話があっちコッチに飛んで

結局何が良いたいの?

 

ってい人いますね。

 

アナタの作った広告

そうなっていませんか。

 

前の記事で何屋さんかを明確にしなさい

って事を言いましたね。

 

広告は何を伝えたいかを明確にしましょう。

 

 

この広告は「すごいスペックのAがあって しかも激安のBもあって、あのCも係ってて、DはDで素晴らしくて、そう言えばFも良いんだよね」

って、書かれても

「で、なに?」ってなりますね。

 

この広告は「Aという素晴らしい商品如何ですか?」

と書けば、凄く分かり易く伝わります。

 

 

極端な表現ですが

凄く大切な事なので覚えておいてください。

 

 

 

 

ヒラヤマシンゴ
デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます