デザインをするうえで

 

「このまんま、文字だけ変えて」

 

と、何処からか拾ってきた画像を見せられる場合があります。

 

 

ダメです。

 

それは出来ません。

 

 

じゃあどぅすればいいの?

 

そのデザインの何か良いのかを考えましょう。

 

その要素を借りるのです。

 

 

表現が難しいですが

 

Aというデザインを

 

Aで出したらダメですが

 

 

Aを飲み込んで

 

Bで出せば良いという感じです。

 

 

良いデザインには良い理由があります

 

その良い理由を解読して学んで使うのです。

 

 

だから広告に悩んだら

 

沢山の広告を見ましょう。

 

きっとヒントがあるはずです。

ヒラヤマシンゴ
デザイナー ヒラヤマシンゴ

高校時代には美術部に所属し油絵を描いていました。コンポジションと言う画風があり、学生は滅多に手をつけない画風だったためか、賞を何点かいただく。デザインの専門学校、映像制作会社を経てエンドラインに入社。エンドラインの歴史の大半とともにいます