文字をロゴっぽくすると

「らしく」なりますよ、というお話。

 

デザインをする上で入れる情報が少なすぎると

何もできなくなり味気ないものになりがちです。

 

そんなときはメインの情報をロゴっぽくすると

少しは「らしく」なります。

こんな風に。

 

 

元々はロゴの様なデザインは用意されていなかったのですが、

この時はロゴのように作らせて頂きました。

 

 

 

特に企画としての名前がある場合は

ロゴのようにデザインすることがより効果的です。

 

だから、ちゃんとロゴを作った方が良いんです!

 

ヒラヤマシンゴ

デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます