カンナです~

今回は幕の基本仕様について、

「ハトメ」のお話です。

 

横断幕・懸垂幕の設置する時、ほとんどの場合がロープで固定します。

そのロープを通すための輪っかのことを「ハトメ」と呼びます。

 

これが実物写真

 

裏から見るとこんな感じ

 

見たことある方は多いのではないでしょうか?

でも名前まではご存知なかったのでは?

名前を知らなくても「ロープを通す穴、金具」で通じますもんね!

 

サイズは内径:約12ミリ、外形:約23ミリ

基本的には30センチ間隔で取り付けることが多いですが、

取付位置を変更することも可能です。

50センチ間隔にしたり、ご指定の位置に取り付けることもありますよ!

 

また、ハトメに通したロープに引っぱられて

ハトメが飛んでしまわないように、

「ロープ縫込み」という仕立てが基本です。

 

 

生地を折り返してその中にロープを挟み、縫いつけます。

ハトメが外側に引っ張られても、ロープが支えになって外れることを

防いでいます!

 

 

カンナ

三代目看板娘 山下カンナ

平成5年10月、祖父母にとって、念願の女の子が生まれました。2人の弟を持つお姉ちゃんです。神無月に生まれたことから、「かんな」と名付けられました。9歳から習字を習い、高校では書道部入部、と約9年間筆を握りました。