失敗は可愛い。

 

こんにちは。デザイナーのヒラヤマです。

私は面白いモノが好きです。

その「面白い」の中の一つに誤字脱字の看板があります。

 

もちろん、私が誤字脱字のデザインをお客様に提出する訳にはいきませんが。。。

 

以前も記事にしたかもしれませんが、

ある飲食店が看板の店名を思い切り間違えたまま設置していたことがあります。

オーナーさん曰く

「自分もチェックの時、気付かなかったし、気付く人がいたらそれはそれで面白じゃん」

その発想も面白いなぁと思い、そのお店をより好きになったことを覚えています。

 

さて、何故そんな話をしたかというと、先月、会社で行った上海にこんな看板を見つけたからです。

 

「現場ごほります5分程きごます」

 

 

???????

 

下の英語を見る限り、おそらく

 

 

『現場で ほります。 5分程で できます。』

 

と書きたかったのでしょう。

 

画像をもとに日本語変換をしたのでしょうか。

正しくないですが、なんだか愛着が湧きます。

 

あ、でもスタンプは作りませんでしたよ。

どうせ作るなら自力でやりたいですし。

 

 

また、誤字脱字ではないのですが、

上海で行ったカフェバーのメニューに下記の様な表記があったんです。

 

whisky

-威士忌-

・Jack Daniel's

・ I.W. Harper

 

Scotch whiskey

-苏格兰威士忌-

・Macallan

・Bowmore

 

rum

-朗姆酒-

ラム

 

なんでラムだけ日本語付き!?

ってこともありました。

 

日本人はラムばっかり飲むイメージでもあったのでしょうか?

 

ということで、広告は伝えたい事を正確に伝えるべきですが、

失敗すると強烈に記憶に残ることもありますよ、って話でした。


同じお酒だけど味は違う。

 

こんにちは。デザイナーのヒラヤマです。

久しぶりに個人的なことを書こうと思います。

 

私は普段お酒を飲むときは、

「ジャックダニエルのロック」ばかり飲んでいます。

 

居酒屋さんにはあまりないですが、お酒をある程度おいているお店に行けば

大抵置いてあります。

 

同じお酒を飲み続けると、意外な楽しみも出来たりします。

それは、お酒に氷を入れただけのこの飲み物の味が、

お店によって違うという事。

 

その結果、このお店のジャックダニエルが好きだなぁとか、

このお店のジャックダニエルは苦手だなぁとか。。。

 

グラスの冷やし具合だったり、氷の溶け具合による加水の違いと

言ってしまえばそれまでですが。

 

同じ様な行程を踏んでいる同じものでも違いが出るって

どことなく絵にも似てるなぁと思います。

 

もっと言えば、デザインにも似ているのではないだろうかと。

 

同じように同じものを作っても違いがでる感じ。

 

すみません。こじつけです。

 

ただ、デザインも同じ内容で頼んでも、

デザイナーによって全く違うものが出てくるのは確かです。

 

故に、どんなデザインが良いかはデザイナーに丸投げするのではなく

しっかりと考えて、アレがいい!コレがいい!と色々伝える事も大切です。

 

つらつら語ってきましたが、何が言いたかったかというと、

「ジャックダニエル美味しいよ。」

というお話でした。


見切れるって言葉統一しませんか?

見切れるって言葉があります。

その言葉の意味が面倒なので統一したいという旨のブログです。

 

【見切れるってどんな意味?】

見切れる①

テレビ放送や演劇で、本来見えてはいけないものが見えてしまう。

「裏方スタッフが―・れる」

見切れる②

写真や映像で、フレームに人物などの全体が収まらず、一部が切れている。

「集合写真で端の人が―・れる」goo辞書より

もともとは①の意味で使われていた言葉です。

(私にとっての「見切れる」もコレです。)

それが何処でどう間違ったらそうなるのか

ほぼ逆の意味で使われだしたのです。

 

【だから統一したい】

ほぼ逆の意味で一つの言葉が使われています。

とてもややこしい事態です。

言いたいことが伝わらないからです。

デザインの指示ではもちろん、日常であっても

この「見切れる」が迷いや勘違いを生みます。

アナタが写真の端にいたとして

「そこ見切れているよ」と言われたとしましょう。

アナタは写真に納まるように移動すべきか、

写真に写らないように移動すべきか。どちらか分かりませんね。

本来の意味に統一したい。

 

【見切れる以外でもある、あの有名なことわざ】

犬も歩けば棒に当たる①

何かをしようとすれば、何かと災難に遭うことも多いというたとえ。

 

犬も歩けば棒に当たる②

出歩けば思わぬ幸運に出会う事のたとえ。

goo辞書よりこれも片方だけの意味しか知らない人もいるそうです。

ことを起こせと言いたいのか、余計なことをするなと言いたいのか。

「言ったことしかできないのか!」

と言われた後に「言った通りにやれ!」と言われたみたいな感じですね。

 

【ややこしい言葉は使わない】

「見切れる」を一例であげましたが、

ややこしい言葉は使わないことが一番だと思います。

「黒背景に白緑赤抜き文字」など言いたいことは分かるけど・・・

のようなものも多々耳にします。

分からない言葉や意味がややこしい言葉は使わないことが一番ですね。


ルートセッターとデザイナー2

 

さて、前回の続きです。

前回の記事「ルートセッターとデザイナー」はコチラ

 

前回

・ボルダリングの壁の突起の位置を創造する仕事がある。

・その仕事はただ配置を決めてルートを作るだけではない。

・ものを作る際にはその先を創造する。

 

といった内容で書かせてもらいました。

そしてデザイナーも似た様な仕事だと。

 

デザイナーの仕事は一般的に

「カッコいいものを作ること」と思われています。

間違いではありません。

 

それが「可愛いもの」でも「面白いもの」でもです。

 

しかしデザイナーが本来やっている事は

もしくはやろうとしている事は

デザインを見た人に「○○になってもらう(してもらう)」

と思ってデザインを行う訳です。

 

 

具体的に言うなら

ファッションデザインであれば

カッコいい服をつくって終わりではなく

 

カッコいい服を気に入って

その服を着た人が幸せになって欲しい!とか

 

もっともっと細かく考えると

自分に自信がなかった人がその服を着て

街を颯爽と歩いて

それをキッカケに自信を持って欲しい!とか。

 

もちろん、広告デザインも同じ様な面を持っています。

だから、極論広告主様の好みは無視してデザインして

「好みじゃない!」「ダサい!」と言われる事もあります。

 

大事なのはデザインの見た目だけではなく

そのデザインを見る人(広告主のお客様)がどうなるか、なのです。

 


ルートセッターとデザイナー

こんにちは。

デザイナーのヒラヤマです。

 

皆様、ボルダリングはご存知でしょうか?

壁を登るアレです。

 

ボルダリングというスポーツには

壁をどんな風にするか、

壁についているボールド(カラフルな突起の部分)を

どう配置するかを決める「ルートセッター」という仕事があります。

 

私も詳しい訳ではありませんが。

ただ、そのルートセッターさんがどのように配置するかで

難易度は大きく変わります。

 

ただ、登れるようにとか

格好良く配置すれば良いというものではありません。

 

さらに言うなら

こう配置したら登る人はこうなるなぁ・・・とか

見ている人からすると、こんな見え方するなぁ・・・とか

そういった事を考えて設置位置を決めなければなりません。

 

普通にボルダリングを見ているだけだと気づきませんね。

 

ようは、設置位置を決める事が目的というよりも

その先にあるもの、その先に起きる事を作り出すことが

仕事なのだと思います。(詳しくないので個人的解釈ですが)

 

 

なぜこのような話を書いたかと言いますと

デザインも似たような仕事だからです。

 

一般的な知名度でいえばありますが

何をやっているかと「デザインを作る」事だと思われています。

もちろん間違いではありません。

デザイナーも、ものを作ったその先を作る事が仕事です。

というか、大抵の仕事は目に見えている部分の先を作る仕事だと思いますが。

 

長くなりそうなので

デザイナーが作っている「その先」については次回書きます。

 


ミュシャ展に行ったよって話

 

先日、といってもだいぶ前ですが

ミュシャ展に行ってきました。

ミュシャって誰?って方。

見たら絶対「あ~!」ってなります。

 

 

ざっくり写真をいじって作るとこんな感じ。

というか見せられる範囲で見せた方がいいですね。

 

 

ミュシャは、この左側の絵の作者様です。

詳しく画像検索したら、たくさん出てきます。

 

さて、ミュシャの絵が大変美しい

ということは今更言われなくてもいい様な話。

 

私が今回言いたいのは、

ミュシャはデザイナーですよ、って話。

 

正しくはデザイナーもやっていたかな。

ウダウダ語っても仕方がないので

ざっくりサクセスストーリーを紹介すると

 

デザイナーとして働く

時の大女優の舞台ポスターの依頼が会社に舞い込む

会社でミュシャしか手が空いていないのでミュシャがデザイン

時の大女優が大絶賛

当時のパリも大絶賛

一躍時の人

 

みたいな感じ。

それからも色々あるんですが

デザイナーとして一気に人気が出る訳です。

 

で、ミュシャのデザインにはミュシャらしさが多くあり

そのひとつがミュシャフォント。

 

 

この画像は似せて作られたフリーフォントですが

こういったパーツにも「らしさ」があり

どこか有機的。美しい。

 

だらだらなるとアレなので

気になったら一度検索してみてください。


5年前のご要望に応えて

現在、弊社には既製品の取り扱いはありません。

オリジナルのぼり旗のみの取り扱いです。

 

5年程前は取り扱っていない事もない程度には

取扱いがありました。

 

その頃(約5年前)に1件のお問合せが。

 

 

 

「激辛ペペロンチーノ¥580って既製品ない!?」と。

 

 

 

無いです。

そんなピンポイントな既製品ありません。

「激辛ペペロンチーノ」だけでもニッチなのに

「¥580」までつくと完全にありません。

ということでその時はお断りしたのですが・・・

 

 

なんと!今回!

デザイン起こしました!

 

激辛ペペロンチーノ¥580

5年前のご要望にお応えして。

 

「あ~¥720のが欲しかったなぁ」

「あ~¥980のが欲しかったなぁ」

 

 

 

 

というアナタ。

 

 

 

 

ご用意しました。

 

 

 

3種類の価格に対応できます。

 

「いやいや・・・激辛じゃなくてさ」

 

 

というアナタ。

 

「あ~旨辛のが欲しかったなぁ」

「あ~甘辛のが欲しかったなぁ」

 

 

 

というアナタ。

 

 

 

なんと今回

 

ご用意しました。

 

と、今回いろいろ作ってみましたが

結果的にオリジナルのぼり旗ですね。

既製品というのは一般的な言葉で、

且つ限定性が低く、当たり障りのないものしかありません。

 

年に1枚も売れないものは作りませんしね。

そういった意味でオリジナルは良いですよ。

「激辛ペペロンチーノ¥580」も作れますからね。


のぼり旗の色を決めよう

 

【環境を考えて選ぶ色選び】

 

本サイトでは様々な商品をご紹介してきました。

しかし、大切な事は何を使うかよりどう使うかです。

ということで基本中の基本のぼり旗の色選びについてご説明します。

 

 

のぼり旗は目立たせる為に赤色を使う事が多いです。

もちろん赤色は目立ちやすいから不正解ではありません。

 

例えばこう

 

 

赤の方が目立っていますね。

 

赤ばかりが目立つ訳ではありません。

 

 

次はこんな場所ではどうでしょう。

 

 

黄色の方が目立っていますね。

勘の良い方は何が言いたいか分かってきていると思いますが、

今しばらくお付き合いください。

 

次はこう。

 

 

あれ?

赤より緑色の方が目立っていませんか?

そうです。必ずしも赤が目立つわけではないのです。

周りの環境に左右されます。

 

正確に言えば周りの色に。

 

そもそも目立つというのは、環境に対して異質だから。

不自然な状況があるからなのです。

今まで例に出してきたのぼり旗が目立つ理由は次の画像にあります。

 

 

これは色相環と言われるもので

色相を環状に配置したもので、色を体系化する時に用いる方法の一つです。

 

赤と緑  青と黄色

 

輪っかのほぼ反対側にありますね。

これが目立つ理由の一つと言えます。

 

赤とオレンジ や 青と水色

 

では、心地よい色合いになっても目立つことはありません。

 

目立たせる時はのぼり旗を設置する周りに

どんな色が多いかをよく見て考えてから

のぼり旗の色を決めましょう。

 

ちなみに・・・

 

このように風情のある空間では

あえて目立たせない色選びも大切になります。

 

 

のぼり旗の設置を考えたら、まずは周りを見てみましょう。

 

 

 


わからないから意味がある広告

 

【わからないは楽しい】

 

今回はあるバーの看板のご紹介。

 

 

両面看板で左側はフードをメインに。

右側はドリンクをメインに。

アピールする事を変えています。

 

そしてこの看板の重要なポイントは

右側の看板の右側の赤い模様。

 

一見、これ何?って感じで

しかも看板の大きな面積を使ってしまっています。

 

 

これ、ワイングラスのシルエットなんですが

わからなくて良いんです。

 

何故かって?

 

バーだからです。

 

カウンターで「あの模様なに?」

って会話が1つでも生まれれば

この赤いスペースの価値があります。

 

また、看板を見た人が

「なんだろう?」と気になってくれれば

普通の看板よりも記憶に残ります。

わからない・伝わらないことが

価値になることもあるんです。

 

 

 


カッコいいものは格好良く

 

【派手・目立つより大事な事】

 

今回は足場屋さんの採用ブース装飾の

デザインご紹介。

 

 

お客様のご要望もあり建設業を格好良く見せたい

という意図で作りました。

 

目立つデザインではありません。

写真だってモノクロで作っています。

でもそれで良いんです。

 

 

「建設業ってかっこいいな」

「こんな風になりたいな」

そう思ってもらえれば。

この会社様の誇りもあるから

これで成立するんです。

 

目立つことより格好良く。

それが大切なこともあります。

そんなデザインでした。