ゴールデンタイムに進出する元芸人社長。その心は?

こんにちは。
エンドラインの滑り屋BOSS山本です。

 

実は2018年7月11日19時~ゴールデンタイムの番組に出ます。
福岡ローカルRKBテレビの「ぞっこん九州」という番組です

 

「福岡人による福岡人の為の福岡人向け番組」です。

 

 

内容はあなたの知らない「ふくおか式」~目からウロコのご当地ルール~というお題です。

 

もちろん私がのぼり旗や看板を制作しているので・・・そういうカテゴリーで少しだけ出る予定です。

 

 

芸人時代は少しでもTVに出たくて努力したけど全く出れず。。。今はTVに出たいと思わないけどたまにオファーがあり出るというなんとも数奇な運命です(笑)

 

しかも毎回とよから亭豊永社長とセットと言う。。

 

ロケは制作の方と2名(笑)低コストやな~と。

 

こんな感じで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しそうですが、私は余計な事ばかり話したのでほぼカットかな(笑)

 

まあ、面白おかしい福岡人は楽しめるテレビになるんだと思いますよ!


スピードと焦りは違う

こんにちは。
久々登場の社長の山本です。

最近は自分の意識に気づく訓練をしています(怪しい宗教ではございません)

 

自分の意識を意識し、気づく事で表層的な問題解決ではなく、深層での問題に気づきます。

 

例えば、最近の例ですが戦術をコロコロ変えているところがあって、それはPDCAをハイスピードでうまく回していると思ってました。

 

ですが、最近「ああ、私焦っているな」という深層意識に気づきまして、もう少し地に足をつけて戦術PDCAを回さないとなと反省しています。

 

焦る原因は一つしかなくて、交友関係のレベルが一気に上がってしまったこと!(良い意味です)
そこに追い付いていない自分や会社があり、多少後ろめたさもあり。

 

スピード上げる事と焦りは違うのです。

 

自分の意識に気づく事で事業戦略もぶれずに済みますね。


祝★ライジングゼファーフクオカB1昇格!

福岡のスポーツチームと言えば何を思い出しますか?

 

ソフトバンクホークス?アビスパ福岡?

いや~違うんです。

 

今はプロバスケチームのライジングゼファーフクオカなのです!
当社もスポンサーをしています。

 

 

ライジングゼファーフクオカはBリーグスタートでは最下位組織の「B3」からのスタートでした。
それが2年でB2→B1と最短連続昇格!本当凄いです。

 

 

5月27日にスポンサー感謝祭に行ってきました!

 

エンドライン社員の下坂ヨシキ!当社納品分のロールアップバナーと一枚!

 

 

山下キャプテンの挨拶から始まり!

 

 

くじによる選手の使用品抽選会!

 

選手とも話せましたし、とても楽しい2時間を過ごしました。

 

 

そして、なんと!あがり症の(元芸人)私が中締めの役を仰せつかる事に。

 

 

記憶がありません。というのも飲み過ぎて(笑)

多分余計な事しゃべった。。

 

 

 

締めは若き神田社長のあいさつ!3年でB1優勝って。凄い!

 

福岡はバスケ王国なのでみんなでもっともっと応援しましょう。

自分たちは販促品でライジングゼファーフクオカを応援します!

 

下坂ヨシキはしれっと抽選が当た選手のサイン入りボールもらってました。

 


2018年度エンドライン、春の写真撮影会

みなさんこんにちは。

毎年恒例の「エンドライン、春の写真撮影会」が行われました!

スロウプラスさんと言う超素敵なプロカメラマンさんに数時間撮影いただくのです。

その写真を「名刺」や「ブログ」「SNSプロフィール」などに使ったりしてます。

キャッキャしながらこんな感じで撮影してもらっています。

俺カッコイイ!?

 

 

私達仲良しです~?

 

 

セクスぃ~。

 

 

皆さん笑って笑って~。

 

 

とこんな感じで撮影いたしました。(のぼり旗必需品!)

 

 

社長の私は激太りで来年はやせます。

 

 

では、素晴らしい写真を見てください(自画自賛)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業チーム

 

経理・デザイン・マーケティング!

 

役員!

 

今年も皆様よろしく御願いします!

エンドラインは顔の見える商売を心がけていきます。


ネット広告とアナログ広告はどちらが効果があるのか?

ここ数年インターネット広告が伸びてきて、我々のようなアナログ広告の中のアナログ(のぼり旗・幕)は効果がないね~みたいな評価が下ります。

 

確かに、インターネットが伸長してきているのは、事実です。

 

ただ、アトリビューションって考え方ご存知ですか?

 

 

簡単にいうと「広告の間接効果も評価しましょうよ」と言う指標です。

 

 

例えば、飲食店でインターネットから申込みがあったので「ネット広告だけにしよう!」というのは危険です。

 

 

→「スマホで飲食検索」

→「お店に行く」

→「帰り際のぼり見て次回ここに行こう」

→「行くためにスマホで予約」

 

 

 

この場合もラストクリックだけ考えると「WEBでお客様が来た」となりますが、きっかけは「のぼり旗」です。

 

 

このように来店までのプロセスを間違うと、集客で苦戦します。

 

 

のぼり旗が間違いなく効果がありますよ!と言っているわけではありません。

 

 

しっかり自店への誘導プロセスを見極め、販促を行いましょうね。

 


働き方改革。設置時間短縮!巻き上がらないのぼり旗

安倍内閣の働き方改革が待ったなし!が推し進められていますね。

 

 

労働時間の短縮はどこの企業も命題ですね。

 

 

一番良いのはビジネスモデルを変えたりすることですが、いきなりは変更できません。
まず出来る部分での改革を行うしかありません。

 

つまり、どうでもよい作業を減らす、または削減する事じゃないでしょうか?

 

 

 

そこで、私たちが提案するのが設置時間が短縮できる「風で巻き上がらないのぼり旗」です。

 

ポールを通すわっか部分を、袋状にすることにより風で巻き上がらなくなります。

 

 

完成はこんな感じです。

 

で、この商品ですが、もちろん巻き上がらないので絡みついたのぼり旗をほどく作業は発生しません。

 

しかし何より、設置時間が通常ののぼり旗に比べて短縮できるのです。

ささっと設置できます。本当ですよ。

 

 

冒頭の作業時間の削減になり、働き方改革の実現へ一歩近づきます。

 

 

是非、一度体験されてみてくださいね。

 

組み立て方はこちら


日本文化を世界に。暖簾・日よけ幕海を渡る。

こんにちは。エンドライン山本です。

 

 

創業して初めて商品を輸出しました。

 

 

 

日本文化の象徴である「暖簾」(のれん)と「日よけ幕」です。

 

 

 

実は私のお知り合いの方が台湾でお店をOPENすると言う事で、ご指名頂き
日本製の暖簾・日よけ幕を作成して、台湾へ輸出しました。

 

 

台中にある小島家様です。

 

 

 

 

 

 

和の象徴である天竺やカツラギで製作しました。

 

 

とても良い風合いに仕上がっています。

 

 

このように日本のものを海外に輸出していきたいですね。

 

 

台湾、台中に行った際は是非小島家様にお寄りくださいませ。

 

 

台中市
北區英才路387號

 


【ご案内】新規のお客様の看板施工・工事関係を停止させていただきます。

【ご案内】

2018年2月1日より新規のお客様の看板設置・工事関係のお仕事を全面停止させていただきます。

 

事業再構築のためで、今後はのぼり旗・幕・設置なしの看板に絞って営業活動をさせていただきます。

 

既存のお客様の看板施工・設置関連はこれまでと変わらず承りますのでご安心くださいませ。

※既存のお客様は何も変わりませんのでご安心くださいませ。

 

また、チラシ・パンフレットの新規お客様の受注も停止させていただきます。

 

こちらの方もどうぞご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

引き続き、のぼり旗と言えばエンドライン!として覚えてくださいませ。

 


光と音の世界。チームラボ福岡城のプロジェクションマッピング

あけましておめでとうございます。エンドライン山本です。
本年もよろしくお願いいたします。(2回目だったかも・・・)

 

 

さて、正月三が日の間にとても面白いものを見ました。

 

 

あのチームラボの「福岡城 チームラボ 城跡の光の祭」です。

 

 

 

もう、本当。素晴らしいです。写真では臨場感が分からないかもしれませんがご覧あれ。

 

 

スマホやWEBの世界も良いですが、リアルなOOH(屋外広告)もすごくいいです。

 

 

ネットでは絶対体験できないものって良いです。


迎春。5年で10億。

みなさま。

あけましておめでとうございます。
本年もエンドラインをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2018年の抱負ですが、更に事業を絞り込み、無理しないで仕組みを作り成長を加速させます。

 

 

スローガンは「フォーカス!」です。

 

 

中期の分かりやすい目標としては「5年で年商10億」を達成します。

 

 

「達成したい」とか「達成しようと思います」ではなく「100%達成します」

 

 

その重要になる年度が今年、2018年です。

 

 

今年は売上のブレイクより、事業の土台、つまり開発モデルを作りこみます。

 

 

なので成長率は120%程度で予算を組みます。

 

 

来年以降は売上を上げるというより、自然に上がるという言い方が適切かなと思っています。

 

 

何事も無理は禁物で、徹底的に時間付加価値を上げて「5年で10億」を達成していきます。

 

 

来年のブログは良い報告が出来ると思いますので、乞うご期待ください。(気が早いですが・・)