どうも。デザイン部のヒラヤマです。

 

広告のデザインをやっていて

 

よく聞く言葉が「太く大きく」です。

 

なんでも太く大きくすれば良いってものでは

 

無いのですが、

 

少しでも見えるようにという

 

気持ちはわかります。

 

 

そんな気持ちを体現してるなぁ

 

と思ったのがコレ。

く聞く言葉が「太く大きく」です。

 

なんでも太く大きくすれば良いってものでは

 

無いのですが、

 

少しでも見えるようにという

 

気持ちはわかります。

 

 

そんな気持ちを体現してるなぁ

 

と思ったのがコレ。

 

 

「—ラメン」

 

もちろん本当は

 

「ラーメン」と読みます。

 

空間を少しでも有効利用してやる!

 

文字を大きくしてやる!

 

の気持ちが感じられますね。

 

 

…あれ?

 

これ縦一列で入るんじゃない?

 

ってなわけでやってみた。

 

 

キレイに入りました。

 

 

ということは

 

あえてこうしたのかな?

 

目をひく為に。

 

何にしても

 

目をひくのは素晴らしい事です。

 

 

 

ヒラヤマシンゴ

デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます