ブランディングって言葉、度々耳にしますよね。

「ブランドって、アレでしょう?高級なバッグとか…」

とお思いの方も多いのではないでしょうか。

 

正解ではありませんが、あながち間違えとも言えません。

ブランドというのは端的に言えば

「お客様(世間)からのイメージ」です。

もっと言えば『良い』イメージです。

 

だからブランド品と言う言葉を聞くと

「良いものに違いない」と思うのです。

 

 

さて、話を戻します。

では、高級品だけがブランドを持つのでしょうか?

 

答えはNoです。

先ほど書いたように「お客様(世間)からの良いイメージ」なので

高い必要はありません。

 

あの大手ハンバーガーチェーンだってブランドです。

あの赤い缶を見ると思い出す飲料メーカーだってブランドです。

 

ブランドとは何か、

「お客様(世間)からのイメージ」です。

 

ブランディングを行うと何が良いのでしょう?

良いイメージを持つ≒好きになる

ということであり、信頼感・安心感が上がるだけではありません。

 

好きだから、もっと知りたい

もっと広めたいと思ってもらえるのです。

 

ただ、ブランディングには膨大な時間と労力を

費やすことになり、反応が見えるまでも時間がかかります。

 

早い段階で取りかかり長い目で見る事をお勧めします。

 

 

次回はブランドディングの際に頭に浮かぶであろう

デザインとブランディングについてお話しします。

ヒラヤマシンゴ
デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます