思います。

「哲学」「VISION」「MISSION」を全社員が共有して現在、エンドラインは存続しています。

もちろん、多くの想いや目標がまだ成し遂げられていません。

今はまだ口先ばかりですが、将来必ず実現させたいと思っています。

エンドラインというチームは本当に未熟で道半ばですが
これからもお客様や地域社会と共に成長・発展して行きたいと思っております。

今後ともどうぞ宜しくお願い申しあげます。

エンドライン株式会社 代表取締役 山本啓一