リクルートスーツ解放宣言!しかも1次面接はいきなり社長とTALKです。

みなさん、こんにちは。

エンドライン代表の山本K-1です(本名ケイイチなり)

2018年も新卒採用しています。

実は18のエンドラインの新卒採用1次面接はいきなり「社長」です!しかもグループ面接ではなく1対1、もしくは多くても2名程度です。

 

 

さらに
・履歴書は最終面接まで不要
・1次の社長面接は私服OK(本当に皆様Tシャツ短パンで面接来ます)

 

社長の私もENDLINEのTシャツでお出迎えします。

 

さて、なぜ「1次が社長」「履歴書不要」「私服面接」なのか?

 

 

実はそれぞれ理由があります。

 

「1次面接が社長」についての理由ですが、、、

一般的なケースで言うと人事の人が「この学生欲しい!」と思い、あの手この手で最終面接まで上げても、社長や役員面接で敢え無く落とされるというケース・・・よくありませんか?

 

そうなると「人事」の方の時間の無駄、そして「学生」の時間の無駄になります。
なので、エンドラインは1次面接を社長にしています(もちろん幅広く募集するわけではなく、年間面接数が100名満たないのでそれが可能になっています。)

 

 

次に、履歴書不要について。はっきり言って、学校やセミナーで教わった「作文的な志望動機」を求めてないからです。というより中小零細ベンチャー企業に面接前に志望動機とかありますかね?
多分、最初の志望動機はは「なんとなく雰囲気がいい」「社長や人事の方が熱かった!」「人間関係が良さそう!」など漠然としたものだと思います。


それを無理やり志望動機を書かせると、先ほどの「作文的な志望動機」になるわけです。そりゃそうですね。よく分からない企業に志望動機なんて書けないですもんね。
これをやって喜ぶのは企業で、単なる自己満足です。

 

志望動機は面接の過程で高めていくものですよ。

 

 

最後の私服面接
もうこれは一言。
作られたあなたを見たくない。という事です。

 

 

私達も学生さんもお互い本当の素の姿を見せましょう。と。

お互い良いと思ったら、内定にしましょう。と。

就職は結婚と同じだと思っています。

 

 

 

 

私は今の就活は疑問だらけで、「リクルートスーツも全員ロボットみたいで気持ち悪い。」と思ってます。

エンドラインは3次面接で「掃除~朝礼~営業同行でお客様訪問~社員と一緒にランチ~少しだけ業務」というスタイルで行っていますのでウソはつけません 汗

 

今年は「リクルートスーツ解放宣言!」というテーマで選考を行っています。

 

 

 

ミスマッチのない採用フローで面接していますので、是非気軽な気持ちで応募してくださいね。待ってます!


18年新卒採用やってます!in福岡

みなさん、こんにちは。
エンドライン代表を務めている山本K-1です!

うちはまだまだ社員数7名と小さな会社ですが、毎年新卒採用を行っています。
※18の採用募集はこちら

 

今回は代表の私と、のぼり姫のすまちゃん、そしてこの男!ジャン!

誰だ?

って、知らねーよ。。

 

素性を明かすと、入社1か月半のYOSHIKIというものですが、彼も一緒に合同説明会に出ました。

 

まあ、会場に着くとこういう感じです。。。寂しい感じしかしませんね。

 

 

やはり他社さんも気合入っていて、イスカバーやら様々な装飾を施しています。

 

 

でも、ブースの装飾をするとほらこの通り!

 

 

のぼり姫すまちゃんも吠えています。

 

 

でもって、合説装飾のプロがすると、すぐ学生が集まります。
真面目な話をすると「テーブルの位置」「椅子の配置」「のぼりのデザイン」「タペストリーのデザイン」「合説レジュメの作り方」など様々なノウハウを持っています。

 

 

私も嬉しくなって自己満足のインスタパネルでパシャリ♪
※おなかが出ているのはご愛敬!

 

 

新卒採用の合説装飾に関しては特設WEBサイトあるので、かかってこいや!!

 


やっぱり会社はコミュニケーション

 

こんにちは。代表の山本です!

私はこれはいい!と思った勉強会には顔を出すようにしています。

多いのは、経営理念やMISSIONなどの学び、戦略、マーケティング・WEB関連などですが(ほとんど全部かよ)、どのカテゴリを学んでも、すべての仕事はコミュニケーションだ!に行きつきます。

組織で起こるすべての問題は「人」であり、うまくいく要因も「人」であります。

当たり前に叫ばれているように今後は「採用」と共に「社員育成」が大事になってきます。

「あいつは仕事が出来ない!」と言う上司はその人自身が仕事が出来ないのだと思います。

 

 

また最近気づいたのですが、組織で一番大事なのは「その人が居てもいい環境を作る事」です。

「居てもいい」とは、甘やかすという意味ではなく、その人の「存在を認める事」他なりません。

人が組織を離脱するときは(退職など)、「居てもいい環境」が無くなった時なんだろうなと思います。

 

 

エンドラインでは、そういう事もあり社内イベント開催に力を入れています。

「夏の合宿」「周年祭」「忘年会」「社員旅行」などなど。

 

 

極力、「私がいてもいいんだ」と思えってもらえる職場にしていきたいものですね。

社員の笑顔=会社の成長だと思います!