「なにか」と「なにか」を比べる。

 

もしくは対照的な二つを紹介する。

 

そんな場合のお話です。

 

まずは画像をご覧ください。

 

 

 

伝統と革新。

 

これはある酒蔵様からのご依頼で

 

理念を表現した物です。

 

 

もともとご依頼を頂いた段階では

 

写真を羅列するだけのご依頼でしたが

 

もっと魅力的に表現する為に白と黒に分け

 

文字も入れました。

 

 

何故、それぞれが黒と白なのかは画像内にある通りです。

 

 

また、このような表現を行う際は

 

見た目上も対象に作ることが大切です。(もしくは全く同じレイアウト)

 

そうすることで、見る側にとって分かりやすく

 

伝わるものになります。

 

 

また対比で表現することは

 

双方の魅力を比較しながら情報が伝わるので

 

とても有効な表現だと言えます。

 

 

無理に使うものではないですが

 

機会があれば、ぜひ。

ヒラヤマシンゴ

デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます