死ぬこと以外かすり傷

こんにちは。

ヨシキです。

 

紅葉にイルミネーションに

秋を満喫しております。

ですが、まだまだ寒くなりきれず、年末感がありませんね。

そろそろ、牡蠣小屋行きたいな

よし、行こう!!

 

今月は講演会に行った話

幻冬社の箕輪さんの、出版記念講演会があり

行って参りました!

 

全部伝えると丸2日かかってしまうので、

抜粋して2つピックアップ!

 

簡単に箕輪さんの紹介をすると、

ホリエモンの多動力やSHOWROOMの前田さんの人生の勝算など、

今売れている本を編集されている方です。

詳しくは調べてくださいね。

 

本題。

ピックアップ1つめは、

「本に熱を帯びさせろ。」

編集者として活動されている箕輪さん。

どうやって売れる本を作るかという問いに、

著者に自分が聞きたい内容を書かせているらしいです。

自分の知りたいこと、聞きたいことを

取材することで熱を帯びた本になるということ。

結果、それが自分と同じようなことを考えている人に突き刺さる!

 

仕事やアルバイトで

気持ちを込めろとか、情熱的にとか

今まで言われた経験ありますよね?

自分もそういうのとても苦手でした。いや、苦手です。

 

それを克服する手っ取り早い方法が、興味を持つや好きになるということ。

俳優じゃないからそんな演技できませんよね。

だから、自分自身が目の前のものを大好きになるのが1番なんです。

仕事だと自社の商品やサービス。

私だとのぼり。

 

のぼり大好き!!

 

 

もう一つは、

「要所を本気で出せ。」

です。

いつもは60点でいい。

だが、本当に大事なところで200点を出せ。

 

本の販促だと

一般的な販促活動はいつも通りして

その本に対する、テレビ取材が入った時に

収録・編集に関わるくらい本気でとりくんだそうです。

 

気になった方は本を読んでみてください。

 

よし、牡蠣小屋に行こう!


よしきダンサーになる

こんにちは

最近の目標はダンサーになること。

YOSHIKIです。

ドラマーじゃないんかい(笑)

 

 

先日、知り合いから誘われて

ダンスを始めました。

 

本番はクラブのステージで10分間!

本番まで3週間・・・

間に合うんかいっ

 

 

メンバーは

20代~50代のおっちゃん達(笑)

 

もちろん

みんな働いているので

練習は夜な夜な集まります。

 

酒も一滴も飲まず、

ひたすら汗をかきます!!

 

課題曲は

ランニングマンことRYUSEI!!

ウルトラタイガー!!

 

スタジオで、家で、必死に練習しました。

 

さて、本番

初めて12人全員そろいました(笑)

 

ドキドキの中、狭いステージで本番。

ダンスもバラバラ

フォーメーションもごちゃごちゃでしたが、

めちゃくちゃ楽しかったです。

やっぱりチームで目標に向かっていくのは楽しい!!

とてもいい時間になりました。

次はドラマーになるぞ!!

エーックス!!!!


そして父になる

一言感想、「泣いた」

 

ずっと見たかった作品、

『そして父になる』を見ました。

 

一児の父としていちっどは見ておきたいと思っていたので、

やっと見れました福山雅治が演じる、

子どもを取り違えた父がそれを知った時の家族の葛藤。

大切な家族がいる人なら泣くと思います。

 

監督は是枝裕和監督。

海街ダイアリーや万引き家族など今、話題の監督です。

とても、人間の細かな感情や葛藤を描くことに優れた方です。

 

個人的にグッと来たシーンは子どもが家出をしたシーンです。

親子のすれ違いから家出するのですが、

子どもの気持ちも親の気持ちも分かるから、辛かったです。

 

しいて言えば、もう少しクライマックスにインパクトが欲しかったですね。

 

たった数年の親子生活でももちろん、

絆は生まれるし何が正しいのか分かりません。

 

お金があって、頭が良くて

都会に住んでいる親が子どもにとって良い親とは限らないと気づきました。

休日に静かな気分になりたかったら、是非観てください!

 

感想、お待ちしております!笑


検察側の罪人

こんにちは。

YOSHIKIです。

 

公開されてすぐ、『検察側の罪人』を観てきました。

 

一言感想、豪華ジャニーズ対決!

演技がすごい!!

 

ジャニーズの中でも演技に定評のある、

木村拓哉と嵐の二宮和也がW主演を務めた『検察側の罪人』。

タイプの違う役を演じた、キムタクとニノ。

映画を通じたこの2人の演技と正義のぶつかり合いでした!

 

監督は「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」などを撮った原田眞人監督。

素人の私でも内容と演技にこだわった映画だと分かる作品でした。

 

観ていない方にも説明すると、

先輩のエリート検事のキムタクと、

そのキムタクを尊敬する新米検事ニノが

ある事件をキッカケに、少しずつお互いの「正義」がぶつかっていき、

衝撃の結末に向かっていくのですが。

 

他にもニノの同僚として吉高由里子や

闇の仲介人として松重豊が出演しています。

 

この2人もそれぞれの正義があり、

キムタクとニノの対決をより面白くしてます。

自分が映画に入り込んで観てみると、

誰の正義が正しいのか分かりません。

自分だったらどうしたか、自問自答させてくれる映画でした。

 

個人的に好きだったシーンは2つ。

1つ目は予告でも出ていた、ニノの取り調べのシーン。

あのニノが口を閉じてパッと音を立てるシーンは

アドリブだったらしいです。

 

2つ目はキムタクが事件の犯人と森に入っていくシーン。

古い車・真っ暗な森の中、ドキドキでした。

観られる方は期待して観てください。

 

1つ注文があるとしたら、

もっとキムタクとニノの対決が観たかった。

2人が言い合うシーンがあるのですが、

それとは滅にバチバチに言い合って欲しかったです。

 

評論家も絶賛の『検察側の罪人』

とても面白かったです。もう次回の共演が楽しみです!

ちなみに、この映画を観たキッカケはキムタクのファンだから(笑)

 

是非、観てみてください。


夏といったら!

こんにちは。

YOSHIKIです。

 

暑い暑い8月も終わり、

秋の味覚が顔を出し始めていますね。

食欲の秋!!

海の幸・山の幸など食卓に並ぶのが楽しみです。

 

さて、今回は

8月の暑さに負けず外に遊びに行った話。

どこに行ったかというと

海!

 

川!!

 

プール!!!

 

しかも、三日連続(笑)

おかげで体中真っ黒になりました(笑)

 

遊びに行ったことで見えてきた事もあります。

 

まず、海は

圧倒的に若い人(20代)が多いです。

そしてビジネス感が強いです。

アルコール・BBQ(バーベキュー)・ダンスミュージック

海に入っている人よりも海の家にいる人の方が多い!

 

共通しているのは片手に写真!

海にいる私。BBQしている私。砂浜で乾杯。

みんなSNS発信に夢中でした!

 

そういう場を作りだした海の家は強いですね!

 

次に川です。

冷たい水にごつごつした石に鳥の鳴き声。

自然を感じたい方にはオススメです。

海とは真逆で

全て自分たちで準備が必要です。

一から準備して楽しみたいという、サバイバル精神の方が多いです。

 

整備されていない場所もたくさんあるので、

ケガにはお気を付けください。

 

最後にプールです。

言うまでもなく、ファミリーが多いです。

ほっこりしました。

自然相手ではないので、ケガの心配もあまりせず遊べました。

 

スライダーに並んだり、流水プールで隣の人を気にしたりはありますが、

監視員もいて自然の驚異もなく安心して遊べる。

これが保護者からしたら一番の価値ですね。

 

どこに行くにしても

水の事故だけにはお気を付けください。

来年のお出かけのご参考にしてくださいませ。


へんてこのみくす

 

こんにちは。

よしきです。

 

続く猛暑で暑い暑いと言いつつも、

海に行くのを楽しみにしています。

 

皆さんは夏らしいことしましたか?

気温が高いので、アイスは超売れまくってて

アイス工場はフル稼働と聞きました。

 

一方、ラーメン屋さんは例年の1/3の売上のところもあるみたいです。

猛暑で経済にも影響が出ていますね。

 

経済というと

最近学んだ行動経済学をご紹介!

 

 

はじめに行動経済学とは、人間の心理という視点から経済学を解説するものです。

 

簡単に1つ事例をご紹介。

例えば、500円のボールペンを買いに、お店Aに行きました。

100m先のお店Bには、全く同じものがセールで400円になっていました。

私はお店Bでボールペンを買いました。

 

別の日、20,000円のゲームを買いにお店Aに行きました。

するとお店Bには、全く同じものが19,900円で販売されていました。

私はそのままお店Aでゲームを買いました。

 

 

皆さんならどうしましたか?

私と同じ行動をした人がほとんどだと思います。

なぜですか。

 

そう。

同じ100円なのに後者は「まぁ、いっか」と

思いましたよね。

 

 

なぜでしょう。

母数の大きさにより100円の価値が変わってしまったんです。

 

100円安いゲームを買っていれば

アイスが買えたかもしれないのに、、、

というような、理論では説明できないような

人間の人間臭い部分をたくさん紹介している本です。

 

面白い内容はもっとありますが、

教えたくないので1つしか載せません(笑)

 

私はこれに書いている内容を使って

私に関わる全ての人がもっと幸せになるような

世の中を作っていきます。(悪)


鯉(カープ)vs鷹(ホークス)

こんにちはー

YOSHIKIです。

梅雨もあけて熱帯夜に苦しんでおります(笑)

先日、広島旅行に行ったお話。

1泊2日で
広島に行ってきました。

宮島-広島市-尾道

 

休憩なども含めて片道約5時間。

腰が痛くなりますね(笑)

 

 

一か所目の目的地は宮島~

天気も良くて景色も最高でした!

 

宮島で見つけた

インスタ映えはしないけど

とても美味しいグルメをご紹介。

 

揚げもみじ饅頭!!!

 

普通のもみじ饅頭に衣をつけて揚げただけなのに

美味しいんです。

商標登録しているらしく、買える場所が1店舗なので、

大行列でした。

 

宮島から広島市内に移動してお好み村。

1つのビルにこんな感じで多くのお好み焼き屋さんが

たくさん入っていました。

 

どこが有名かわからないので、目についたところで食事。

味と一緒に雰囲気も楽しめます。

 

午後から尾道へ移動。

目的はただ1つ!

 

尾道ラーメン!!!

 

 

初めて食べましたが

魚介の醤油ベースラーメンにちぢれ麺が絡み

ブラックペッパーをかけると、いいアクセントになります。

ハマりました。

福岡で美味しいお店知っている方は教えてください。

 

一日目はこれで終了。

 

二日目はそのまま海を越えて

愛媛県今治市まで行こうとしましたが、

予想以上に距離があり断念。

 

広島市内に戻り

「MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム」へ

残念ながら試合はありませんでしたが

スタジアムを覗くことができました。

 

テンション上がりました(笑)

 

そのまま、広島市内を散策していると

街中のいたるところにカープカープカープ。

福岡出身のホークスファンとして比べてしまいます。

 

街全体でカープを盛り上げているのだと行ってみて気づきました。

ホークスにはない風景でした。

 

プロスポーツチームの今後を見た気がします。

 

野球も含めて、これからまだまだ伸びしろがあると言われている

スポーツビジネス。

 

市民やファンを多く囲い込んでいくための戦略が

これからのカギになっていくでしょう。

 

と話は戻りますが

1泊2日で広島を満喫した話でした。

 

次に行くときは、ディープな広島を回ってみよう。


芸能人から「いいね」 ♯革命のファンファーレ

こんにちはー

ヨシキです

4月から2年目に入り、後輩もでき仕事の幅も広がっているので身が引き締まります。

営業でも自分のやるべきことが、明確に分かっているので

今はその目標に向かって走ります。

 

ということで、5月の投稿は

知的に読書感想を書いてみます。

 

まずは、本の紹介から。

 

 

著者はお笑い芸人で

キングコングの西野亮廣さんです。

 

本の題名は「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」です。

 

この本は西野さんの

2冊目となるビジネス書です。

 

この本を一言で伝えると、マーケティングの本です。

 

お金と広告という切り口で

西野さんが絵本(えんとつ町のプペル)を売るために実践された

マーケティング戦略の一部始終が乗っています。

 

と本の内容に入る前に

そういえば「西野、最近テレビでないけど何してるの」

と思っている人に簡単に紹介。

 

20代の頃、キングコングとして大ヒット

「はねるのトびら」など冠番組を持ちお笑い芸人として

順調な道をゆく

 

そんな中、自分が売れてもさんまさんや武さんの

背中が見えただけで

たださんまさんや武さんの作った線路の上を走っているだけだと感じる

 

以降、自分の道を走るために

独演会・小説発表などをし2016年に芸人引退を宣言。

 

今は主に絵本作家として

「えんとつ町のプペル」等を手がけている。

この絵本は

2019年に映画化が決まっている。

 

最近、テレビに出演していないのは

信用が無くなるかららしい

 

テレビで嘘をつかせられる(まずいものを美味しいと言わされる)

→信用が無くなる。

 

とこんな感じ。

 

詳しくは本を読んでみてください。

 

ネタバレしないように私の感想を2つほど。

 

まずは1つ目

 

ネタバレを恐れるな。人は「確認作業」でしか動かない。

 

、、、?

 

いやいや、ネタバレした本を買いませんよ

 

と、読み進めてみると

 

「ルーブル美術館にモナリザを見に行く人は、テレビか教科書で、すでにモナリザを見ている」

 

「とにもかくにも、僕らは“すでに、ある程度の実力が測れているモノ”にしか反応していない。」

 

なるほど

GWで広島に行ったのも、そこで行列のラーメンを食べたのも

確認作業だったのか。

 

そう考えると、インスタ映えなんて

分かりやすい例。

 

インフルエンサーの投稿みて

私もあんな写真撮りたい

 

あのお店行ってみたい

確認作業が行列を生み、ヒットを作る

 

2つ目

 

 

「老いていくことは『衰え』ではない。『成長』だ。」

 

今後生きていく上で

70、80、90歳でのキャリアを考えることは

必須である。

 

常々、そう感じていたから

目に留まった内容。

 

本中には

「20歳から60歳までの仕事と60歳から100歳までの仕事。人生において、前半と後半の2つの仕事をやらなければならない。」

 

「若い人間にはない、ロボットにもない、老人しか持ち合わせていない能力を見つけ、、」

 

とあった。

 

定年後は毎日、趣味に費やして時間を使いたい

 

それが出来るのであれば、みんなそうしている。

 

でも、超高齢化が進み

定年した方を40年も年金で支えるなんて

誰も考えていなかっただろう

 

というか支えきれない。

 

自分たちで働いてくれという話

 

そうなっている現代で定年後のキャリアを考えて

成長するという老いかたは必須である。

 

 

この2点を踏まえて

自分が事業するならと考えてみた。

 

まず1点目

飲食店するときはとりあえず試食を出しまくる。

新商品はとりあえず試食してもらう

成功するかは後で考えよう。

 

 

2点目

自分が老人、、

考えても想像できない。

やーめた(笑)

今を全力で生きる。

今は20代30代のことを考えてスキルを上げる

50代でまた考えることにしよう

 

以上2点ご紹介

 

読みたくなった人は是非読んでください。

本中には

もっとたくさんの為になることがあります。

 

最後に一つ

 

この本で1つ実験してみました。

 

インスタに ♯革命のファンファーレ と

付けると「いいね」を押しにいくとありました。

 

さっそく、本の表紙と♯を付けて投稿。

 

すると、

 

、、、

 

 

頂けませんでした!!

芸能人からの初いいね(萎)

 

最後に遊んでみました((笑))

 

革命のファンファーレ

 


新商品!スーパーバナー

 

こんにちは!

YOSHIKIです!

 

エンドラインでは様々な商品を扱っていますが

今回、“新商品”の販売を開始します!

 

 

その名も「スーパーバナー」!!!

 

 

左がフラットタイプ(W660×H1,880)

右がウィングタイプ(W660×H2,260)

※棒袋縫いの部分込のサイズとなっています。
(棒袋縫いとは、ポールを通す部分です。)

 

 

【サイズ】

・フラットタイプ W660×H1,880
・ウィングタイプ W660×H2,260

 

 

 

【価格】

 

 

【仕様】

・棒袋縫い

 

ポールを通す部分が袋状になっています。

また、防炎加工も可能です。そのため屋内イベント等でもご使用できます。
※防炎加工の場合金額が変わります。一度ご相談ください。

 

【組み立て方】

①部材を全て用意します。

 

②先端ポールを支柱ポールに差し込みます。
※パイプはタイトな為、差し込みの際はご注意ください。

 

③支柱ポールの高さを決めます。

 

④先端のポールからバナーを通します。
※途中曲線部分が先端に引っかかりますが、つまんで先へ送ってください。

 

 

 

⑤部材大の下部をバナーの下部に合わせ、その上に部材小を置き、
部材小の位置を決めます。

 

⑥バナーを上にめくり、⑤で決めた位置に部材小を取り付けます。
部材小は大変タイトとなっています。
部材小の下に部材大を取り付け、バナーを被せます。

 

⑦バナーを挟み込み、部材大の上に部材中を取り付けます。

 

⑧注水台に差して完成です。

 

 

どちらもあまり見たことない形だと思います!

サイズも大きく、形も珍しいため

お客様の目をひくこと間違いなしですね!!!

 

 


DV許すまじ

 

こんにちは!

 

YOSHIKIです。

 

今回は面白看板

というより

 

目をひいた広告をご紹介します。

見かけた方もたくさんいるかと思います。

 

 

ふと見入ってしまいました。

赤丸を移動させただけで

ほとんど表情はいじっていません。

 

人の顔をデザインに入れることで

より目をひきます。

 

最近、ニュースでもよく見かける話題ですので、

何か胸にグサッとくるものがあります。

(DVはしていません!)

 

 

皆さん愛情は真っすぐ持ちましょう。