どういうこと?って感じのタイトルですね、

そう思って頂けたのなら狙い通り!って感じです。

 

さて本題に入りましょう。

 

お酒を飲むなら美味しいお酒が良いですね。

飲み慣れたお酒ってのも、また粋なもんです。

 

じゃあ不味いお酒はダメか?

不味いというのは一種の魅了です。

 

 

何故かって?

不味かった!という話題に上がるからです。

「めっちゃ不味かったから飲んでみ?」って具合です。

「このお酒、普通だから飲んでみ?」とはならないですよね。

 

そういった「意味で不味い酒は良い肴になる」と書いた訳です。

 

デザイン関係なくない?

とお思いですか?

関係大ありです。

 

デザインを作るなら(広告を打つなら)

良い肴になるべきだって事です。

 

つまりは会話の糸口に使えるようなものが良いって話です。

他と何の代わり映えのしないものより

何かしら尖った部分があった方が魅力的で

記憶に残ります。

 

鍋コース¥3500(飲み放題付き)

よりも

鍋コース¥3500(店長の苦労話付き)

の方が良い

 

って話です。

あぁ、実際に上記の様なメニューはオススメできませんが

この二つが並んだら

鍋コース¥3500(店長の苦労話付き)って店があったんだよ

って誰かに話したくなりますよね。

 

数日後・数週間後・数ヶ月後

そういえば、あの店…と思い出す事でしょう。

 

魅力というのは様々です。

普通と言う事は一番魅力から遠いとも言えるでしょう。

 

不味い酒は良い肴になります。

 

ヒラヤマシンゴ
デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます