【わからないは楽しい】

 

今回はあるバーの看板のご紹介。

 

 

両面看板で左側はフードをメインに。

右側はドリンクをメインに。

アピールする事を変えています。

 

そしてこの看板の重要なポイントは

右側の看板の右側の赤い模様。

 

一見、これ何?って感じで

しかも看板の大きな面積を使ってしまっています。

 

 

これ、ワイングラスのシルエットなんですが

わからなくて良いんです。

 

何故かって?

 

バーだからです。

 

カウンターで「あの模様なに?」

って会話が1つでも生まれれば

この赤いスペースの価値があります。

 

また、看板を見た人が

「なんだろう?」と気になってくれれば

普通の看板よりも記憶に残ります。

わからない・伝わらないことが

価値になることもあるんです。

 

 

 

ヒラヤマシンゴ

デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます