チラシ作り、面倒だなって思った事

 

ありませんか?

 

プロに頼むほどのチラシでもない場合

 

自分で作るとなると面倒ですよね。

 

 

だったら、いっそ定型化してしまいませんか?

 

今まで毎回考えて作っていた時間が

 

一気に削減できますよ。

 

例えばこんな感じに

 

 

ABCDEと枠を作って入れる事を決めておく。

 

Aにはもちろんメインの情報ですよね。

 

 

ただ、気をつけなくてはいけないのは

 

「スプリングキャンペーン!」

 

見たいな事を大きく書いてはダメってこと。

 

 

キャンペーンだから何?

 

の「何」を書きます。

 

チラシを見た人がどんなメリットを得るかです。

 

この部分はスペースできに1/4〜1/3使って

 

大々的に書きましょう。

 

 

そしてBにはチラシを見た人が

 

行動を起こす理由づけを。

 

チラシでよくある

 

「アナタは下記に当てはまりませんか?」

  • ●●●●●で困っている。
  • 実は●●●●●●●だ。
  • ●●●●●ならいいなぁと思っている。

 

みたいなヤツです。

 

そしてCには特典のようなものを入れる。

 

正直ここは自由蘭で良いのですが

 

特典なんかがあると

 

行動する気持ちが高まり

 

「やらなきゃ!」と言う気持ちになりやすくなります。

 

 

そしてD蘭には詳細情報を

 

行動への「不安」の解消の為の

 

スペースだと思ってください。

 

チラシを見た方が気になるであろう事を

 

つらつらと書いてください。

 

 

E欄はお問合わせ先や住所など。

 

ここは説明しなくて大丈夫ですね。

 

 

 

さ、こんな風に一度ルールを決めてしまえば

 

情報がきまれば

 

レイアウトも終わっていますし

 

入れるべき情報が何かも大枠決まっています。

 

あとは作業的に流し込めば完成です。

 

 

広告を作るのは難しいし大変です。

 

しかし、それに多くの時間ばかり割く訳にはいきませんね。

 

だったらいっそ定型化してみましょう。

 

 

 

ヒラヤマシンゴ
デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます